Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

Happy Valentine's Day!!MiddleFieldで働く2人の女子会に潜入!!

こんにちは!広報の松田です。

今日はバレンタインデー。

という訳でMiddleFieldでは、日ごろの感謝を込めて女性陣から男性陣にプチケーキをプレゼントしました!


現在MFには、アルバイトを含めて約30人の社員が働いています。

そんな中で、女性社員はたった2人しかいません。

という訳で、今回は圧倒的少数派なMiddleFieldの女子社員に注目!

「クルマ好き」ではない2人が、どうしてMiddleFieldに入ったのか?そして、男性ばかりの職場で働く苦労とは?

2人の女子トークを皆さんにお届けしたいと思います!

プロフィール


(左)黒田 ゆい

2017年12月1日入社。HRチーム所属。

MiddleFieldの人事から社内制度の整備やイベント実行、経理までを1人でこなす、MiddleField女子社員第1号。

根っからの動物好きで、最近の癒しは自宅の犬&猫と戯れること。

(右)松田 昇子

2019年4月1日入社。広報チーム所属。

CSチームとして入社後、9月より広報チームの立ち上げに携わる。

最近の癒しはYouTubeでハロプロのアイドルの動画を観ること。

クルマ好きではない女子2人が、クルマの会社を選んだ理由


松田:黒田さんはMFに入る前は、ペットショップの運営会社で働いていたんですよね?

黒田:うん。大学は美術を専攻して、設計・空間デザインを学んでいたんだけど、就職活動中に愛犬が亡くなって。

年老いていく愛犬に対して、暮らしやすい環境を作ってあげることができなかったんだよね。

そのことをすごく後悔して、世の中の犬や猫を飼っている人には私みたいに後悔してほしくないと思って、ペット業界を志望するようになったんだ。

それと、犬や猫と一緒に暮らすことの楽しさを伝えたかった。

松田:そうだったんですね。HRの仕事は前の会社でもやっていたんですか?

黒田:人事の仕事は途中からやり始めたの。

入社した時の仕事は、動物との楽しみ方を伝えるフリーペーパーの製作で、「自分に合ってるな」と思って楽しくやってたんだけど、廃刊になっちゃって。

残念だったけど、それと同時に新卒採用の事務に関わることになったんだ。これが私がHRの世界に入るきっかけだったんだよね。

松田:そこからどうして転職を決意したんですか?

黒田:人事の仕事がすごく楽しくて、本格的にやりたいと思ったんだけど、前の会社は人事部がなくて。

会社が買収されたりして社内の雰囲気が変わったこともあって、転職を決めたって感じかな。

松田:転職活動で色んな会社を受けたと思いますが、中でもMFに決めたのはどうしてだったんですか?

黒田:私は1次面接が片岡さん(※COO)だったんだけど、取っつきづらそうな人なのにすごく楽しそうに会社の話をしてて、それが一番の決め手かも。

私、自分の会社の話を楽しそうにしてる人が好きなんだよね。

自分もそうなりたいって思えるから。

松田:クルマの会社、というところに抵抗はなかったですか?

黒田:全然抵抗はなかった。むしろ面白そうだと思ったかも。

片岡さんが語ってたビジョンに共感して、私も一緒にその世界を作りたいって。

逆にしょこちゃんはどうだった?クルマっていうところに抵抗はなかったの?

松田:私は、母が自動車の整備工場で事務をしているので、クルマ関係の仕事、という点では全然抵抗はなかったです。

ただ、最初に採用されたのは「モタガレ」のCS職だったので、「クルマのこと全然分からないけど大丈夫かな?」っていう心配はありました(笑)

黒田:それは面接の時にも言ってたよね(笑)私が1次面接をしたから改めてになるけど、どうしてMFに入ったの?

松田:面接が楽しかったからです(笑)

私は1次面接が黒田さんとヤマトさん(※CSチームの現リーダー)、2次が片岡さんだったんですけど、すごく話が弾んで。

自分で言うのも変なんですけど、カルチャーマッチしてるなと思ったと言うか、この会社なら楽しく働けそうだな、と思ってMFに決めました。

黒田:面接が決め手だったのは一緒だね。しょこちゃんは、MFが3社目なんだよね?

松田:そうですね。まだ社会人3年目なのに3社目です(笑)

新卒で入ったのは銀行だったんですけど、いきなり宮崎県の支店に配属されて心が折れちゃって、半年で辞めました。

そこから、とりあえず営業ができればどこの会社でもやっていけるだろう、と思ったので、1年くらい広告営業をやっていました。。

ただ、営業の仕事は大変だったし、企業相手だけじゃなく、もっとカスタマーに近いところで仕事がしたいなというのがあって。

それを転職エージェントの方に相談したら、カスタマーサポートの仕事を勧めていただいて、出会ったのがMiddleFieldですね。

黒田:しょこちゃんが入ってくるまで女子1人だったから、入ってきてくれて本当に嬉しかった(笑)

松田:そう言っていただけて嬉しいです(笑)

私も事前にMiddleFieldのブログやHPを見て「男の人ばっかりだなあ…」と思っていたので、1次面接のときに人事の方が女性だと知って安心しました。

男性が多い職場で働くってどんな感じ?


松田:黒田さんは入社以来、1年以上女子1人で働いてきたと思いますが、大変だったことや困ったことって何かありましたか?

黒田:最初は平気だと思ってたんだけど、雰囲気で困ることは結構あったな。男の人同士の独特のノリについていけなかったりとか。「お互いに壁を作ってるな~」って思うことは、いまだにあります(笑)

松田:それは分かります(笑)男子高ノリというか、入っていけない感じはありますよね。

黒田:ただ、社内が和気藹々としてるのはすごく良いところ。私は「会社=ギスギスしてるもの」だと思ってたから。

松田:私も黒田さんと同じで、入社した当初は壁を作っていました。

会社のメンバーの仲が良い分、「私どうしたらいいんだろう…?」みたいな(笑)

相談しづらいな~って勝手に遠慮していた部分もありましたね。

黒田:そうだったんだね…!最近はどう?

