1
/
5

漁師さんへ、人材採用サポート事業を始めます。

こんにちは!

以前の記事でも投稿したとおり、弊社のCSというポジションは自社のサービスを通じてお客様(Customer)を成功(Succses)に導くことをミッションに、日々漁師さんに最も多く対面し全国の港を走り回っています。

そしてCSとして日々多くのお客さんにお会いする中で、「人材不足」「後継者問題」をどうにかできないかと相談をうける機会も多くなってきました。

人材不足問題は、高齢化の著しい日本では、あらゆる業界が同じように課題としています。そのため、簡単に解決できる問題ではないとは重々承知しているのですが、我々は会社として漁業界全体を良くしていきたいと考えているので、この問題に正面から立ち向かうことにしました。

漁業界での人材不足問題は、何が原因か?

私たちは、まずここから考えてみました。そして2つの仮説を立てました。

まず、「漁師」になることが一般的に職業選択肢として捉えられていないのではないか。
次に、漁師という働き方が不明瞭なのではないか
この二つが大きな問題だと考えました。

1つ目の職業選択肢について。特に都心部に住む多くの人の認識として、漁師は働き方ではなく生き方として捉えられているのではないかと仮説を立てました。あくまで漁師とは世襲でなるもので、就職するものではないと考えられているのではないか。そのために、職業選択肢から自然と除外されてしまっているのではないだろうか。

2つ目は、仮に漁師を働き方として捉えていた人でも、どうやってなるのか、どのように働くのか、この専門用語は何なのか…など、漁師として働くための具体的な情報が、整理されてないかほとんど発信されておらず、業界内で閉じているのではないか。そのために、一見さんが入りにくいのではないだろうかと考えました。また、漫画やドラマの影響で漁師になるということが、不明瞭なまま悪評や偏見を蔓延させてしまっているということも問題なのではないかと考えました。

実際私も、この仕事を始めるまで漁師の方と接したことがなく、なんとなく「漁師ってこわそう」というイメージがありました。(今ではとても失礼な話です…)

しかし、会う方会う方、みなさん本当に温かい。少年がそのまま大きくなったような無邪気さを持ち合わせ、生き生きとしている。かと思いきや一転、海の上では真剣そのもので厳しい顔を見せる。そのギャップに私はあっという間に魅了されました。

こんな人間くさくて素敵な世界をもっと知って欲しい。そう思い、立てた2つの仮説を解決できないかと考えました。

では一体、私たちはどのようにアクションするか?

私たちは、漁業界の人材不足解決のためのアクションプランを2つ考えています。

1つ目は、オンライン求人媒体に片っ端から求人募集を作成し、掲載していいくこと。この方法は、我々スタートアップをはじめ、一般企業では当たり前なことですが、漁業者にとってはすごくイレギュラーなことです。実際、ネットの求人媒体で「漁師募集」などと見たことある人は少ないはずです。

基本的に、漁師という働き方は地域密着型なので、地元のハローワークや口コミで人材を募集しています。しかし、よくよく漁業者に話を聞いてみると、UターンやIターンでその地域に来た人や、元々全く別の仕事をしていた人が漁師になるというケースも少なくないため、地元だけに求人を出し続けているのはかえって非効率であることに気づきました。

ある漁業者は、自分たちの地域外から来てくれた人に対しては、家賃補助などの就労支援を福利厚生として与えてくれるなど、かなり手厚くしてくれます。しかし、このことは今までほとんど情報発信されておりませんでした。私たちはこれは求人に有益な情報と考え、オンラインの各媒体で発信。これにより結構な募集があり、実際に数名が漁業者として働き始めました。

これは声を上げてくれた特定の漁業者に対して、短期的な施策として行っています。

2つ目にWaaFという団体を立ち上げようと思っています。
WaaFはWork as a Fishermanの略称です。”漁師として働く”ことの印象を良くし、現在一般的にクリアになっていない情報などを整理して発信していく団体として機能させていきたいと考えています。

この団体は、漁師になりたいと考えている人がまず最初に訪れる窓口としての立ち位置を築いていくつもりです。そして、ISANAのユーザーネットワークを駆使し、声をかけてくれた漁師潜在層の人が、最適にマッチしそうな漁業者を紹介するなども計画しています。

現在はWebサイトとSNSのコンテンツを開発中です。ゆくゆくはオンラインの施策だけではなく、オフラインで様々な就労フェアに「漁師の代表」として参加するなど、活動を広げていきたいと考えています。

1つ目の施策が短期的な目線であるのに対して、こちらは長期的に漁師として働くことのイメージ向上と明文化を目的にしています。私たちは短期と長期、この二軸で人材不足問題解決に取り組んでいきます。

最後に

最近、会社員から転身して漁師になった人は言っていました。

「時間や気持ちに余裕ができた。サラリーマンをしていた時より、ずっと人間らしい暮らししてる。」

それを聞いて本当に嬉しかったです。私自身も会社勤めを10年以上経験し、本当にこの働き方や暮らし方は自分が望んだことなのか?と考えたことがあるため、この言葉は重みをもって心に響きました。

綺麗事だけではないのは理解しています。でも3Kだから選ばれない、そんな時代は終わらせたい。漁師の働き方・生き方をもっともっと当たり前にしたいと真剣に考えています。

ライトハウスは、漁業者の皆様に代わって、ありとあらゆる属性をターゲットに漁師という働き方・生き方を伝え、そして一人でも多くの新人漁師を生み出すため、全力を尽くします!

株式会社ライトハウス's job postings

Weekly ranking

Show other rankings