Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

在宅医療をもっと世の中に広めたい。マーケ×医療をキーワードに闘う元フリーランスの決意

株式会社シーユーシー(旧社名:エムスリードクターサポート株式会社、以下CUC)で働く「中の人」を取材するこの企画。今回は、広報・PRを担当する青木昂彦さんをご紹介します。

新卒では広告代理店でのセールスプロモーション分野の企画営業。のちに大手人材会社へ転職し採用プランナー、スタートアップ創業メンバーなどの経験を経て、独立。フリーランスで、医療介護に特化してマーケティングや採用活動の支援を行ってきた青木さん。

フリーランスとして順調だった彼が、なぜ再び会社員として働く決断をしたのか。また、なぜその活躍の場としてCUCを選んだのか。ご本人に伺いました。

____ これまでのお仕事について教えてください。

元々、人を集めて楽しんでもらうことが好きだったんです。高校・大学で吹奏楽部だったのですが、楽器よりも実は演奏会を計画したり、演奏者や観客を楽しませるイベントを考える事が楽しかった。それでイベントや企画を仕事にしたいと思って新卒で広告会社を選びました。

社会人2年目の時、戦略を決める上流の意思決定に関わりたいと思い、大手人材会社に転職しました。当時新規事業だったスカウト型求人サービスのプランナーとして、企業の採用課題に対してベストな人材マッチングを実現する仕事はとても面白かったです。ただ、採用活動の完了と同時にプロジェクトは終わってしまうので、採用後の活躍までなかなかフォローできないもどかしさを感じていました。

30歳を迎えたころ、やりたいことがたくさん積み上がっていたので、前職を退職して、いろんなチャンレンジをしました。その中で一番今に繋がっているのが、医療業界向け教育支援のスタートアップへ参画した経験です。

もともと採用後活躍にコミットした仕事をしたいと思っていたので、自分が前職で働いていた時、人材の受給バランスが崩れていて一番採用・定着に苦戦していると感じていた医療業界に対して何かできないかと考えたのがきっかけです。

ここでの経験を踏まえて、2017年からフリーランス活動を開始。医療・介護業界の企業・法人に特化してマーケティングや採用の企画運用支援を行っていきました。お客様に恵まれたおかげで、プロダクトのプロモーションやオウンドメディアの企画運営、介護施設の立ち上げ、法人ビジョン浸透のための社員研修まで、短い期間で色んな仕事を経験することが出来ました。


____ 幅広い活動をした中で医療・介護分野に本気で取り組もうと思った理由は?

医療の仕事に取り組み始めた矢先に親族がガンになり、在宅医療に触れたのが大きかったですね。見つかった時点ですでに進行していて、すぐに手術・入院となりましたが、ずっと「家に帰りたい」と言っていたんです。

当時の私は在宅医療について無知でしたのでガン末期で闘病中に家で生活するなんて、当然できるわけないと思っていました。

けれど、亡くなる直前でしたが、自宅に帰ってしばらく生活できたんです。身内はみんな心配していましたが、本人は本当に嬉しそうでした。もっと早く在宅医療のことを理解出来ていれば「家に帰りたい」という願いを早くに実現できたかもしれない、と大きな後悔が残りました。

こんな経験から、在宅医療をインフラとして整える仕事に取り組んで行きたいと思ったんです。

____ フリーランスからCUCに入社した理由を教えてください。

私がやりたいと考えていた事を実現できる会社だからです。

私がやりたいことは「在宅医療を世の中の当たり前にすること」。そのために「医療業界で働く人たちが幸せに働ける状態を作ること」です。

医療業界に関わる中で、この想いがどんどん膨らんでいたので、フリーランスとして活動を続けるよりも、すでに在宅医療に対して多くのソリューションを生み出し成長を続けているCUCがやりたいことへの最短ルートだと考えました。

とはいえ、フリーランスの最大の魅力は「自由」なので、実際には決断までかなり迷いました。機嫌よく働いて日々食べていくことだけを考えれば、フリーランスでもなんとかなるだろうという自信もありましたので。

ただ、フリーランスをしていた自分が言うのもおかしいですが、CUCは、すごく自由なんです。もちろん様々な法律や制度が絡み合う業界で仕事をするので気を使うポイントはたくさんありますが、働き方の点でいうと、日々の仕事の組み立て方も自由度が高いですし、社内起案も非常にフラット・スピーディにできます。入社したばかりの私がこの仕事担当していいんですか??なんてこと、すでに何回あったか(笑)

この会社と出会わなければ、多分今もフリーランス活動を続けていたと思います。


____ 今後、具体的にはどんなことを実現したいですか?

まずは、医療機関の採用マーケティングですね。

医療・介護業界の採用活動は改善の余地がたくさんあります。そこをクリエイティブやPR、デジタルマーケティングも駆使して改善していきたいと考えています。

そこから最終的に実現したいのが、医療機関の採用費用の適正化。現状では職員採用に費用がかかりすぎているので、採用フェーズの費用を適正化して、職員定着や満足度向上のためにお金を使えるようなっていただきたいと思っています。

例えば、医療職の採用をする時、給与や福利厚生などの条件面ばかりを訴求してしまい、結局人が集まらない・定着しないことがよくあります。でも、たとえ駅から遠い場所で、給与待遇で目立った情報がなくても、医療方針や病院戦略・風土・院長自身の魅力など医療者にとって魅力的な病院はたくさんあります。こうした病院ごとに異なる価値を、届けたい人に向けてきちんと届けられれば、自然と優秀な人たちが集まるはずなんです。

採用マーケティングといってもいろんな切り口があります。採用サイトやパンフレットなどのクリエイティブ改善、SEOやWEB広告施策の導入、アドテク活用なども守備範囲になります。やれることはたくさんありますね。

医療に本気になれる人と一緒に、熱く働きたいですね!


******

現在、株式会社シーユーシー(旧社名:エムスリードクターサポート株式会社)で募集中のポジションは以下をご確認ください

オープンポジション|日本と世界の医療を変える、医療経営コンサルティング会社

新卒が事業の中核を担う!医療に変革を起こす新卒募集

年300名を採用する採用チームを支える人事部採用アシスタント

数値から医療機関の経営をサポートする経営管理/経営企画

医療をリブランディングするマルチに動けるWEBディレクター

未経験から医療現場を支える役割を担う訪問診療サポートスタッフ

地域と医療機関を繋ぐメディカルコーディネーター

急拡大の在宅医療支援部門を支えるアシスタント

株式会社シーユーシー's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings