1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

✿特別企画✿元気村G運営支援本部インタビュー第1弾!(チーフマネージャー)

こんにちは。株式会社メディクルードの星加です。
もう今年も残り1ヶ月、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
私は10月から大宮の元気村G運営支援本部でお世話になっています。少しずつ慣れてきた反面、まだ知らないことばかりだなと感じています。

10月から何をしていたのか気になる方はこちら👇


元気村グループの詳細はこちら👇


というわけで、元気村G運営支援本部のことをもっと知りたいなと思っていたところ、なんと各事業部にインタビューさせていただけることになりました!
チーフマネージャー、人事総務課、事業推進課、経営企画課、秘書室】の5回連続で更新予定です!

記念すべき初回はチーフマネージャーのお二方にご登場いただきます🎤

***インタビュー項目***
①元気村G運営支援本部の元気村グループ/Genki Groupにおける役割は?
②元気村G本部チーフマネージャーの仕事内容は?
③元気村G運営支援本部の目標は?
④元気村G運営本部チーフマネージャーから見た神成裕介理事長は?
⑤読者の皆さまへメッセージをどうぞ!

👆写真左:波田チーフマネージャー、右:帯津チーフマネージャー(以下、敬称略)

では早速インタビューです!

①元気村G運営支援本部の元気村グループ/Genki Groupにおける役割は?

星加)チーフマネージャーのお二方には、元気村G運営支援本部そのものの役割についてお伺いしたいと思います。いかがですか?

帯津)
GenkiGroupにおける介護領域を担う社会福祉法人(=元気村グループ)のグループ本部として、運営支援本部があります。 “運営支援本部”の前身は“運営管理本部”という名前だったのですが、2年前“運営支援本部”という名前に変わりました。神成裕介理事長が推し進めていたブロック制強化のタイミングですね。ブロック制に体制移行し、人の管理やサービスの管理はそのブロック内で、ブロック長が中心となってやっています。今のグループ本部は、“管理”というよりも”運営支援”をする部署として位置づけられています。

波田)“運営管理本部”だと”管理”の意味合いが強いですけど、役割としては下からあるいは横から支えているイメージなので、“運営支援本部”という名前に変わりました。

帯津)施設やブロックが運営がスムーズに行くようにバックアップしていくことが運営支援本部の役割です。
※ブロック制:全国にある施設をエリアごと(東北/埼玉/東京/九州/千葉・茨城)に分けています。

②元気村G本部チーフマネージャーの仕事内容は?

帯津)私と波田さんは同じチーフマネージャーですが役割・分野が違います。 運営支援本部の各課には優秀なマネージャーたちがいるんですけど、個別の施策やプロジェクトはマネージャーが回してくれている部分が大きいです。そのプロジェクトは法人を横断したものも増えてきました。そこで、チーフマネージャーとして、各ブロックの常務理事やサンガグループの役員との調整を行っています
また、各法人施設の運営基準の遵守状況を確認するというところで、各法人と連携しながらやっています。各法人と連携しながら、過去の経験も元に問題解決の支援やアドバイスを行っています。

波田)私のところは財務とか経営企画の部分を担っています。
財務課は、グループ全体の資金調達ですね。 ただ社会福祉法人の資金調達は間接金融(借入)しか無いです。そこでの主なポイントは決算書です。社会福祉法人の評価って一般的には株式会社より高いはずなんですね。それは補助金が入っていたり社会福祉の仕事をしていたりするからで、言ってしまえば株式会社より潰れにくいところがあるんですよね。だから金融機関からの評価も悪くないですし、皆がよくやってくれているので、元気村グループ5法人の資金調達については特に問題なく出来ていると思います。
もう1つ、経営企画課としての仕事ですね。運営する上での業務の中身になりますが、事務の効率化(BPR)に力を入れています。今まで各施設バラバラな方針でやってきた事務業務について、同じような処理の流れや仕組みを作っていこうとしています。本部の方で統一していこうとしているのですが、この業務の一貫で今は東北を回っています。

👆東北から参加してくださった波田チーフマネージャー
(この日は宮城県の国見あおば翔裕園にいらっしゃったそうです)

③元気村G運営支援本部の目標は?

星加)元気村G運営支援本部としての目標を教えていただけますか?

※ちなみに、運営支援本部のミッションは下記のように掲げられています。

「元気村グループ」がKAIGO の世界標準をつくる
~業界トップレベルの感動介護と共生の想いをアジアへ~

帯津)運営支援本部の目標は今年度の経営計画で銘打っています。大きく分けて2つです。

❶持続可能な介護インフラとしての使命を果たすために利益も確保する。
❷世界に誇る日本の介護を海外に輸出する。

❶グループ5法人で、より良い施設運営を継続する為に、達成すべき利益目標を設定して、たくさんのお客様に来ていただくために自分たちのサービスの魅力を伝える(広報活動)ことも強化しています。
❷日本の介護を海外に輸出するステップの一段として、グループの介護の品質を標準化したいと思います。GenkiGroup式〇〇というようにプログラムを立てています。これは私たちが27年間介護事業を行う中で得られたノウハウの蓄積や新しい機器などを取り入れた結果を、感覚値でなく形式値としてグループに波及していくために行っています。世界に誇る日本の介護を海外に輸出するために、まずは国内事業の中で標準化を進めていくのが本部の使命です。

星加)GG式〇〇について今後の方針は決まっているのですか?

