This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

就職活動でよく言う「成長したい」の「成長」って何?新卒入社社員に聞いてみた

こんにちは!エムスリーキャリア新卒採用担当の林田です。

就職活動において、企業選びの決め手に「成長できるか」を挙げる学生さんが多くいらっしゃいます。
「成長」ってよく聞く言葉ですが、その定義は人によって違いますよね。
そこで、今回は「成長」が就職活動で企業選びの決め手だった、新卒入社の佐藤さんにお話を聞きました。

佐藤 譲(さとう ゆずる)
埼玉県出身。駒澤大学経済学部卒業。学生時代は腕時計販売のアルバイトに力を入れ、2017年に新卒でエムスリーキャリアに入社。現在は薬剤師キャリア事業部パート派遣グループでサブチームマネージャーとして薬剤師の転職支援とチーム運営を担当。2018年上期には顧客満足賞最優秀賞を受賞。


―安定を重視していたからこそ、自己成長が必要だと思った

林田:佐藤さんは「成長できるか」が入社の決め手だったと聞きましたが、就職活動時にイメージしていた「成長」ってどういうものでしたか?

佐藤:できないことができる状態になるのを繰り返していく中で、周囲から認められて自分の存在価値が上がっていくことが「成長」だと思っていました。

林田:そうなんですね。「成長できるか」を企業選びの決め手にしていたのはなぜですか?

佐藤:漠然と自分の中で安定性を重視していたのだと思います。就活を進める中で、大企業に入っても一生安泰じゃないというのがわかり、企業に安定性を求めるのは難しいなと感じました。だからこそ企業に対してではなく、自分の中に安定性を求めることが必要だと強く認識し、そのためには多くの経験を早く積んでいくことが大事なのではと考えるようになりました。

自分の中に経験とスキルがあれば、この先何があっても安定して働くことができるだろうと思って、「成長できるか」を決め手にしたんです。

林田:就職活動ではエムスリーキャリアの他に、大手総合人材サービス企業からも内定が出ていたんですよね。なぜエムスリーキャリアであれば「成長できる」と感じたのですか。

佐藤:理由は2つあります。
1つは、ベンチャー気質が強い会社であったこと。私が選考を受けていた時は設立7年目で、新規事業をどんどんやって伸ばしていくよという状況でした。医療自体がこれから伸びていく分野で、その中で私たちが担える範囲も広いし、そうなると新しいポストもどんどん増えるのだろうと。そういう環境であれば自分の経験値も早く上げることができると考えました。

林田:まさに今も新規事業が立ち上がっていますもんね。2つ目は何ですか?

佐藤:社内の人たちです。当時選考で3daysインターンがあり、課された目標が達成できないときに、できない理由だけに終わらず、どうしたらできるようになるかを中心にして一緒に考えてくれる社員の人がたくさんいて。前向きな考えを持っている人が多いなと刺激的でした。前向きで優秀な人たちと働くことで、成長速度を上げられると感じたのが大きかったです。

―イメージ通りにはいかなかったけど、先輩の言葉を胸に、継続することで道が拓けた

林田:入社3年目を迎えて、「成長」についてはイメージ通りの状況ですか?

佐藤:正直に言うと、そうではありません。
入社前のイメージでは、3年目でマネージャーになっているのが理想だったのですが…。

今の役割は営業として成果を上げることと、サブチームマネージャーとして、チーム内の1ユニットの売上管理を担うことです。ユニットは私も含めて3人のメンバーで構成されています。

林田:「成長」を実現するうえで、大変だったことはありますか?

佐藤:自分との向き合い方に苦労しました。

林田:自分との向き合い方とは?

佐藤:入社当初は結果が出ず、同期や先輩と比べて落ち込んでいました。その中で、当時同じチームのマネージャーや先輩が「佐藤くんだったら絶対大丈夫。大器晩成型だから。」と言ってくれて。

林田:先輩たちが励ましてくれたんですね。

佐藤:でも当時は早く成長したいし、大器晩成なんて嬉しくないよと思ってしまったんですが(笑)、その言葉でちゃんと自分の等身大の姿を認識することができるようになりました。これが大きなきっかけになりましたね。

林田:そこから1年で顧客満足賞最優秀賞(500名超の社員の中で、クライアントから最も高い評価を得ている社員1名に贈られる賞)に辿り着くのは、すごい成長ですね。

佐藤:自分の等身大が分かったことで、どうしたらよいかが明確になり、改善を図ることができたんです。

具体的にやっていたことは2つあります。1つは人のやり方をまねたこと。高い成果を出している先輩がやっていることを自分でも試して、蓄積して、さらに実践して、ということを繰り返しました。

もう1つは、お客様である企業の採用担当者様や求職者様が何を求めているかをより重視して行動したことです。

林田:佐藤さんは取引先の企業様からの評価も高いですよね。

佐藤:採用担当者様からお褒めの言葉を頂けるのは本当にありがたいです。担当エリアが変わっても、以前やり取りをしていた担当者様から連絡をいただけることがあるんですが、これまでの積み重ねで自分を頼りにしてくれているんだなと感じられて嬉しいですね。

―今後はより気持ちを強く持って挑戦していきたい

林田:現在イメージする「成長」って何ですか?

佐藤:就活の時に考えていた「成長」と根本は変わりませんね。ですが、それに加えて、自分が取り組んでいることにどういう意味があるのか、進む方向の意味付けができるようになってくると、もっと心から成長できると考えています。

林田:今後やりたいことを教えてください。

佐藤:チームを任されるとか、重要なポジションを任されるようになりたいです。マネジメントにとても興味があります。

林田:どういう点に興味を感じていますか?

佐藤:より大きな価値を生み出し、そこに喜びを感じられるのではないかというところですね。
例えば、一人のコンサルタントが生産性を高めて成果を出せている状況よりも、マネジメントを通して全員の生産性を上げていけたほうが、価値としては大きいと思うんです。

林田:実現に向けて、これからの計画を聞かせてください。

佐藤:本来、私はリスクを取りに行くことに対して不安を感じるタイプなんです。でも、できる状態になるには挑戦しないといけない。今後はより気持ちを強く持って挑戦することを意識していきたいと思っています。

チャンスがあったときに手を挙げるというだけではなく、常に自分でチャンスを探しながら取り組む姿勢でいきたいですね。

林田:常にアンテナを張って行動することで、佐藤さんの「成長」がより実現できそうですね。本日はありがとうございました!

エムスリーキャリア株式会社's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings