Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

私達みーつけあは介護でお悩みの方からの相談に応じ、適切な介護サービスのご利用を促進することで、「Best care and Smile」の実現を目指している会社です。 当社ではビジョンとして、 「私たちはケアに関わる全ての人の自己覚知のサポートを行い、それに基づいて最適なケアが為されるための正しく豊富な情報を提供することで、Best Careの実現のための仕組みを創ることを目指します。」を掲げています。 ・介護が必要な人自身が、どんなサービスを提供してほしいと思っているのかを明らかにし、そのサービスの提供までをサポートする ・介護事業者を運営する会社が、自らの会社がどのような強みを持っていて、どのような部分がお客様に受け入れられるのかを明らかにし、お客様に受け入れられるデイサービスに変化していくサポートをする ・介護を提供する従事者が、自らの働きたいスタイルや目指す介護観を認識し、自分が最も幸せに働くことができる会社を見つけることをサポートする といった3つのサポートを行うことで、介護業界全体をエンパワーメントし、介護にかかわる人たちみんながSmileになるような社会を目指して事業を運営しています。 ケアに関わる人たちが、Best careを提供できる環境を作りを行うことで、Smileあふれる社会になる。 みーつけあはそんな世界を目指しています。

Why we do

Best care and Smileを実現したいからです。 Best careとは何でしょうか? 当社では「ケアに関わる全ての人の適切な自己覚知に基づいて、最適なケアが為されること」であると考えています。 介護業界に長くかかわってきた私たちは、いかに介護が必要な方が「自分にとって必要なサービスが何なのかを知らないか」ということを非常に強く実感してきました。 同時に、行政が用意している相談窓口がいかに機能していないかを思い知らされました。 そこで私たちはインターネットで検索できるようにすることで、「介護で困ったけどどうしていいのかわからない」という人たちにリーチできるように体制を整えました。 それだけでなく平日に加えて土日祝日も相談を受けられる体制を構築することで、忙しくて行政に相談できない人たちが、気軽に介護について相談できるようにしました。 ※将来的には24時間・365日介護に関する相談が受けられるようにすることを目標としています。 気軽に専門家が介護に関する相談に応じられる環境を整えることで、すべての人が「Best care and Smile」となるように、徹底して介護が必要な方に寄り添った対応を行っていきたいと考えています。

How we do

みーつけあは単なる「介護が必要な人」のことだけを考えている会社ではありません。 同じぐらい、一緒に働くメンバーも重要だと考えています。 一緒に働くメンバーが、自分たちの夢に向かって進む過程に、みーつけあという会社が寄り添っていくことが「会社としてのあるべき姿」だと考えています。 20代のCEOは、アメリカ育ち。 日本の介護事業に課題を感じ、訪問介護事業を立ち上げました。 30代のCOOは、介護事業一筋約15年の専門家。 介護事業に関するあらゆる話題に精通しており、法務・労務・経理から営業まで一通り何でもこなせます。 40代のCTOは、バックエンドからフロントエンドまで何でもこなせるエンジニア。 もちろん、ただの「技術屋」ではなく、経営メンバーとして「どうすれば私たちの理想を達成できるのか?」「どうすれば事業を継続し続けられるのか?」を考えられる稀有な人材です。 COOとCTOは、プライベートでは2児の父親です。子供を持ちながら働くことの難しさとリモートワークを推進していくことの大切さを認識しています。今後はリモートワークで働く社員もどんどん増やしていきたいと思っています。 他にも事業所の中に居宅介護支援事業所を併設しケアマネジャーが常駐。 現場の最先端に触れながら事業開発を行っているので、現場の声を聴きながら事業を作ることができます。 他にも年間休日が130日以上、リモートワークやフレックスも状況によっては柔軟に検討するなど、ワークライフバランスを重視した勤務体系になっております。