Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

Google、Yahoo、リクルート、楽天の出身者が占める“人材力”が強み

はじめまして、株式会社FORCEで代表をしています川口と申します。



デジタル広告代理業、学生の人材紹介業およびベンダー(業務委託)事業を手掛けている、株式会社FORCE。

デジタル広告代理業においては、“サービス運営方針”と“人材力”に特長がある。まず、サービス運営方針について、「1社のクライアントに、他社の10倍は時間をかけています。その分、生産性は落ちますが、リピート率はほぼ100%です」

この業界では、1人の営業担当者は50~100社のクライアントを持ち、クライアントの窓口として交渉業務だけを担い、運用は別の担当者と役割分担することが一般的。そこを同社では、1人上限10社と決め、窓口業務から運用まで一貫して取り組んでいる。

「分担制だと、営業と運用の間の意思疎通がうまくいかず伝言ゲームになったり、運用の知見を営業に活かすといったことが難しくなります。そこで、1人が営業から運用まですべて担当する形にしています」

特に時間をかけるのは、運用だ。例えば、クライアントが想定しているターゲットを疑うことから始める。「当社なりにマーケットやニーズの調査も行い、ロジカルシンキング手法の『MECE』を活用して想定外のターゲットがいないかヌケ・モレを確認してから、ランディングページなどを含めて企画・提案しています。ですから、スタートするまでに時間がかかるのです。

他社では、クライアントが決めたスタートするタイミングに合わせ、適当なキーワードを当て込むというパターンが多いように思いますが、そこに大きな違いがあります」



次に、人材力。

同社の社員は、Google、Yahoo、リクルート、楽天といったリスティング広告、Webサービスやメディア企業の出身者で占められており、それぞれのネットワークから常に最新の情報が収集できる状況にある。 「それだけでなく、みんな直接は関係ない女性誌などをよく見ています。そこからマーケットの情勢や企画のヒントをつかんでいますね」

学生の人材紹介業は、なにかと格差のある東京以外の地方在住の学生の就職を支援するサービスだ。まず、同社でインターンを経験させ、その実績をもとに“市場価値”を高めてから新卒を採用したい企業に紹介するというものだ。2017年度から本格的にスタートさせるが、すでに10名ほどの学生がインターンを経験している。 「ドラゴンボールの『スーパーサイヤ人』を増やしていくイメージです(笑)。学生にとっては入りたい企業に就職でき、企業は優秀な新卒が採用でき、当社は収益と紹介人材のネットワークが得られ、まさに“三方よし”の事業であると自負しています」

株式会社FORCE's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings