This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

Rubyでの個人開発物の成果発表会!技術顧問の安川 要平さんに参加いただきました!

Webエンジニアグループ、採用広報グループ兼任の小島です!

2019年1月~3月の間、エンジニアの学習の一環で、技術顧問の安川 要平さん監修のもと、オリジナルのサービスをRubyで開発するプロジェクトが進行していました。

3ヶ月でアイデア出し、機能決め、実装まで行い、2週間に1回、安川さんにレビューをしてもらいながら、個人開発を進めてきました。

今回成果物発表会として、開発の中での気づきや作ったものについての発表会を実施しました!


いろんな視点から意見をもらい、学び合う

発表会に参加したのは、

  • 発表者:オリジナルサービスを開発したエンジニア1名
  • 特別登壇:安川 要平さん
  • 聴講者:Webエンジニア8名、教育担当2名
  • レビュアー:Webディレクター1名、Webデザイナー3名、フロントエンドエンジニア2名

Webエンジニアグループのメンバーだけでなく、WebクリエイターグループのWebデザイナーやWebディレクターも参加して、サービスについて質問をしたり、逆に開発の様子について理解を深めたりする場をしました。

常駐先業務後に集まって成果発表会スタート!


PHPerだった花本さんの成果物発表

もともとPHPの開発経験者だった花本さんは、動画配信サービスの口コミサービスを開発。


技術顧問 安川 要平さんからの講義「失敗から学ぶ」

技術顧問の安川さんからも、過去の失敗から学んだ経験について、お話をしていただきました。


質疑応答をしながら、振り返り、学びを深める。

その後、質疑応答。顧問の安川さんや、いろんな職種の方から質問を受けて開発を振り返ったり、学びを深めていました。


  • 自己採点は何点?
  • 良かった所、悪かった所
  • 誰に機能について相談したの?
  • ペーパープロトタイピングどんな感じでやったの?
  • テストはどうやったの?
  • スケジュールどんな風にしてたの?
  • 未知の技術の工数見積もりで気をつけたことは?
  • 常駐先で役に立ったことはあったか?
  • 初回アイディアのうち頓挫した開発もあったが、なぜリリースまで持っていけたか?

などなどいろんな質問が出ました。



参加したメンバーも、普段自分の業務とは違う目線でサービスの企画~リリースまでの話を聞き、刺激を受けていました。


弊社の技術顧問の制度についてはこちらを参照ください!

株式会社メンバーズキャリア's job postings
Anonymous
3b1862c2 6002 4561 9865 3ce05520969a?1550042012
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
14 Likes
Anonymous
3b1862c2 6002 4561 9865 3ce05520969a?1550042012
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon