1
/
5

【社員インタビュー】ハイスキルエンジニアの心を動かした meviyの社会的意義とは?

おはようございます。採用担当の谷川です!
今回は、入社からちょうど1年。これまでにない時間の速さを感じているという遠山さんにインタビューしました。

ー汎用機オペレーターから転身、広告配信のシステム開発者に

出身は静岡です。最初に就いた仕事は、汎用機のオペレーターでした。部屋の天井まであるような巨大な機械で、データ管理や帳票出力などをマニュアル通りに進めるような仕事をやっていくうちに「このまま続けるのはまずいな」と感じるようになりました。

29歳でITベンチャーへ転職し、広告配信システムを扱う会社に入社しました。広告配信は勢いのある分野で技術的にも優れた先輩が多い中、勉強しながらAWSをはじめフロントやサーバー側問わず開発に関わり、5年ほど在籍しました。

ーエンジニアスキルを通じて社会課題解決に貢献したい! meviyの可能性にひかれミスミへ

広告配信の会社でスキルアップをしてリーダー的なポジションにつくと、技術だけではなく事業的な面に関わることも増えてきました。それに伴って、技術の追求というより、技術での貢献についても考えるようになりました。

長い目で見て、社会的な意義を感じられた方が自分のモチベーションのためにもいいと考えて、転職活動を始めました。「技術的なことだけ楽しくやっていられれば」という雰囲気から脱してもっと「大人」になり、業務のことや社会のことなどいろいろなことを勉強していかないと、と考えていましたね。

業務領域は違っても、技術的な内容は中立なのでどこでも応用できます。そこで、思い切ってこれまでとは異なる業種に挑戦してみることにしました。物流の最適化を図る運輸業界や、リモート授業を始めるベンチャー系学習塾、介護業界の大手などにも足を運びました。

そんな中、ミスミのカジュアル面談で「meviyが日本の製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する」という話を聞き、強く興味を持ちました。製造業において時間の無駄がとても多いこと、meviyがその問題を解決できることに魅力を感じ、それをやり抜く体力もある会社だと考えました。


ーフルリモートでの出発 キャッチアップして充実した一年間

入社からこれまで、meviyのシステム開発を担う組織のSRE(Site Reliability Engineering)チームで、システムの可用性を維持すべく、リーダーとしてがんばってきました。コロナの影響で最初からフルリモート勤務だったので、はじめのうちはキャッチアップに苦労しました。

上司には「自分が関わる所だけではなく、その他のセクションのことも含めたビジネスの“全体感”を説明してほしい」と、繰り返しお願いしたことを覚えています。「ソースコードのこの部分とこの部分はどういう役割で何の意味があるのか」とか、用語の意味なども一つひとつ教えてもらいました。ミスミはアルファベットの略語がやたらと多いので(笑)。

いまでは、先に着手していた優秀なチームメンバーと順調に業務を進められており、日々充実しています。プロダクト課題に対する合意形成が早くてすぐにアクションを起こせますし、技術的な意思決定はすごくスピード感があると思います。前職もベンチャーだったのでそれなりに自由で早かったのですが、今の部門はそれ以上に、信じて任せてもらえる組織だと感じています。

ーグローバル展開ど真ん中でシステム面をフォロー

入社した時期はmeviyのグローバル展開に向けた大型リリース真っただ中で、はじめから欧州、中国への展開をみすえた開発に携わりました。

グローバルでは24時間365日システムを止めるわけにはいかないので、時差を考慮して、日本が夜中の場合の対応を考える必要があります。
また、物理的な距離もあるので、サーバーが日本にありユーザーは中国にいるという場合に、パフォーマンスが問題になることも考えなくてはなりません。さらに、国や地域によってセキュリティのルールや法律も違いますから、その対策も必要です。

前職ではグローバル展開はなかったので新しい体験でしたが、広告配信での知識も生かしながら取り組んできました。

ーセキュリティ課題の解決で大口受注を獲得

セキュリティはお客様の関心事であり、特に大手企業のお客様は非常に心配されています。
meviyはかなり「突っ走ってきた」システムなので、入社時にはまだ整っていない部分もありました。そこで半年間は、FirewallやWAF(Web Application Firewall)の設定をチューニングし、さらにはシステムの改ざん検知の整備に取り組み、meviyのセキュリティに関するどんな質問にも答えられるように対策を講じました。

その結果、お客様の不安を解消することができ、大口受注につながったときは嬉しかったですね。

ーmeviyの進化を見据えた今後のチャレンジ

meviyは常に発展し続けているので、正直に言うと技術負債もあり、まずはそこを返済していきたいです。加えて、meviyのサービスにはまだ大きな変革が起きそうな部分があるので、チャンスがあれば、ぜひそこに関わってみたいな、と。作り直しに近いような開発もあるんじゃないかと思いますので。

また、既存の組織やシステムをさらに分割し、チームごとの自立性をさらに高めることによってオーバーヘッドを減らせるのでは、と思っています。システムのアーキテクチャーと組織の相性まで考えて設計するという、ハイレベルな場面にも関わっていけたらいいですね。もちろん簡単なことではありません。

分割するためにはまず全体が見えていないといけないので、より一層キャッチアップし、より多くの人とコミュニケーションをとるなど、新たな挑戦も必要になっていくと思います。


ー面白みがありクールな組織の風土

meviyの組織には「Bad News First(失敗を隠さず、共有し、前向きに解決を目指そう)」という風土があります。
それぞれが高い能力と情熱をもっていながらも、全体としてクールな文化があると感じます。個々人への信頼が大きく合意形成も早いので、自ら全体的に事業を進めてみたいという人にとっては、非常に面白みがある職場ではないでしょうか。

やってみたいことを要望したら、挑戦できる可能性がこの会社の素地としてあります。他部署の仕事に手を上げるような会社全体の人事制度もありますし、開発組織の中だけでも、チームに属しながらいろいろな分野の技術領域に携れるのも魅力の一つだと思います。

ー世の中を変えたい技術者のみなさんへ

meviyは時間創出で世の中を変えるプロダクトです。ユーザーは、生み出された時間によって仕事の本質に集中することができます。社会課題を解決する仕事がしたいという方なら、大いにやりがいを感じられると思います。

いま現在は人も時間も足りなくて手が回ってない部分がありますが、meviyをより少ない運用で、より人の手がかからないシステムに変えていくことも可能だと考えています。ソフトウェアの技術を使って世の中にインパクトを与える仕事をしてみたい方にできることはたくさんあるので、一度話を聞きに来ていただければと思います。

ーあなたにとってのmeviyとは?

めちゃくちゃ手のかかる子。それを大人にする過程を楽しんでいる、という面もありますね。


+++++++++++
meviyとは
製造業における「労働生産性改革」を実現 meviyは製造業の調達領域に対して革新的な進化をもたらします。従来型の紙の図面を中心としたアナログな調達のプロセスを変革し、設計データをアップロードするだけで、AIが価格と納期を即時見積もり、受注生産でも最短即日で出荷を実現するオンデマンド製造サービスです。従来型のアナログな調達のプロセスと比較して9割以上の時間削減をもたらし、ものづくりのスピードを劇的に変えることが可能となります。

株式会社ミスミ 's job postings
22 Likes
22 Likes

DX

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社ミスミ 
If this story triggered your interest, have a chat with the team?