帯津)基礎的な介護技術がまだ平準化しきれていないのでそちらの部分はまず早急にやっていくべきかなと思っています。例えば、入浴介助。GenkiGroupでは洗わない入浴機器を導入しようと考えていますが、その入浴機器を用いた新しい入浴介助を確立したいと思います。

星加)お~そんな話があるんですね。波田さんにも目標をお伺いしていいですか?

波田)帯津さんから話があったように、数字の目標はあります。
(厳密には決算書上は利益ではなく、増減という言葉を使っています。そもそも株式会社のように目的が利益ではなく、社会福祉法人は運営をすること自体が目的なので違いがあります。ただ、便宜上利益という言葉を使って話しています。)

数字の目標は立てていて、毎月会議をしています。例年と比べて、利益は目標に近づいて良い調子で推移しています。でも売上の方の目標にはまだ目的に達していない。売上が達していないというのは利益も減ることにもなりますが、言い換えれば、資源を無駄使いをしているということ。売上が上がらない原因は、稼働率やご利用者が減っていることしか考えられません。50人は入れるところに40人しか入れていなければ、10人分の資源を無駄にしているのと同じです。目標の売上を達成できれば資源をフル活用出来ていることになるので最高の形だと思います。その結果外部の評価も上がっていくと思いますね。

あとは、事務作業の効率化を図ることを目標にしています。介護業務に関わる事だけでなく、事務的なこともコンピュータやロボットに任せていく。人員不足と言われていますが、事務作業の負担を減らすことで余った時間をもっと他の介護業務に回せるように取り組んでいます。

星加)社長が「事業のことも考えられる財務経理の方だ」とおっしゃっていましたが、納得しました!

波田)そんなこと言ってた?そんな褒められたことないけど(笑)

星加)見えないところで褒めていらっしゃいました。

👆誰からも信頼されている波田チーフマネージャーと帯津チーフマネージャー

④元気村G運営本部チーフマネージャーから見た神成裕介理事長は?

星加)先ほど神成裕介理事長のお話も出てきましたが、お二方から見た神成裕介理事長はどんな方ですか?(※株式会社では神成裕介社長、社会福祉法人では神成裕介理事長と呼ばれています。)

帯津)今の会長から理事長にバトンタッチしたタイミングが大体施設長に引き上げていただいたタイミングが一緒。それまでは会長のイメージがあまりに大きかったので、「どういう人がくるのだろう」と気になっていた。 私より年下だけど超人のイメージ。 もともと事業家ではあるけれど、社会福祉法人の経営を細やかに見てくれている。質問にも丁寧に答えてくれるし、一つ一つ丁寧に指示を出してくれます。 真似できる仕事の仕方じゃないな。尊敬の対象ですね。 感情的に物を言われた記憶がない。 一つ一つ言われる言葉が目標があり納得感があるという点で非常に偉大な方だなと思う。でも一緒にお食事に行くと気さくな方。 頭の中を見てみたいなと思いますね。

星加)波田さんはいかがですか?

波田)文字になるのやだななんか(笑)
色んな仕事をしているのに関わらず、きめ細かい内容まで見られいるので、とても真似できないなと思う。 ほとんと帯津さんと一緒だが、 物事を冷静に判断しているし、感情的になることも無い。怒るというより叱る。その人のためにどうすればいいかを考えて、諭す。 言われて納得できる話し方をするので、理事長に対して「なんだよ。」と思う人は少ないと思う。 会長と似ている部分もあるなと思います。

星加)神成裕会長と神成裕介理事長はどこが似ていると思いますか?

波田)人を大切にするという考え方。 カネやモノは買える(稼げる)が、ヒトは変えられない。「人財」と書くように、事業をする上で大事なのはヒトだってところ。これが会長時代から感じていた考え方ですけど、やっぱり親子なんだなって思います。

帯津)うん、気配りがすごく行き届いていらっしゃる。「そんなところまで見ててくれたの?」って思うくらい、本来は私達のほうが気付くべきところに気づかれる。

星加)そうなんですね。メディクルード社員からの印象とも似ている部分があるなと思いました。

⑤読者の皆さまへメッセージをどうぞ!

星加)最後に、GenkiGroupの魅力も含めてメッセージをいただけたら嬉しいです!

帯津)色々働き手の問題とか言われている中で、それを上回る楽しさがある。業界としては発展途上ですし、理論的に介護を説くというのも始まったばかりなので、ワクワクする。解決するべき課題が身近にあって、ちょっと自分が妄想するだけで実現が近い。それが達成できる業界だし、GenkiGroupであれば挑戦の機会が多いので、より実現しやすいと思います

波田)常に新しいものに挑戦している法人なので、常に先駆者となって道を作っているようなグループだと思う。すごく大変ではあるが、そこにやりがいもある。やりたいと手を挙げれば、先頭に立ってやらせてもらえる。やる気さえあれば年齢は関係ない。複数の事業をやっているので、いろんなことや知識を勉強できます。自分を成長させるという意味では魅力的な法人だと思います。

「挑戦できる環境で成長していきたい!」という方はぜひGenkiGroupへ!

👆帯津チーフマネージャーと波田チーフマネージャー、ご協力ありがとうございました!

GenkiGroupの介護領域についても興味を持っていただけたらとても嬉しいです(*‘ω‘ *)
次回は、元気村G運営支援本部人事総務課にインタビューしたいと思います!お楽しみに!

株式会社メディクルード's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more