1
/
5

【WaaF】新人漁師が生まれるまで 〜ライトハウス清水インタビュー〜

ライトハウスの人材採用支援サービス「WaaF」では、日々新人漁師が誕生しています。
WaaFはただ人を集めるだけではなく、新人さんが漁師の世界のスタートラインに立つためのお手伝いもしています!
今回は毎日多くの漁師候補を送り出している、ライトハウスの清水の話をお届けします!

どうやって漁師候補を集めているのですか?

当社の人材採用支援サービス(以下WaaF)では、おもにインターネットを使って全国から人材を集めています。

まずはご契約いただいた各船団さんのページの作成するため、インタビューと写真撮影を行います。このインタビュー内容と写真を元に、インターネットで求人情報ページを作成していきます。

船団の魅力を引き出すサポート

インタビューではPR文章をつくるために、労働条件だけではなく自船団の魅力をお聞きしています。
ただ、ここで「うちには魅力はない」といわれてしまう船団さんが多くいらっしゃるんです。
たしかに、実際なかなか人手が集まらずに困っていらっしゃるわけですからね・・。

でも私自身、今まで何十船団と採用のサポートをさせていただいてますが、魅力がない船団はひとつもないと思っています!

例えばインタビューで船団の魅力を聞くと、「こんな田舎には人来ない」、「うちは高齢者ばっかりだから」、「シケ休みが多くて給料が安い」などと結構ネガティブなことをいわれてしまいます。

でもこれらは言い換えてみると、「釣りやダイビングが趣味な方には天国!」、「若くして幹部になれるチャンスあり!」、「プライベートの時間が充実!」という言葉に変換できます!
こう聞くと、同じ環境でもすごくポジティブな印象になりますよね!

このように各船団の地元の価値観では短所だと思っていた部分も、見る人によっては大きな魅力になるんです。

WaaFでは全国の人にアプローチしているので、本当にさまざまな価値観を持った人が来ます。
実際に最近の若い人は、給与よりも職場の環境やプライベートを重視する傾向がありますね。
中には自分を鍛えたくて、あえて厳しい環境に身をおきたいという方もいらっしゃいますよ!

自社の魅力にピンとこない船団さんでも、私達が魅力を引き出すお手伝いさせていただきます!

写真での表現が重要

あとは掲載する写真がとても重要です!
候補者の中には全くの未経験者も多くいらっしゃるので、どこか漠然と不安を抱えていて、なかなか応募に踏み切れないケースが多いんです。

そこで親方や同僚の笑顔で写っている写真があると、「ここならチャレンジできそう!」という気持ちになり、一歩を踏み出せるきっかけになるんですよね。

単純な労働条件だけではなく「どういう環境で働くか」、「どんな人と一緒に働くか」という情報を配信できるのがインターネットの強みだと思ってます。
私はすべての船団さまから直接お話を聞いているわけではないのですが、笑顔で写っている写真があると、この船団は親方が優しそうだなとか、未経験でも受け入れてくれそうな雰囲気があるなぁというのが伝わってきます!

応募が来てからは何をしているのですか?

応募が来てからはすぐに船団さんへ紹介するのではなく、候補者と直接連絡をとり、一次面談という形で求人内容の詳しいご説明をしています。

インターネットでページを作るときは船団の魅力を配信することに注力していましたが、ここからは船団の宣伝担当者ではなく、人事担当者であるという意識を強く持ってやっています。
応募者はお客様ではありませんので、魅力だけではなく仕事の厳しい部分も直接お話してお伝えします。

漁師候補をサポートする「一次面談」

一次面談ではおもに志望理由を聞くのですが、漁師になりたい熱意はあるけど、言葉にするのが苦手な方がとても多いんです。
こういう方は志望理由を聞くと「海が好きだから」で終わってしまうので、じゃあなぜ海が好きなのか?好きな海でどんなことがしたいのか?なぜこの船団なのか?と掘り下げ、漁師になりたいきっかけを一緒に探して言葉にしていきます

あとは他にも今までにどんな仕事や何を学んできたとか、前に働いてきた会社をやめた理由などもお聞きしていますね。
職歴が多くて不安な方でも、辞めた理由によっては障壁にならないケースもありますから。

基本的にはよほどのことがない限り、一次面談の段階でお断りすることはしません
先程も言いましたが、熱意のあるけど自己アピールが苦手な方が多いので、一次面談では行きたい船団の選考に進むためのお手伝いをさせていただくイメージです。

最適な候補者と出会うために

このように、電話では候補者の不安を少しでも取り払ってあげられるように心がけています。
でも中には「イメージと違った」、「自分には続けられなさそう・・」ということで、そのまま応募を取りやめるケースもあります。

そのような方は無理に選考へは進めず、相性がよさそうな他の船団をご紹介しています。

例えば船酔いが苦手な方は陸仕事が多い漁法をご紹介したり、ご家族との時間を大事にしたい方は、沖合ではなく近海の日帰り操業の船団をおすすめしています。
すぐに辞めてしまいそうな人を雇うよりも、お互いがいい条件でマッチングできれば一番いいですからね!

履歴書の提出

一次面談後、応募の意思を確認した方には履歴書の提出をお願いしています。
履歴書の作成をちゃんとやっていただけるかどうかは、「紹介しても問題ない人」として判断するひとつの目安としています。

中にはいつまでも履歴書を頂けなかったり、志望理由を考えようともしない方もいらっしゃいます。
志望理由もなくあいまいな考えで応募してくる方は、実際に働くと重大事故に繋がる恐れがあります。
弊社としてはちゃんと覚悟を持った人を紹介したいという思いがあるので、そのような方には厳しく対応したり、ご紹介をお断りすることもあります。

実際にどんな人が応募してくるんですか?

10代から60代ぐらいまで、幅広い方々から応募が来ますよ!
体力に自信がある現場系の方から、都会から地方移住を希望している方まで、本当にさまざまですね。

ただ先程も言いましたが、未経験者からの応募も多くあります。
やはり皆さん漁師の世界へ飛び込むことに漠然と不安を抱えていらっしゃるので、私たちが間に入ってご説明することで、少しでも不安を解消してあげられるといいなと思っています。

最後に、この仕事のやりがいはどんな点ですか?

やっぱり船団さんにご紹介して、面談をして、内定を頂いて、めちゃくちゃ嬉しそうな声きいたときですね。
たまに入社した方からも連絡をいただくことがあるのですが、いい会社に入ってよかったときくと本当に嬉しいです。
働いている方がとがそう思うということは、サポートさせていただいている船団さんもきっといい人を採れたと思って頂けているはずなので!
これからも一人でも多くの漁師になりたい方をサポートできればと思います!

株式会社ライトハウス's job postings

Weekly ranking

Show other rankings