Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

お酒のプロになるための社内勉強会の様子を紹介!

皆さんこんにちは!

日本酒を愛する人事、日本酒人事の清水です!

今回は12月末に行ったKURAND大学の様子を紹介します!

KURAND大学とは、体験を通じてお酒のプロを目指す社内の勉強会で、毎月開催しています。

弊社の運営する日本酒飲み比べし放題のお店KURAND SAKE MARKETでは、小さな酒蔵さんと共に造った「PB商品(プロデュースブランド)」のお酒を取り扱っているので、有名銘柄はありません。

しかしKURAND SAKE MARKETでは「〇〇みたいなお酒が飲みたいです」という声を良く聞きます。

日本酒のプロとしてお客様に接客するには、お店で扱っていないお酒の勉強も必要なんですね。

そこで今回のお題は、誰もが知る有名銘柄の「獺祭(だっさい)」の勉強です!

獺祭は有名だけどいったい何がすごいのか。どんな味わいなのか。この機会にしっかりと学んでもらいました!


そもそも獺祭を造る旭酒造さんは、廃業寸前まで追い込まれていた酒蔵さん。そこから誰もが知るお酒を造る酒蔵まで成長したのは本当にすごいことですよね。

そんな獺祭の造り方のこだわりや蔵の設備を見ていくと、獺祭のすごさが分かってきます。


今回のスピーカーは上野店店長の大庭。以前に旭酒造で獺祭を造っていた経験があり、講義にも熱が入ります!

そんな有名な獺祭ですが、どんな味わいなのでしょうか。

KURANDのPB商品と飲み比べたらどうなのか。実際に飲んでみました!


今回飲み比べたのは、「梧桐(あおぎり)」「鈴木」というお酒。両方とも獺祭と同じ精米歩合が50%以下の純米大吟醸クラスのお酒です。

獺祭はやっぱりスッキリしていて飲みやすい。

他の2本も飲みやすいお酒ですが、獺祭が一番クリアなお酒でした。多くの方に飲みやすいお酒と言われているのが納得です。

実際にお酒を並べて飲み比べてみると、そのお酒の特徴がよくわかりますね!

今後はKURANDで「獺祭みたいなお酒はありますか?」と聞かれたら自信を持って紹介できそうです!

KURAND大学は、このように「体験」を通じてお酒の勉強をしています。

また来月もKURAND大学の記事を書きますので、是非読んでみてください!

私たちはお酒が好きで、成長したいという方にはぴったりな会社だと思っています。また、勉強会が気になる!という方の参加も歓迎しています!

少しでも気になった方はぜひお気軽にご連絡ください!

リカー・イノベーション株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more