1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

Mikatusの入社初日ってどんな一日?

こんにちは!Mikatus(ミカタス)人事・採用チームの小林です。

皆さんはオンボーディングという言葉を聞いたことがありますか?人事用語としては企業が新たに採用した人材を組織の一員として定着させるまでの一連の受け入れプロセスのことを言います。

今回は当社のオンボーディングの取り組みの中から、入社初日の過ごし方に焦点を当ててご紹介いたします。

なぜ入社初日を大事にしているのか?

大変ありがたいことに毎月のように新しいメンバーが入社してくれています。ただ、入社初日、初めての出社となると誰でも不安や緊張を感じてしまいますよね。

しかしせっかくMikatusの仲間になったのですから、少しでも早く会社やメンバーと打ち解けてもらいたい。困りごとはなるべく無くして、スムーズに業務へ入ってもらいたい。そんな想いから、入社初日の受け入れは特に力を入れて、「やっぱりMikatusを選んで良かった!」と思ってもらえることを目指しています。

入社初日の流れ

今回は8月に営業グループへ入社したメンバーの入社初日を例として、ご紹介いたします。

8:50 全メンバーへ向けて、新メンバーからご挨拶

初日の最初の仕事は自己紹介です。コロナウイルスの感染拡大により会社全体で在宅ワーク推奨中の現在は、写真のようにオンラインでメンバーと顔合わせをしています。自己紹介の後はメンバーからの質問タイム。趣味や休日の過ごし方などカジュアルな質問が多く、写真では伝わりづらいかもしれませんが、オフィスで一堂に会す時と同じくらいアットホームな雰囲気で歓迎します。


9:00 ファーストデーオリエンテーションの実施

入社挨拶を終えて所属グループの朝礼に参加した後は、ファーストデーオリエンテーションを実施。そこであらためてご入社への感謝の気持ちやこれからMikatusで働くにあたって知っておいてほしいことをお伝えしています。


オリエンテーションは、Mikatusを知る、業務ツールの使い方を学ぶ、備品や会議室の場所を覚える、という構成で約2時間たっぷり実施しています。

概要は以下の通りです。

  • 会社概要・歴史について

 全社が一丸となって同じ方向に向かっていることを感じてもらえるように、会社概要や組織構成、ミッション・ビジョン・価値観について簡単に説明しています。

  • 各制度や社内の決まりについて

知らなくて困った!が起こらないよう、就労制度や休暇制度といった各制度から、勤怠の具体的な申請方法なども伝えています。また、情報の取扱いや最終退出時の確認事項といった決まりなども一通り説明します。

  • 社内の取り組みについて

チームワークを大事にしているMikatusのカルチャーを感じてもらえるよう、経営陣とグループリーダーによる入社研修やMikatusならではのイベントなど、取り組みの一部を紹介します。

  • 業務ツールについて

当社で利用している業務ツールに初めて触れるメンバーも多いので、一緒にモニターを見ながら設定や操作方法を学んでもらいます。本格的に業務に入る前の第一歩として、業務環境を整えるためのサポートをしています。

  • 社内ツアー

オフィス全体を回りながら、会議室や備品の場所、各設備の利用方法を案内します。写真は、コーヒーマシンの利用方法をお伝えしている様子です。


社内ツアーの最後にはウェルカムボードの前で記念撮影!配属されるグループのメンバーを筆頭にウェルカムコメントや絵を書き、入社前日までにウェルカムボードを準備しています。ご自身の名前が書かれているボードを見ると笑顔になってくれる新メンバーは多く、記念に、と写真に収めるメンバーも。


11:00 さっそく研修開始!

オリエンテーションが終わり一息ついた後は、配属されたグループでさっそく研修が始まります。午前中はグループメンバーとの顔合わせや、業務資料を確認するなど、徐々に実業務の雰囲気を掴んでもらいます。

12:00 所属グループのメンバーとランチで交流!

お楽しみのランチタイム♪ グループリーダーやメンバーと一緒に会社周辺のご飯屋さんへ行きます。カジュアルな雰囲気で、交流を深めるチャンスです!


13:00 教育担当とのMTG

ランチを食べて楽しい時間を過ごした後は、いよいよ本格的に業務の理解に入ります。具体的な業務内容のレクチャーを受けつつ、「入社〇カ月後には独り立ちする」など近い目標を設定します。そして目標に対しての歩みをお互いで共有するなどし、関係を構築します。

なお、開発エンジニアの場合は業務の流れやチームミッションを伝えた後、指定の教材を元に業務で使う技術スタックの学習を進めてもらうことが多いようです。


17:00 営業MTGへの参加

初日からグループ全体のMTGにも参加します!実際のグループの業務を肌で感じてもらいMikatusの一員になったことをさらに実感してもらいます。

18:00 日報を提出し、帰宅

入社2ヶ月までは、日々の業務内容や気づきを日報にして、チャットで全社共有してもらいます。同グループはもちろんのこと、他グループのメンバーからもコメントがきたりと、歓迎ムードはまだまだ終わりません!

初日を終えた新メンバーからの言葉

・ランチMTGでチームの皆様とカジュアルにお話しできました。みなさまの誠実で謙虚なお人柄が伝わり、安心したとともに、「このチームに貢献したい!」という想いが強くなりました。

・オリエンテーションで諸々のご説明がとても丁寧で分かりやすく、感激しました!初出社なので正直緊張していましたが、皆様の応対で緊張がほぐれ、「頑張ろう」という気持ちになりました。

・ランチ会や全体ミーティングでは皆さん明るく場を盛り上げてくださり、私のことを前向きに受け入れてくれているのだと感じ「この方々とこれから一緒に働けるんだ!」とこちらも前向きな気持ちでいっぱいになりました。

ありがたいことに、頂いたコメントからも前向きな気持ちで初日を終えられたことが伺えますね。早速Mikatusの一員として歩み出していただきとても嬉しいです!

まとめ

今回はMikatus流オンボーディングの一例として新メンバーの入社初日についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?引き続き新しいメンバーが入社する時には、会社全体でサポートしていきたいと思います。

今回ご紹介した以外にもMikatusのカルチャーを知ってもらえるような施策がありますので、またの機会にご紹介しますね。Mikatus株式会社にご興味をもって頂いた方は、是非気軽にお話しましょう!ご連絡をお待ちしております。

Mikatus株式会社's job postings
32 Likes
32 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more