Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

CLISTA!医療DWHイメージ
医療機関のデータ活用を支援
医用工学研究所は、医療用に特化したデータウェアハウスシステム(DWH)を扱う医療ITベンダーです。 近年、「ビックデータ」という言葉が流行していますが、医療業界においても今まさに情報活用について注目がされてきています。 しかしながら現在の病院の課題として、病院内に電子カルテや医事システム、看護システムなど、様々なメーカーのシステムが混在し、情報の一元化と活用が難しい状況があります。 そこで弊社のデータウェアハウス(DWH)の仕組みにより、病院内のシステムごとにバラバラに蓄積する情報を統合することで、病院が抱えるデータへの課題を解決しています。 例えば… ①病院内のあらゆるシステムに情報が分散している ②院内のデータを活用したいのに、きれいに整備されていない ③病院の経営や業務、診療や研究に活かせるデータを出したい など 医療機関に存在するこれらの課題を、DWHの仕組みで解決します。 医用工学研究所では、製品開発から導入構築・運用支援まで一貫したサービス提供を行うことで、病院の要望を吸い上げ、病院から求められるソリューションを提供し続けています。 またデータ集約だけでなく、統計や検索、原価計算など分析に必要なアプリケーションの提供を行うことにより、病院におけるデータ分析を支援しています。

Why we do

「医療ビッグデータ」という言葉が生まれ、今、まさに社会に浸透しつつあります。医用工学研究所では、「ビッグデータ」を「データ化または数値化された社会構造」と解釈し、医療機関の電子カルテや医事会計関係の情報においても、それら「ビッグデータ」を構成する重要なデータ群であると捉えています。 医療の電子化は、多くの様々な努力を通じて進みながらも、それらのデータを病院運営や、研究、診療そのものへ活かしていく取組みは、これから、まだまだ進めていかなければなりません。 私達、株式会社 医用工学研究所は、医療用データウェアハウスシステムCLISTA!の提供を通じて「医療の運営と発展に、情報のバックエンドから貢献する」ことを企業使命と考え事業を進めています。 「医療ビッグデータ」が、これまで誰もが経験したことのない超高齢化社会を支えるひとつの大きな力となれるよう、日々の業務・研究を通じて精一杯尽力していき、社会に貢献していきたいと強く考えています。

How we do

展示会の様子
社員旅行では、レクリエーションでリレーを行いました。全員本気です!
医用工学研究所の仕事は独自のデータウェアハウス(DWH)システムの「開発」に始まり、顧客である病院への課題ベースのソリューション「営業」、正式に採用を決定していただいた病院へのシステムの「導入・構築」、その後の丁寧なアフターフォローを行う「運用支援」と大きく4つの業務が中心となっています。 現在、本社(三重県津市)と東京営業所、大阪営業所の3拠点で全国の病院へスピード感を持ってサービスを提供する体制を構築しています。 従業員数は約50名で、設立から11年目の若い会社です。会社も組織も制度もまだまだ成長中であり、「会社の将来のために、どうすることが一番いいか」を考えながら、各自の経験を活かし、意見を出し合って仕事をしています。

Page top icon