1
/
5

B2Bマーケター必見! フリーメールを簡単に排除する方法!

すっかりこの呼称が定着したマーケティングロックスターの池上です!(でも音楽はジャズやヒップホップ、EDMを聞いてることが多いというのは、知らなくてもまったく損しないしテストにも出ない事実です。w)

さて、今日はMA(マーケティングオートメーション)にまつわる比較的ピンポイントなネタです。

この仕事をしていると、B2Bマーケターからよく受ける相談事があります。
フリーアドレスを使ってメルマガ登録などをしてくる人を簡単に排除する、うまい方法はないですか?」というもの。
要するに、GmailとかYahoo!メールとか、そういうものを排除したい、と。

聞けば、理由はみな同じ。
商材がビジネス向けであり、きちんと会社のアドレスを登録してくれる人にしか情報を出したくないから、というものです。

気持ちはわかります。とてもよくわかります。
わかるんですが…… 排除したところで、百害あっても一利もありません!(えーー??)
そうなんです。本当はフリーメールアドレスを排除する方法なんて教える気は毛頭もなく、排除しちゃいけない理由をこれから説明しちゃうんです!

今は買わないからって排除していいの?

フリーメールを排除する、というのはどういうことなのか、現実世界になぞらえて考えてみましょう。
それはお店の入り口に「買う気のある方以外の入店お断り」というサインを掲げていることと、まったく同じなんです。

気持ちはわかります。
リアル店舗だって、本当は買う気がある人だけ来てくれたら嬉しいんです。
でも、そうじゃない人を排除はしません。

それは、なぜ?

簡単なことです。
「今日は」買わないだけ、あるいは一度現物を見てみないと本当に欲しいかどうか判断がつかないだけ、かもしれないのです。
今日は見るだけ。買うのは別な日。
でも、買わない人と、いずれ買う人を見分けることはできないので、とりあえず分け隔てなく入店させてあげますし、接客もします。

フリーアドレスが必要な状況って?

その人が会社のメールアドレスを使わない理由はいろいろあります。
会社のアドレスを使ったばかりに、すぐに営業コールかかってきたら嫌だと思っている可能性もありますし、単に会社のメールボックスで私的に興味があるメルマガを受信したくないだけかもしれません。
企業によっては、受信サーバーがHTMLメールの画像あるいはHTMLそのものを剥がしてしまうところもあり、個人的な情報収集のために私用のフリーメールを使っている、なんていうケースもあります。

いずれにしても、フリーメールを使う意図が不明な以上、ただ排除してしまうのはもったいない
お店に「買う方以外の入店お断り」と買いたら、確実に売上は減りますよね。
同じことなんです!

ある程度の情報は漏れると覚悟しよう

一方で、同業者がフリーメールを使ってこちらの資料や情報を手に入れようとしているのでは? という可能性を懸念する方もいます。
でも、

商売やってる以上、それはどうしようもないことですよね。

自動車メーカーでは、わざわざ他社製品を購入して全部バラして調べるとも聞きますし、実際その手の試みを撲滅するために労力を費やしたとして、完全に防止することなど不可能です。
ルシダスのコンテンツも同業者が欲しがりますが、そうやって他社の情報を盗んで勉強をして、魅力を感じて転職してくることもあるわけで……マイナス面ばかり気にしていても始まらないんです(でも本当の手の内、コアとなるノウハウはそうそう簡単には公開しませんから、大丈夫!)。

さて、ここで問題!
B2B商材の購入意思決定者がソーシャルメディアを利用するとき、会社のメールアドレスとフリーメールアドレス、どっちを使うと思いますか?
そう、会社のアドレスは使いませんよね。
フリーメールアドレスはターゲティング広告などにも非常に有用なので、排除するのはもったいないのです!

そして最後に。
フリーメールアドレスとは違う、「捨てアド」というサービスも世の中にはたくさんあります。
これは5分だけ、あるいは30分だけといった感じで、一定期間のみ有効なメールアドレスです。
登録は簡単。そして時間がくれば勝手に消滅します。
こういうのはさすがに排除したい部類に入ると思いますので、Marketoを使って取り除く仕組みが知りたい方は……下のフォームからこっそりお問い合わせください♪

*こちらの記事は2018年7月13日投稿のブログ「B2Bマーケター必見! フリーメールを簡単に排除する方法!」(https://www.lucidas.co.jp/b2b-freemails.html)より転載しています

株式会社ルシダス's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more