1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

事業部紹介第3弾!「会社の顔、HR推進チーム採用担当のリアルをお伝えします」

こんにちは。株式会社メディクルード社長室の星加です。
もうすっかり秋の陽気になりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私は、先日GenkiGroup介護領域の敬老会に参加させていただきました。
ご利用者と職員が一緒に食事をする企画で、今月91歳を迎えた方と一緒にケーキを食べたのですが、
「こんなの一生の思い出だ!」と言っていただけてとても嬉しい気持ちになりました。

さて今回は事業部紹介第3弾!「会社の顔、HR推進チーム採用担当のリアルをお伝えします」ということで、事業推進部HR推進チームのお2人にご協力いただきました。

***インタビュー項目***
①〇〇チームのメディクルード/Genki Groupにおける役割は?
②〇〇チームの仕事内容は?
③〇〇チームとしての目標は?
④〇〇チームから見た社長はどんな人?
⑤読者の皆さまへメッセージをどうぞ!

👆写真左:井本チーフマネージャー、右:山本さん(以下、敬称略)

とはいえ、私たちが出会ったのはもう2年前…お付き合いが長くなってきました。
そして入社後も一緒にお仕事させていただくことが多いので毎日お話しています。

ここで<インタビューへの意気込み>を聞いてみました!
星加)雑談にならないよう頑張ります!よろしくお願いします。
井本)面接とかで話を引き出すのは慣れてるけど、インタビューを受けるのはちょっとね(笑)
山本)
今までは記事を書く側だったので、質問される側は恥ずかしいですね(笑)
※山本さんは前任ライターのYAMAMOTOさんです。

結局ほぼ雑談モードのインタビューでしたが、HR推進チームのリアルが分かる記事になったと思います。
では、ここから本題です。

①HR推進チームのメディクルード/Genki Groupにおける役割は?

星加)まず第1問!HR推進チームのメディクルード/Genki Groupにおける役割とは何ですか?
山本)
役割としては、仲間づくりをしてるっていうイメージが一番大きいかなと思っています。採用の業務自体の大目的がそこにあるかなと思っています。あとメディクルードには多くの領域がある中で、適材適所に人を配置していくみたいなところですね。各領域によってどんな人が必要なのかというのはだいぶ変わってくるので、事業を理解して人を増やしていくみたいなところが役割なのかなと思います。

👆写真右奥:真面目モードで答えてくださる山本さん

山本)それと、ちょっと新卒採用にフォーカスしちゃうかもしれないんですけど、HR推進チームは法人をつなぐ立ち位置にあるかなと思っています。私、採用をやる前は他の法人の方たちと関わることってほとんどなかったんですけど。
星加)山本さん、元々管理部でしたよね?
山本)そう、そのときはメディクルードに籠もって仕事をしていたので、表に出ることなかったんです。
この仕事を始めてから、医療とか介護の領域の人たちに関わることが多くなったかなと思います。
それは私だけでなくメディクルードの他の社員もですね。インターンシップで介護領域の人たちと出会ったりとか、社員同士の法人間での交流が増えたかなっていうのがあります。このあたりはHR推進チームの役割といいますか、コングロマリットであるメディクルードならではのプラスの効果ですかね(笑)
星加)井本さんからは補足ありますか?
井本)完璧です(笑)

②HR推進チームの仕事内容は?

井本)まず聖心美容クリニック(以下、聖心)に関わる部分からお話します。事業推進部っていうのが聖心の現場の事務局みたいな、ある意味現場部門に近いところで。その中で事業推進チームは、施術とか日々の診療に対してのお仕事なんですけれども、HR推進チームは聖心HRという仕事になっています。採用や育成などと言った形ですね。
星加)聖心HRでは、どんな方と関わっているんですか?
井本)各院の役職者と聖心のMgr陣ですね。事業推進チームの永久保さんほか、現場のMgrさんの中に私もしれーっと入れてもらってます(笑)
星加)おぉ、現場の方々と一緒に採用や育成を進めているんですね。

