1
/
5

不在着信から始まった、採用までの怒涛の9日間

この春mtc.に正式に入社致しました、
新入社員(弊社ではスプラウトと言います)第1期生の佐藤祐衣です!

社内ではゆいちゃん、ゆいぴ、ぴさん などと呼ばれています!

ここに来るまでにはおかしなことがたくさんありましたので
皆さんに共有(密告)したいと思います!

2020年、9月8日突然の電話から。(1日目)

卒業制作のため、作家さんのアトリエで住み込みで作品制作をしていた最中、
あるお姉さまから急に電話が来ました。

実際の当時のLINEのスクリーンショット。
この文章から私は察しました。何かあると。

電話の主は弊社ディスカバリークリエイターのすみやさん。

(記事内では社内メンバーをさん付けで呼ばせていただきます。)



3分と言われていましたが、結局21分話しました笑

すみやさんと同じプロジェクトに参加していたことがあり親交のあった私に、
mtc.の採用合宿を受けないかというお誘いでした。


問題はここからでした。

「来週月曜から採用合宿で、東京来れる?」

え、急すぎるw

(私は札幌、会社は東京です)

「1週間会社に泊まってもらおうと思ってて」え、1週間も?

会社に泊まるってどういうこと?

いろいろ驚きや疑問はありましたが笑
何より私を候補に選んでくれたことが嬉しくて、行きます!と返事をしました。

2020年 9月14日(電話から6日後)

合宿のために東京へ上京。ドキドキでオフィスへ。(建物が分からなくて迷いました。w)

代表のトオルさんは思っていたよりもずっと話しやすい方で、暖かく迎えてくださいました。

採用合宿の内容は、実際に分析を行い、社内で成果を発表し、合否を決めるというものでした。

え、てか面接しないの?

他の会社を面接で落ちてきた私としては、ちょっと安心。でも、実力勝負…

初日から実際に分析に取り掛かりました。

え、実際のユーザーのデーター使うの!?

就活をしてきた中で、こんなに実務に近い形で採用試験を受けたことはありませんでした。
だからいきなり試験を受けた私自身も、mtc.で働くイメージを想像しやすかったです。

合宿中はUber Eatsでランチを頼んだり、お昼寝をしても良かったり、社員同士が下の名前で呼び合っていたり社風にも驚きの連続でした。

2020年 9月17日(電話から9日後)

4日間取り組んで、分析結果最終発表の日。
今まで分析はあまりやったことがなかったけれど、
自分なりに納得のいくところまでやりました。

最終発表が終わり、すみやさんと号泣していたら、トオルさんに呼ばれました。
「話し合った結果、ゆいちゃんに、一緒に働いて欲しいと思っています。」

…………はや!!!

普通、採用試験って、4、5回いろんな人の面接受けてやっと採用までたどり着くものですよね!?
驚きのスピード感。

だけど簡単に決めたわけじゃなくて、
きちんと見てくれて考えてくれて、出してくれた答えだっていうことが伝わりました。
なので私もその場で「よろしくお願い致します。」とお答えしました。

人生が大きく変わった9日間でした。

9月8日に初めて電話が来て、9月17日に内定。驚きの連続だった私の採用合宿でしたが、
先行フローなんて無い、普通じゃない採用の仕方がmtc.らしいなと今では思っています。

この新卒採用のmtc.視点の記事はこちらから

3月9日に行われた入社式も、かなり普通じゃなくて最高だったので、
是非こちらの記事もご覧ください!

株式会社mtc.'s job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more