1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

銀行から真面目へ転職!土日を楽しみに過ごす社会人になりたくなかった。ビジネスプロデュース部の中嶋愛莉さんにインタビュー!!

こんにちは。経営企画部でインターンをしている石井です。

今回はビジネスプロデュース部の中嶋愛莉さんにインタビューをしました!



自己紹介をしてください!

秋田県出身で、秋田県育ちです。

私はクロスカントリースキーというスポーツを17年間やっていました。なので、クロスカントリースキーの強い高校に入り、大学でもずっとスキーに打ち込んでいました。

スキーを引退して就職することを決めてからは、地元に帰って銀行員として2年半働いていました。そこから転職をして今年の11月からこの会社に入社しました。


なぜ銀行から真面目社に転職を決めたのですか?

元々映像や写真を取られる仕事をしていた時期があって、そこからクリエイティブなことに興味を持ちました。クリエイティブなことに、形を変えて携われるっていいなって思ったからです。あとは銀行に勤めている時は、土日を楽しみに生きる会社員だったのが嫌でした。なので、プライベートと仕事の境目があまりないような自分が一番楽しんでやれる仕事がしたかったからです。



真面目社を転職先に選んだ決め手はなんですか?

まず第1に自分が携わりたい業界だったということ。あとは、カジュアル面接をした時の雰囲気だったり、ホームページ、 Instagram から伝わってくる社風が自分と合っているなと直感で思ったからです。


今の仕事内容は?

まだまだこれからだけどアズサさん(社長)と一緒に商談先に行ったり、リサーチとか資料作りとかそういう基本的なことです。今後、プロジェクトの進行管理などを徐々に学んでいく感じです。



入社後のギャップを教えてください!

想像以上にスピード感が早い!並行して何個も仕事を掛け持ちするから、頭がパンクしそうになる。あとは、現場に行くまでの事前準備が大変だなと思った。銀行員の時のようなルーティンワークじゃないからすごく大変だし、転職するときに大手からも内定も貰っていたから、そっちにすればよかった!と思う時もあるけど、自分の「楽しい」だったり「やりたい」を優先させてるから、大変だけど楽しいかな。


真面目社を1言で表すと!

1日100笑い起こる会社です!!!

株式会社真面目's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more