1
/
5

【新卒】インターンから新卒内定したメンバーに話を聞いてみました!【社員インタビュー】

普通の環境はつまらない、
自由にチャレンジできる環境が魅力的だった

大学は情報系に進み、二年生の後半から就職について考えるようになりました。企業に選ばれるのではなく、自分が選べる就職をしたい。そのためには、きちんと技術を身につけたいと思いプログラミングの勉強を始めました。

やがて半年ほどでPHPの基本が身につき、独学で美容サイトをリリース。もっと力を付けたい、実務経験を積みたいとインターンに応募。そこで出会ったのが、アルゴリズムでした。
実は他にも面接を受けていた会社があったのですが、力がつくイメージが湧かず、質問内容もマニュアル通り。作業をこなすだけの仕事のように感じて、“ 普通の環境 ”という印象を受けた覚えがあります。

一方、アルゴリズムでは社長・開発責任者の2人直々に面談をしていただき、意欲があればいくらでもチャレンジできる環境があると聞きました。社員・インターン問わず、正しいと思ったことは発言できるフラットな空気感、社内コミュニケーションの一環でゲームをしているという自由な雰囲気。

面接が終わる頃には「ああ、ここしかない」と確信していました。

社員もインターンも関係ない、
枠に囚われずとことん挑戦できる

入社後、まず経験したのはメディアの改修やサイト構築でした。WordPressで機能を追加したりUIを実装するなど、実際に役立つスキルが身につく手応えを感じました。

3ヶ月も過ぎ、職場に馴染んでいく中で、記事内の文章が薬事法に抵触しないかどうかのチェックについて、社内で課題があることをわかってきます。

私に何かできることはないかな、と必死で解決策を考え自らミーティングを設定。入社前から独学で培ってきた知識を元に課題をロジカルに整理。私主導で「薬事表記チェックツール」の構想を練ることになったのです。

アルゴリズムは、社員もインターンも、仕事する上では立場は一切関係ありません。入社まもないインターンの私でも、「一緒にチャレンジしてみよう」と快くプロジェクトを任せてもらえました。

続きはこちら https://recruit.algorithms.co.jp/interview/

株式会社アルゴリズム's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more