👆写真左:真面目モードで答えてくださる井本さん

星加)聖心HR以外のお仕事についても教えていただけますか?
山本)採用業務に尽きるんですけど、新卒は「聖心」と「メディクルード(Genki Group)の経営幹部候補生」の採用、中途は「聖心」と「メディクルード」の採用ですね。
井本)先ほどと少しかぶる部分にはなるんですけど、さっきのは聖心HRとしての話。聖心の採用事務局として、聖心の新卒採用と中途採用をやっています。そこだけでなく企業の採用部門として、聖心だけでなくメディクルードの方でも一緒にやってるよってことですね。縦軸と横軸みたいなイメージで考えてもらうとわかりやすいかも。HR推進チームとしてはもう採用が1番なので。

星加)では、採用業務についてもう少し詳しく教えていただけますか?
井本)日々やっている仕事の9割くらいは日程調整です。現場とエージェントさんとその先にいる候補者さまとの間で日程を確定させるのが仕事ですね。
星加)日々の業務で心がけていることがあれば教えてください。
井本)スピードですかね。山本さんがHR推進チームに来た時は毎日「スピードスピード!」って言ってましたね。

👆写真左奥:スピードの大切さについて語る井本さん

山本)中途採用とかだと、少し遅れるだけで候補者さんがすぐ他に決まってしまったり、採用ブランドが下がってしまったりするので。やっぱりレスポンスが早い方がいいじゃないですか。だから、スピードは大事ですよね。
星加)日々の積み重ねが採用ブランド確立にもつながっているんですね。
山本)そうですね。採用の仕事って結構社外の人の目に触れることが多いなと思ってます。マーケティングとかだと基本的にはBtoBで、会社同士のお付き合いがあると思うんですけど、採用はどちらかと言うと一般の方の目に触れることが多いと思ってるので、人の目?は気にしていますね。なんていうんでしょう?
井本)顔的なやつ?(笑)
山本)あぁそうですね、「会社の顔」としての自分たちの一挙一動は気をつけているところかなと思います。それこそWantedlyなどで印象を悪くしてしまうと、「この会社変な会社だ」と思われてしまう。それは説明会やインターンシップでも同じですね。看板は意識して仕事しているかなと思います。
星加)Wantedlyを書くのが怖くなりました(笑)
(※Wantedlyの記事はいつも井本さんと山本さんに添削していただいております)
山本)一般の方からすると「山本(YAMAMOTO)」ではなく「メディクルードの人」なんですよね。
井本)そのとおりですね。

採用業務にあたり、スピード感と緊張感を大事にしているHR推進チームでした。

👆「書記頑張れ~」とあたたかく応援する井本さんと山本さん、「よし!」とインタビューを続ける私

③HR推進チームとしての目標は?

星加)続きまして、HR推進チームとしての目標を教えていただけると嬉しいです。
山本)HR推進チームが追いかけている目標としては、より幅広く事業を展開できるような仲間づくりと、今いるメンバーがより働きやすくできるような人員体制の確立ですね。チームとしては、楽しく明るく元気よく、かな(笑)
井本)私たちは社外だけでなく社内の人たちもお客様の意識を持って仕事をしています。なので先程山本さんが言ったことを達成するためにも、どこの部署よりスピード感を持って仕事も進めていかないとですね。
山本)スピード感もですけど。報連相的なことは逐一、他の部署よりも多くやっているのではないかなと思います。
井本)二人部署だからね。
星加)そこは秘書室と同じ部分がありますかね?
井本・山本)うーん…(笑)

👆顔を見合わせる井本さんと山本さん

違ったみたいです…(笑)とりあえずお仕事編はここまでにして、次の質問に参りましょう!

④HR推進チームから見た社長はどんな人?

山本)事業に対して熱い方だというのと、人を大事にされる方、あとはスピード感早くて、チャレンジャーという印象ですね。フットワーク軽く挑戦していける姿勢というのは、会社としてもそうですし、社長が一番体現しているのかなと思います。
星加)井本さんはどうですか?
井本)同意です。