松田:最近はだいぶ遠慮しなくなったと思います。

特に広報になってからは、ブログのインタビューとか、写真撮影とかをお願いすることも増えたし、前よりオープンになれてるんじゃないかと思います。

黒田:私も、最近は相談も少しずつ出来るようになってきた。

振り返ってみたら、前の会社ではそれなりに話せてたから、女性1人って環境がもしかしたら私を萎縮させてたのかも。

恩蔵さん(※CSO)とかに悩み相談に付き合ってもらったりする中で、少しずつ遠慮しなくなってきたな。

2人が描く将来の目標

松田:最後に、黒田さんの今後の目標を聞きたいです!

黒田:仕事でいうと、人事を含めたHRとして"MF人"になりたい。

私は社歴も長いから、会社の歴史を伝えられる人、入社してきた人に楽しさを与えてあげれる人になりたいな。

いずれはCSRに関わって、例えば日産の「猫バンバン」の呼びかけみたいに、クルマ×動物っていう文脈でMFを世の中にもっと貢献させていきたいです。

松田:私は仕事で言うと、とにかく広報の力でMFの魅力をもっと色んな人に知ってもらいたいです。

あとは、広報ですごく色んな先輩方に助けていただいているので、そのご恩を返せるような人になりたいなと思っています。

「スタートアップの広報のことなら何でも私に聞いてください!」みたいな存在になりたいです。

黒田:プライベートでの目標はある?

松田:プライベートで言うと、今は趣味を見つけたいです(笑)

あとは30歳くらいまでには結婚して、社長みたいな結婚式を挙げるのが夢です!

黒田:私はプライベートはもうちょっとしっかりしたいかな(笑)

恋愛とかもそうだけど、ちょっと前に猫を保護した経験から、犬と猫を保護支援する大人になりたい。

松田:動物好きな黒田さんらしくて素敵です!

あとは、MFにもっと女子増えて欲しいですよね!女子会の規模を広げたいです!!

黒田:ね!女子が増えたらみんなで温泉旅行とか行きたい!

あとがき

という訳で、今回はMFの女子トークをお送りしました!

私自身、最初は女性社員が少ない環境に委縮していましたが、今では全くそんなことはなくなりました!

すぐに馴染めたのは、「ガンガンいこうぜ!オープンにいこうぜ!いろいろやろうぜ!」というバリューを体現している経営陣や、先輩方のおかげだと思っています。

という訳で、クルマ好きではなくても、MiddleFieldのビジョンやミッション、バリューに共感いただける女子の皆さん、ぜひ一度お話に来てください!私たちが全力で歓迎します◎

現在の募集はコチラ↓

データ入力
未経験歓迎!クルマ好きな方、一度お話しませんか?
私たちは今までにないエンターテイメントなクルマの開発、モータースポーツを開催するという究極の目標を達成するために事業を展開しております。 そのために現在はモータースポーツとクルマ・バイクに特化したWebメディア「Motorz/モーターズ」とクルマ・カーパーツ専門オンラインプラットフォーム「モタガレ」を運営しております。 「Motorz」は単なるキュレーションメディアとは違い、業界に関わる「人」にフォーカスをあてたメディアとして取材記事をメインに、「想い」に触れることが出来るメディアです。 そして、メディアと連動した「モタガレ」はネット上で購入することが難しかったカーグッズやパーツ、カスタムカーなどの情報を集約。ただの通販サイトではなく情報・販売・取付までサポートする日本最大級の自動車用品通販サイトです。 私たちのビジョンは「クルマを最高のエンターテイメントに!」。 そのためのベストパフォーマンスを常に意識してゴールを目指します。 クルマ、バイクをもっと楽しくするWebメディア「Motorz/モーターズ」http://motorz.jp/ クルマ・カーパーツ専門オンラインプラットフォーム「モタガレ」https://motorz-garage.com/
MiddleField株式会社
Web Engineer
クルマ×エンタメ×IT!国内最大級の自社サービスを開発しませんか?
私たちは今までにないエンターテイメントなクルマの開発、モータースポーツを開催するという究極の目標を達成するために事業を展開しております。 そのために現在はモータースポーツとクルマ・バイクに特化したWebメディア「Motorz/モーターズ」とクルマ・カーパーツ専門オンラインプラットフォーム「モタガレ」を運営しております。 「Motorz」は単なるキュレーションメディアとは違い、業界に関わる「人」にフォーカスをあてたメディアとして取材記事をメインに、「想い」に触れることが出来るメディアです。 そして、メディアと連動した「モタガレ」はネット上で購入することが難しかったカーグッズやパーツ、カスタムカーなどの情報を集約。ただの通販サイトではなく情報・販売・取付までサポートする日本最大級の自動車用品通販サイトです。 私たちのビジョンは「クルマを最高のエンターテイメントに!」。 そのためのベストパフォーマンスを常に意識してゴールを目指します。 クルマ、バイクをもっと楽しくするWebメディア「Motorz/モーターズ」http://motorz.jp/ クルマ・カーパーツ専門オンラインプラットフォーム「モタガレ」https://motorz-garage.com/
MiddleField株式会社

それでは、また次回のブログでお会いしましょう~!!

MiddleField株式会社's job postings
Happy Valentine's Day!!MiddleFieldで働く2人の女子会に潜入!!
Shoko Matsuda
MiddleField株式会社 / 広報

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more