This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

美大、ヤフーからメディカルノートへ来たディレクターの転職理由

美大を卒業後、新卒でヤフーに入社した冨山香織(とみやまかおり)さん。ヤフーでデザインからプロジェクトマネジメントまで多岐にわたるキャリアを重ねた後、2018年11月からメディカルノートに正社員としてジョインしました。順風満帆なキャリアを歩んでいるようにみえる彼女が、なぜメディカルノートに転職したのでしょうか。

限りなく0に近い状態から事業をつくっていける

ーーこれまでのキャリアについて教えてください。

もともと紙のデザイナーになりたくで美大に通っていました。ただ、私が就活をしていた頃はちょうどリーマンショックがあったタイミングで、雑誌やポスターをつくっている制作会社は軒並み採用をストップしていたんですね。そんなとき、たまたま私が仲良くさせていただいていた教授からヤフーの求人を紹介されて。「馴染みのある会社だし、ここなら安心だろう」くらいの気持ちでヤフーに新卒入社しました。

ヤフーに入社してからは、Yahoo!特集のUIデザイン、Yahoo!予約 飲食店のアプリ立ち上げのPMなど、デザインにだけにとどまらず幅広く任せていただきました。最終的にはヤフー子会社のアスクルに出向して、ECサイトLOHACOのフロントエンドを担当していました。その後物流に関する業務も担当することになり、かなり幅広い経験をさせていただきました。

ーーそんな中、なぜメディカルノートを選んだのでしょうか?

実は転職活動中は「やったことがない領域」に興味を持っていたので、会計ソフトを扱う会社や銀行などの金融系の企業を検討していました。また、事業としてはECには面白さを感じていたので、できればECに将来的にでもかかわりたいな、という気持ちがありました。

そんなとき、たまたま転職エージェントからベンチャーであるメディカルノートを紹介され、「やったことのない医療という領域で」「将来的にECもからめた事業をつくりあげられるのでは」と思いました。まさにこれからどうしていくかを自分たちで決めていく事業フェーズと感じたので、やったことのない領域かつ、自分のかかわりたい事業という一見矛盾した要件を満たすことのできる貴重なタイミングだと思ったのです。

自分たちで実行した施策が事業のグロースに直結する

ーーメディカルノートに転職してからのお仕事内容について教えてください。

メディカルノートは主に医師・病院と患者をつなぐ医療検索サイトを運営しています。その中で私は、新規会員を獲得に向けた施策のディレクションや、新規事業の立ち上げに携わっています。会員獲得するための施策については、主にアクティブユーザーをどう増やしていくか、ということを日々考えながら機能に落としているイメージですね。

ーー同じディレクションでもサービスが変わると考え方も変わるのでしょうか?

ヤフーでECサイトを担当していた頃は、良くも悪くも購入金額の積み上げが全てだったので、「どれだけ購入いただけるか」を重視していました。メディカルノートのサービス会員化の場合も考え方は一緒かもしれませんが、ECサイトは毛色が違うと思っていて。そもそもユーザーの目的が違うので、そこは違った頭の使い方が必要かと思っています。

また、ヤフーが運営するサービスは既に認知度が高い状態だったのに対し、メディカルノートは今まさに認知度を高めているフェーズです。私たちの考えた施策がサービスのグロースに直結するので、「オーガニック以外の流入を増やすにはどうすればいいか」「回遊率を上げるにはどうすればいいか」と常に考えながら、自分たちでサイトをグロースしている実感があります。

素人目線を活かして医療に貢献できる。社会貢献度の高さが魅力

ーー他に、転職して感じた魅力はありますか?

まず、社会貢献度の高い医療系のサービスに関わることができる、ということが1つの魅力だと思います。しかも、メディカルノートでは会社の戦略として信憑性の高いコンテンツを作るために各診療科の専門医師とのネットワークを構築しているんです。確かな情報を発信する上で、脇を固めることは絶対に必要だと思うので、そこはすごいと思っています。

もう1つは、医療というものが思ったより、素人目線で取り組むことに意義がある領域だと感じています。医療のことって、医療従事者じゃない限りみんな素人だと思うんです。医師や看護師からすると当たり前のことでも、一般の人からすると「何それ?」っていうことは結構ある。私自身、メディカルノートに転職してそう思うことが何度かありました。でも、それが逆に武器になると思っていて。ユーザーと同じ目線で「ここが分からないからもう少し分かりやすくしよう」ということがやりやすい。いつまでも素人目線がサービスの改善に活かせるのは、この仕事の魅力だと思うんです。

医療的な悩みを持つ人たちから選ばれるプラットフォームへ

ーー最後に冨山さんがメディカルノートで描くビジョンについて教えてください。

メディカルノートはまだまだこれからの組織。決まっていないことも多いですが、その分、自分たちの裁量で進められることもたくさんあります。誰かに頼まれたことをやる、というのではなく、自分のやるべきと思ったことを実行しているチームです。サービス改善に向けてユーザー視点で建設的な議論ができる環境もあります。先ほどお話したように、医療の素人目線でも、ユーザーとして感じた疑問やサービスの使いづらさをそのままプロダクトに反映できる環境なので、これからもユーザー目線を忘れずに医療的な悩みを持つ人たちに選ばれるプラットフォームを作っていきたいと思います。

メディカルノートでは、共に働く仲間を募集しています

少しでも興味をもってくださった方、まずはフランクにお話しませんか?ご応募お待ちしています。

株式会社メディカルノート's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings