1
/
5

マッハバイト求人原稿制作オペレーションの未来

マッハバイト開発グループの福田です。

マッハバイトというアルバイトの求人情報サイトはご存知でしょうか?バイトが決まれば最大1万円もらえる、あのマッハバイトです。


マッハバイトに掲載されている求人原稿はどのように作っている?

マッハバイトの求人原稿は、契約企業が提供する求人情報を加工して作ります。

求人原稿の制作は非常に奥が深く、「単純に求人原稿を1つずつ手作業で打ち込んでいる」わけではもちろんありません。

そもそも、求人原稿を掲載開始するまでには多くの工程を経る必要があります。

申込→企業審査→契約締結→求人情報加工→原稿作成→原稿審査→掲載開始

以上のような決まった工程を経るだけではなく、求人企業は様々なニーズを抱えているため、それらのニーズに対応することも求められます。

  • 全国に店舗を構えているため、全店舗一気に掲載開始したい。
  • なるべく早く求人掲載し、なるべく早くアルバイトを採用したい。
  • アルバイト募集要項は定期的に変わるので、その都度求人原稿を変更したい。
  • より自社とマッチした応募を集めるために、原稿内容を定期的に見直したい。

さらに、企業のニーズに応えるだけではなく、求人原稿内容は労働基準法を満たした記載になっている必要があります。

このように、求人原稿を書くためには、色々な要求や条件を考慮する必要があります。

これらを満たすフローとは?効率良い求人原稿作成オペレーションにするには?を考えてオペレーションフローを整えることはもちろんのことですが、「このオペレーションフローでは、どのようなシステムが適切か?」を考えることもとても大切になってきます。


SaaS入れれば一発解決では?

クライアントとの契約や請求などは、SaaSにフィットすることが多いと思いますが、求人原稿制作においてはそうもいきません。

何故ならば、マッハバイト独自で求人項目があり、それに応じたデータ構造や編集機能が必要になるため、世の中一般的な業務を置き換えるSaaSが当てはまりません。

また、求人企業や求職者のニーズは時代の流れとともに変化していくため、求人原稿での訴求方法を世の中の変化に対応させていく必要がありますし、労働まわりの法律改定にも求人原稿内容は左右されます。

そしてオペレーションを組む場合、求人原稿の変化に強くするだけではなく、

  • 制作工数
  • 求人原稿制作時のミスの起こりにくさ
  • オペレーション指標の計測可能性
  • オペレーションの複雑さ

これらの観点でオペレーションを組む必要があります。

「マッハバイトというメディア独自の構造」「世の中のニーズの変化からの影響」「オペレーション設計における複数観点の考慮」これらに対応するためには、ある程度内製でのシステム開発が不可欠です。

そして、アドホックにオペレーションシステムを内製するのではなく、最適なオペレーションを組んだ上でシステムを構築するという流れで開発を段取ることが大切です。


オペレーショナル・エクセレンスの実現

マッハバイトのオペレーションにおいて、我々は「オペレーショナル・エクセレンス」の実現を標榜しています。

オペレーショナル・エクセレンスとは、企業がその価値創造のための事業活動の効果・効率を高めることで競争上の優位性を構築し、徹底的に磨き上げること。

引用元: https://mba.globis.ac.jp/about_mba/glossary/detail-11736.html

マッハバイトの原稿制作においても、人海戦術ではなく少数精鋭で、システムの力を借りつつ効率良いオペレーションを行うことを目指しています。


原稿制作における、我々の「やっていき」

リブセンスのアルバイト事業部には「オペレーショナルエクセレンスグループ」(略してOPEXグループ)という組織があり、
マッハバイトにまつわる定常業務をただ遂行するだけに留まらない、オペレーショナルエクセレンスを目指す動きをしています。

OPEXグループにて求人原稿制作の前線にいる改善意識の高いスタッフと、エンジニア経験のある私が、二人三脚で原稿制作のオペレーションの磨き上げをしています!

オペレーションをどう作り上げるかの段階でエンジニアも一緒に入ることで、

  • 施策効果と開発コストの両方を見ることによって開発妥当性を見極められる
  • 最適オペレーションのためのよりよいシステム開発方針を考えられる
  • オペレーション改善方針を把握していることにより、技術負債・仕様負債返済方針について自ら舵を取れる

など、様々なメリットを身を以て感じています。


時代の流れに即応すべく、エンジニアリングを駆使しよう

求人原稿の内容の変化に対応できるようにするには、オペレーションを磨き上げるだけではなく、システムのアーキテクチャまで一気通貫に考える必要があります。

例えば、求人の職種や通勤手段などは時代の流れと共に変化が生じやすいため、マスターデータの変更も柔軟にできるようなアーキテクチャーが理想です。

そして、いわゆるBPR(Business Process Re-engineering)の手法も参考にしつつ、Webならではのスピード感のあるオペレーションブラッシュアップを行っています。
As-is と To-be を明確にし、それ通りに作る、だけでは通用しない世界です。プロセス設計もアジャイルに試しながら作り上げていきます。

マッハバイト求人原稿制作のオペレーション、どんなものが作り上がるか楽しみです!

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more