Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

就活の挫折から辿り着いた“劣等感をくすぐり続けてくれる”会社【2019年内定者インタビュー】

平川優一郎(ひらかわ ゆういちろう)

東京都出身。立教大学経済学部経済学科。スポーツ一家に生まれ、幼少よりバスケットボールとサッカーに熱中する。そして、バスケットボールで強豪校の國學院久我山高校に進学、高校でのバスケットボールの不完全燃焼を払拭するため、立教大学へと進む。

小さい頃から高校生までは一言でいうと「目立ちたがり屋」。学級委員や運動会実行委員・部のキャプテンなどを兼任し多くの人に認めてもらうことに喜びと達成感を感じていた。しかし、高校ではバスケの強豪校に進学したため、実力主義で動くチームメンバーに埋もれてしまった。高校のバスケ部のキャプテンになって初めて「みんなを前で引っ張ることだけがリーダーではなく、裏からチームを支え、屋台骨になることもリーダーのあり方である」と気づいた。この経験から日々リーダーシップを発揮できるようにさまざまな活動に取り組んでいる。

-就活での企業選びの軸を教えてください

就活を始めたのは3年生のサマーインターンからで、当時はいわゆる大手志向でした。僕の周りでは、大企業に受かるととにかくちやほやされる空気があって。僕は目立ちたがり屋ですし、周りの人から「凄い」と言われたい一心で大企業ばかり受けました(笑)。

でも、やっぱり人事の方は、この会社に本当に入りたいわけじゃない学生はわかるんでしょうね。最終面接までは行くんですけど、そこでことごとく落ちました。今考えると、高校時代のキャプテンのときと同じように、目立ちたいという動機で行動してるものの、周りのレベルに埋もれるっていう感じですよね。

僕はその時大手企業に内定してチヤホヤされている友達にすごく嫉妬していました。こんなはずじゃないって。

そこからの就職活動は「こいつらには負けたくない」という思いでとにかく成長できる環境を求めましたが、一通り選考に落ちてしまいました。就活浪人でもしようと落ち込んでいるときに出会った会社が、このエムスリードクターサポートです。

きっかけは高校時代の先輩からさそわれて説明会に参加したことです。それまでベンチャーにはまったく興味はありませんでしたが、その時すでにエムスリードクターサポートの内定者だった同期と話をして、衝撃を受けました。「自分は何をしたい」とか「こんな夢があってこの会社を受けた」という想いがすごく明確だったんです。

また、悩んでいる自分にも本気で向き合って考えてくれ、そんな夢や目標を持つ人が集まる「ベンチャー企業」に次第に惹かれていきました。



エムスリードクターサポートに入社を決めた理由を教えてください

一言で言うと、「自分が一番頑張れる環境」だと思ったからです。どういうことかと言うと、自分がこれまで一番成長を実感したのは、劣等感をバネに死ぬ気で頑張ったときでした。

同期や社員の皆さんと会って一番劣等感を強く感じたんですよね、「圧倒的に自分が一番下だな」と。だからこそ高い成長角度を持てると確信しました。また、面接を担当してくれた人事の方が自分と似ている価値観を持っていて、そんな自分と同じ考えの人が活躍しているという、ロールモデルを見つけたことも理由です。

もちろん医療を支えるという事業自体にも大きな魅力を感じました。

医療従事者の皆さんは人の命を救うために必死で頑張っておられますが、本人たちご自身にはあまり光を浴びる機会がないと感じています。そんな日本を裏で支えている人たちが安心して目の前の患者さんに向き合えるような環境を提供したいと思いました。医療従事者の皆さんという日本の屋台骨の、さらに屋台骨になるイメージですね。



入社後にやりたいことや将来の夢を教えてください。

入社後はとにかく、「リアルな現場」で働きたいです。僕は自分が経験して問題意識を実感しないと、没頭することができないタイプです。頭でわかっているだけじゃ駄目なんです。だからこそ、自分の肌で現場の課題意識を感じ、それに真っ向から向き合っていきたいです。

具体的にこれがやりたいということは決めてないのですが、経験しなければ分からないことはたくさんあると思うので、焦らず自分の本当にやりたいことを探そうと思っています。

将来の夢は、闇にいる人に希望を届けること。

自分は過去にたくさんの挫折を経験し、何度も闇を見てきました。それでも逃げずに、目の前の現実と向き合って周りに助けられながら必死に生きてきました。何かのきっかけで希望が見え、頑張って這い上がっていく人はたくさんいます。自分がその這い上がるきっかけをつくれる人になって、希望を届けたいと思っています。

そのためにも、社会的な知名度を高め、こんな僕でも成功することができるという一つのロールモデルを作りたいです。こんなことを言っていますが、きっとこれからも大きな壁にぶち当たって、毎晩泣くと思います(笑)それでも逃げないで進み続けたいです。

何を言うかよりも誰が言うかが大事だと思っていて、その「誰が言うか」の部分で影響を与えられる人になりたいです。

これから就活に臨む学生さんにメッセージを。

大そうなことを言ってきましたが、大学時代は酷い生活でした。毎週飲み会を開いては潰れて、授業は午後からみたいなチャランポランな大学生です。そんな僕が伝えたいことは2つあります。

1つ目は、「選択肢を狭めないでほしい」。

僕は最初、大手志向でベンチャーはまったく見ていませんでした。しかし結果的にはベンチャーのそれも創業4年目という会社に入ります。やはり自分が経験しないぶんには合っているか合っていないか・好きか嫌いかなど、本当にはわかりません。それは周りの人の経験というフィルターを通して見ているだけなのです。だからこそ食わず嫌いをせずに色々経験して、その中から自分で選んでほしいです。

2つ目は、「自分に素直になってほしい」。

僕が大手企業の面接で落ちたのは、自分のことを素直に話していなかったからだと思います。やりたくもないのに、チヤホヤされたいという理由で受けてくる人なんて向こうも採用したくないですよね。だからこそ自分に素直になって、本当にやりたいことや気持ちを考え、それを大事にしてください。心から思っていることを話して落ちるのは、その会社に縁がないだけです。もしくは、単純に自分の伝える技術がないせいです。ありのままの自分を話し、それを受け入れてくれる人たちを大切にしましょう。

僕の話で少しでも気づきや発見をお届けできたら嬉しく思います。

皆さんの就活の成功を願っています。


******

現在、エムスリードクターサポートで募集中のポジションは以下をご確認ください

オープンポジション|日本と世界の医療を変える、医療経営コンサルティング会社

新卒が事業の中核を担う!医療に変革を起こす新卒募集

急成長ベンチャーの次世代労務チームを創るリーダー候補

年300名を採用する採用チームを支える人事部採用アシスタント

数値から医療機関の経営をサポートする経営管理/経営企画

医療をリブランディングするマルチに動けるWEBディレクター

未経験から医療現場を支える役割を担う訪問診療サポートスタッフ

地域と医療機関を繋ぐメディカルコーディネーター

急拡大の在宅医療支援部門を支えるアシスタント

エムスリードクターサポート株式会社's job postings
Anonymous
9ba951d0 d2d1 4abd 8974 37a25b53424c?1554578258
Picture?height=40&width=40
12742750 10209129012007264 5843632717883412197 n
30146f1d a612 479d a43a 1ad57d6fcb9d?1527592388
4 Likes
Anonymous
9ba951d0 d2d1 4abd 8974 37a25b53424c?1554578258
Picture?height=40&width=40
12742750 10209129012007264 5843632717883412197 n
30146f1d a612 479d a43a 1ad57d6fcb9d?1527592388
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon