1
/
5

あなたがPPTで作りたいのは資料?それともプレゼン?

こんにちは!
たまに本社旭川へ帰ってくる弊社マーケティングロックスター、最近、頭の上のヤドカリ(長いドレッドヘアをグルグルお団子ヘアにしていますが、もはや団子ではなくあの海のヤドカリレベル ww)が成長している……と地味に観察している高橋です(つぶやいたらバレた、汗)。

そのロックスターから、入社して早々に

プレゼン資料、PowerPoint(以下「PPT」)で作ってね! あくまで紙芝居みたいな感じで〜!

と指令が出ました。

「え?」と思いつつ、つい、「はい!」とは言ったものの(はいと言うしかない状況)。
いったいどんなものを作ったらいいの!?

そのPPT資料、プレゼンの主役になっていませんか?

ということで、プレゼンでよく見る資料を思い浮かべみたところ、頭に浮かぶのは、文字がいっぱいの 「The 資料」
そしてよく思うのが、「このプレゼン、資料を読み上げてくれているのね」
気がつくと、あ○びも出てきてしまったりして……。

あ、気づきました?

そうです、はっきり言って退屈(私だけ?)。
学生の頃の授業もそうでしたが、面白い内容なら自ずと集中して耳を傾けるけれど、つまらなくなると耳に入らなくなる経験ってありませんか?

そうなってしまったら、せっかくのプレゼンが台無しですよね。
苦労して作られたであろう資料も、無駄とは言わないまでも、「ふーん、そう」とただ眺めるだけのもので終わってしまいます。

聞き手が耳を傾けるプレゼンとは?

プレゼンの主役は、あくまでその語り手。
そして、その補助として、資料が聞き手を惹きつける材料となります。
資料がメインとなっては本末転倒です。

つまり、プレゼン資料=紙芝居でめくられる画用紙のように!

幼い頃に見た紙芝居(すごく昔ですが 笑)、次の画用紙にどんな絵が出てくるのかワクワクしながら、語り手の話に耳を傾けていた感覚……ありますよね?!
素晴らしい内容のプレゼンなら、本当に写真のような画像しか使わない方もいるくらいです。

それには語り手側のテクニックも必要なのですが、それ以前の工夫として、資料作成の段階で注意したい点がいくつかあります。

  • 伝えたいことをすべて書きこまない
  • 文字を極力減らして、シンプルに
  • すっきりした画像を使う
  • 1スライド:1メッセージ

そして、何より念頭におくべきこと。

それは、相手にとってわかりやすく、興味関心を持ってもらえるデザインにすることです。
かっこよく、美しく仕上げることにこだわりすぎないよう気をつけましょう。


the 資料風と、紙芝居風のプレゼン

PPT資料はあくまでサポート役であり、プレゼンの主役は、語り手のあなたです!!


でも、当日参加できなかった方などに向けて、どうしても補足が必要な場合は、プレゼンとは別に配布資料を作成するといいですよ!
そちらは一人歩きしても誤解を生じることがないように、しっかりと必要情報を記載した内容に仕上げればいいのです。

とはいえ、大事なプレゼンなのであれば、関係者には全員その場に出席してもらうのが一番ですけどね。
紙で渡してわかる程度の内容だったら、そもそもプレゼンする必要ないですもんね?

以上、私がプレゼン資料づくりについて思うことをお伝えしました。

突き詰めると奥深いプレゼン資料づくり。
そのコツはまた別の機会にお伝えしたいと思います。

*こちらの記事は2019年8月23日投稿のブログ「あなたがPPTで作りたいのは資料?それともプレゼン?」(https://www.lucidas.co.jp/ppt-presentation-creation-tips.html)より転載しています。

株式会社ルシダス's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more