1
/
5

「このプロダクトを勝たせたい」Rubyエンジニアに火を着けたものとは?

「このプロダクトを勝たせたい」Rubyエンジニアに火を着けたものとは?

今回インタビューを行ったのは、7年近くRubyエンジニアとして活躍してきたスペシャリストの甲斐さん。

入社半年の彼に、転職の経緯やプロダクトの魅力、ロジクラで働くやりがいについて伺いました。

ここなら成長できると感じた、ロジクラの熱量・ロジック・環境。

ーまずは職務内容を聞かせてください。

Ruby on Railsを使ったサーバーサイド開発を中心に、Vue.jsでのフロントエンドのコーディングも行っています。ロジクラでは現状、サーバーとフロントと分業だったり役割分担はせずに、必要なものをみんなで分担している形ですね。

私自信、Rubyは前職でも使っていましたが、Vue.jsはロジクラに入ってから始めたんです。

直近でいうと、先日リリースした有効期限機能の設計・実装を担当しました。食品のように一定期間を過ぎたら破棄しないといけない商品の在庫を管理するための機能です。

今はこうした機能の拡充に注力しているフェーズですね。

ー次に、甲斐さんの転職のきっかけを教えてください。

一言で言うと、より成長機会のある場所を求めていたんです。

最初はSIerでインフラエンジニアをやっていて、アプリケーション開発に携わりたくてRubyで開発ができるポジションを取っていったんです。

そこから2社目のweb系のスタートアップに移ったのですが、そこで事業だったり組織としての停滞感や閉塞感を感じてしまって。開発者として、事業として、もっと成長機会のある環境で働きたいと思うようになりました。

ーその中でロジクラを選んだ決め手は何だったのでしょう?

ロジクラは前職よりもアーリーなフェーズで、まだまだやるべきことも多く、それだけ成長機会も多いと感じたことですね。

エンジニアの榊間さんと高梨さんとも面談をさせてもらって、これまでよりもレベルの高いことをやれそうだと思いましたし、開発の文化を大事にしていることも感じ取れました。

物流業界は未経験なので詳しくは知りませんでしたが、話を聞く中で時流に乗っていて勢いを増していることや、その中で他にはできないことをやって勝ちに行きたいという強い想いは十分伝わってきた。

最終的に「勝ちたい」という熱量と、勝つためのロジック、一緒に走る仲間の人間性が揃っていたことが、決め手になりましたね。


一体感と社会的意義。それがあるから走っていける。

ー実際に入社して半年ほど経ちますが、「ロジクラらしさ」はどんなところに感じていますか?

Slack内のリスペクトチャンネルでお互いを称え合うような取り組みもしていて、一人ひとりが良い雰囲気にしようと努めているなと感じます。部門を超えてコミュニケーションも密に取れていますね。

代表の長浜さんも従業員一人ひとりを大切にしていて、例えば給与明細と一緒にDMも送ってくれたりもするんです。普段業務で直接関わることはないんですが、何かと気にかけてもらっています。

ーロジクラはスタートアップの中でも極めて離職率が低いのですが、その要因はどんな点にあると思われますか?

ビジョンの実現に向けたパッションだったりカルチャーも会社全体に伝播していて、単純に個々の人間性がいいというだけじゃなくて、結束というか一体感があるんですよね。それが離職率の低さにも繋がっていると思います。

ー次に、「インフラとなるプロダクト」の成長に携わるやりがいを教えてください。

開発をする中で、ロジクラがお客様の事業にとって重要な位置を占めていることを日々実感しています。何かあれば業務が止まってしまうわけですし、課題があるなら早く何とかしてあげたいと思う。そういう意味でtoC向けのサービスよりも難易度は高いですし、社会的意義がありますよね。

あとは、例えば在庫データを活用したりとか、これから広げていける領域はものすごく広い。とはいえ現状は、在庫管理の基本機能をまだまだ充実させないといけなくて、要はものすごい可能性を秘めた、手のかかる子供みたいなものなんです。まだまだ手塩にかけて育てないといけない。

愛着も感じますし、機能追加1つをとっても、育てている手応えがありますね。

開発チームとしても、常に技術的負債を解消したり、リリースを早くしようとしたり、スクラムをできるだけ形通りに回そうとしたりと、できるだけベストに近くなるように日々努力していて。ロジクラが世の中の「インフラ」となれるように、みんな同じ気持ちで向き合えているんだなと感じますね。

ー今後ロジクラをどうしていきたいか、甲斐さんの視点を聞かせてください。

「ロジクラを勝たせたい」と思って入社したので、勝つために規模を大きくしていきたい。まずはそれが一番ですね。

その中で、今のスピードだったり、お客様との近さだったり、ロジクラらしいマインドが失われないように走っていきたいと思っています。

ー最後に、今後どんな方にジョインして欲しいですか?

新しく入られる方も同様で、フットワークを維持して機敏に動ける人と働きたいですね。

あとは、アプリケーションを作るだけじゃなくて、インフラ部分も手探りで進めていたりもするので、幅広い経験を積みたい人には特に向いているかもしれません。

スタートアップですし、足りないものを探せばいくらでもあって。「やってやろう」って情熱を注げるかどうかだと思うんですよね。

そんな中で事業の可能性と、僕らの気概とか気骨だったり、人やチームの強さに掛け値を感じてもらえればいいなと思います。

ー甲斐さん、ありがとうございました!

ロジクラのプロダクトやチームに興味を持たれた方は、ぜひ「話を聞きに行きたい」を押してくださいね。

株式会社ロジクラ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings