1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

『新卒の2人に聞いた!』スタートアップベンチャーの嘘・ホント!



皆様、こんにちは!マーケロボ内定者インターンのりんです🌸

本日のトピックは、、、、、!

『新卒の2人に聞いた!』スタートアップベンチャーの嘘・ホント!

でございます!!!インターンの私が、マーケロボで活躍している新卒のお二人にインタビューをして、皆様が気になるであろうスタートアップの真実を語っていただきました👏👏👏(この記事がベンチャーを目指す新卒の皆への永久保存版になる予定です♡)


本日インタビューに応じてくれたお二人です!お二人とも優しくてカッコよくて面白い最高の先輩社員です。そして気遣いが本当にすごいんです。


自己紹介のnoteを先に読むと今日の記事を100倍楽しんでいただけるのではないかと思うので是非!



▼藤井良太 カスタマーサクセス




▼中谷京介 インサイドセールス




今回の企画では、ベンチャー企業の実情を知るため、お二人には3つの質問に ”ウソ”か”本当”で答えてもらっています。


どんな回答になるんでしょうか、、、!それではスタート!



目次

  1. Q1.スタートアップ企業では新卒がありえないスピードで成長できるって本当?
  2. Q2. 入っていきなり現場に放り出されるって本当?
  3. Q3. 業務がめちゃくちゃ忙しくてプライベートがなくなるって本当?



Q1.スタートアップ企業では新卒がありえないスピードで成長できるって本当?


どーーーーーーーーーーーーーーーんっ


(京介さん(右)ドヤ顔?笑)




京介さん:ホント

他社のことはよくわからないけど、同期の友達と話していて思うのは、仕事に対しての視座の高さや責任の大きさは決定的に違うかな、と思います!

大手の場合は、時間をかけて研修をして確実にステップアップしていくイメージだと思うけどマーケロボだと、階段を積み上げていくというよりも、階段を自分で見定めて、足場を確かめていくところからはじまる。

自分がどうとかよりも、周りの人がどう考えているか、とか組織がどう考えているかということを考えながら、”自分もこうなりたい”という意思の元に行動することができる。人間としての成長度がとても感じられると思いますね。



良太さん:ホント

成長スピード、、、成長スピード、、うーーーん!(10秒考える)

主観でいくと成長スピードは早いと思います!!!やりたいことに対して「それいいね!」や「やろう!」という声が多く、否定されることはあまりないので、取りに行けばやらせてもらえる環境がある。けど、逆にいうと自分から取りに行かないと、この環境を生かすことは難しいとは思います。



Q2. 入っていきなり現場に放り出されるって本当?



これまたどーーーーーーーーんっ


おっこれまた2人とも一致ですね!(写真から伝わると思いますがお二人はとても仲良しです🌸)



京介さん:ホント

これは本当ですね〜(笑)でも研修はもちろんあります!マーケロボの事業についてや、競合他社、業界に関して学ぶなどの基本的な研修をします。(ちょっと変わった研修も京介さんのnoteに載ってるのでご覧ください♡)

オンライン上のZOOMで一週間、研修が行われたのですが量感もとても丁度よかったです。

研修後の一ヶ月はコンサルティング事業部に配属になって資料を作成したり、ミーティングに同席して議事録をとったりしていました!

その後、いきなりケータイ渡されて、明日から電話かけてね!と!笑(セールスに移動)

もちろん、必要なことは教えてもらえますよ!笑 自分で調べて〜とかではないです。ただ、マーケロボは基本的に”現場で学ぶ”という考え方を大事にしていて、特に営業チームは現場で戦っている人の視座を培うことを重要視しています。お客様の気持ちを知ることや声を聞くためにこういうやり方になっているのかな、と思います。



良太さん:ホント

すぐに現場へ放り込まれるとはいえ、研修もあるし、最初は議事録をとったりして業務に慣れる時間がありました。その後はお客さんの対応、最初はメール対応などを行って、そのあとは実際にお客さんとのやりとりがすぐに始まりました。

もちろん先輩たちは全力でフォローしてくれるし、現場に出るタイミングこそ早いけど、そこで一旦吸収してやってみて分からなかったら何度でも上司に聞いて成長できる環境はしっかりある。最初の成長スピードのところに繋がってきますが、そういったところはマーケロボのいいところなんじゃないかと思います。



Q3. 業務がめちゃくちゃ忙しくてプライベートがなくなるって本当?


(京介さん、良太さんの回答をチラッ)



京介さん:ウソ(半分ホント?)

勉強のために本を読んだり、っていうのは業務時間内にしようとすればできるけどしない。だから、どこまでが業務でどこまでがプライベートなのかっていうのは結構分けにくいかもしれない。

プライベートで仕事につながる時間っていうのはすごく多いと思います。でもそれは全然苦ではないし、お客さんの力になりたいっていう気持ちが強いので自分の知識をもっと増やしたいといつも思っていますね!

プライベートでも営業スキルって生かせるし、仕事で得たことが日常で生かせる瞬間ってたくさんあるので、日常でも仕事を意識するし、仕事でも日常を意識する瞬間が多いです!


その点では仕事とプライベートは融合してますね!



良太さん:ウソ

プライベートの時間は全然作れます!何か予定があったり、遊びに行くとか自由に時間は使えます。仕事を強制されるっていうことはまずない。

でも、結局お客さんの対応を平日にするので、自分のスキルアップの時間は基本的には時間外にとることになりますね。そういう面ではプライベートの時間でも仕事のことを考える時間は結構あるかも!

それって仕事のためでもあるけど、結局は今後の自分の人生のための勉強でもあるので、”仕事をしている”っていう感覚ではまったくないです!


----------------------------------------------------------------------------



以上、3つの質問におふたりに答えていただきました!!!!みなさんのスタートアップへの疑問、イメージが少しは変わりましたか?もしかして確信に変わった方もいるかもしれないですね・・・!



最後に ”マーケロボのここが好き!” をお二人に伺いました!



こんな素敵なメンバーと働きたい!この記事を読んでスタートアップで働きたい!と思った方はこちら!採用サイト と web説明会の応募サイトです▼




この記事を書いた人、気になる!と思った方は是非私のtwitterもフォローしてくださると泣いて喜びます♡

                   ▼▼▼▼▼


それではまた次の記事でお会いしましょう〜!

Marketing-Robotics株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings