This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【Holmes わたしの履歴書 Vol.6】社員一人ひとりがHolmesに誇りを持つ組織創りをするワケ

Holmesを代表する社員が、半生を語るコラム『Holmes わたしの履歴書』。登場する社員は、セールス・エンジニア・デザイナー・バックオフィス等の多岐にわたります。
それぞれの分野で後世に残る仕事を成し遂げようと日々奮闘するHolmes社員。彼ら彼女らが自らの言葉で語る努力や想い。読めばきっとあなたに役立つ何かが得られるはずです。

Holmes わたしの履歴書 Vol.6

ーープロフィール

■鎌形 玲奈(かまがた れな)
職種:人事採用
趣味:加圧トレーニング・アクセサリーを集めること

無難で安定した仕事よりも、厳しい目標を皆で追いかけ達成できた時のやりがいが一番の原動力。

前職では大手総合人材サービス企業で10年ほど働いていました。そこでは営業企画や法務、社内広報などのバックオフィスを経験した後、人事へ異動し中途採用や人材開発を経験しました。Holmesへ入社した私が言うのもなんですが、私、前職の会社がとても好きだったんですよね。それは「私の人生を変えてくれた会社」だったから・・・。

実は私はもともと仕事にあまり興味がありませんでした。というのも父はメーカー、母は専業主婦、姉は銀行、それに加えて10年女子校という温室育ちだったこともあり「私もいつか母のような専業主婦になりたい」。そう思っていたので「とりあえず安定した会社で無理なく働こう」そんな風に思っていました。そのため新卒で入社した会社は安定した専門商社の事務職でした。

そんな私に転機が訪れたのは大学4年の夏。残りの大学生活は「入社後に役立つアルバイトをしよう!」そう思い求人広告のコールセンターで営業のアポ取りのアルバイトを始めました。それが前職(総合人材サービス企業)との出会いです。毎日9時〜18時まで数百件と電話するのですが、もうそれが楽しくて楽しくて!毎月アポの目標をみんなで追いかけ、達成できた時の達成感。自分のアポをきっかけに営業が受注に繋げるチームプレー。お客様から「採用に困ってる。是非助けて欲しい」そう言われ、力になれることの喜び。すべてがやりがいで「働くってなんて楽しいんだろう!」そう思いました。

ぬくぬく育ってきた私にとってはそのコールセンターでのアルバイトは毎日が刺激的で人生が急に開けた感じがしました。しかしそんな私も新卒で専門商社への入社が決まっていたので入社をしたわけですが・・・残念ながら4ヶ月で退職しました。入社時研修などもきっちりして頂いたので本当に申し訳ないと思いましたが、どうしてもチャレンジしたい気持ちを抑えられず前職の総合人材サービス企業に第二新卒で出戻り入社をしました。入社してからは辛いことも大変なことも、もちろんたくさんありました。しかしすべてが「働く楽しさ」に変わり、「とりあえず安定した会社で無理なく働こう」そんなことを考えていた自分ではすっかりなくなっていました。

私の「働く」に対する価値観はここから大きく変わりました。だからこそ私は自分自身の体験をもとに、ひと一倍「働くがその人の人生に与える影響や価値」を大切にしているかもしれません。仕事はその人の人生の大半を占めるもの。私が前職の出会いをきっかけに人生が変わったように、今度は私がHolmesの面接を通じて出会った方やHolmesで働くみんなに「自分らしく働くこと」のヒントを少しでも提供出来ればと考えています。一人でも多くの「自分らしく活き活き働くを応援したい!」そう強く思いながら人事として面接で出会った方、社員、一人ひとりと向き合っています。

前職を辞める気なんて一切無かった。でも、この人達と一緒に「No1」の景色が見たい、いつの間にかHolmesの虜に。

友人であるCOOの吉田とランチをしたのがきっかけで入社することになりました。前職(総合人材サービス企業)の勤務地がHolmesと同じビルだったんです。なのでHolmesが今のオフィスに移転してきたタイミングで吉田をランチに誘いました!そしてランチの中盤で突然吉田が「今、人事がいなくて困ってるの!助けてくれない?」って。でも正直その時は前職を辞める気は更々なかったので(笑)その後も何度かランチをしながら採用のことなど相談に乗っていました。「前職は辞めたくない、でも困っている吉田の力になりたい!」そう思った私が出した答えは前職が副業OKだったこともあり、副業としてHolmesの人事を手伝うことでした。

そして代表の笹原、COOの吉田、経営管理の河野と飲みに行くことになったのですが・・・もうそれはそれは楽しい夜でしたね。飲んでいる最中もHolmesのチームワークの良さは伝わりましたし、とにかくみなさんが楽しそうにHolmesの話をするのが印象的でした。笹原からはHolmesのプロダクトの価値やマーケットの未来、組織のカルチャーなど熱〜い話があり・・・もう聞いていてワクワクしっぱなしでした。気づいたら完全に笹原の世界に夢中になり「ここで働いたら楽しそうだな」と心を奪われていました。そして最後笹原からの「お願いです!助けてください!」その言葉に打ちのめされました(笑)

「この人達と一緒にこのプロダクト、会社に賭けてみたい!」「この人達と一緒だったらNo.1の景色が見られるかもしれない!」そう思い、私は社員数5000名の10年働いた大好きな会社から30名のスタートアップのHolmesへと転職することとなりました。前職では会社愛が強い社員として1〜2位を争うほど有名な(?)そんな私が入社を決めたHolmesという会社の魅力は本当に凄まじいものがあると思います!!!!もう今は完全にHolmesの虜になっています(笑)

Holmesのみんなが楽しく活き活きと自分らしく働いて欲しい。人事としてそこに全身全霊を尽くす。

Holmesでは人事として中途採用や組織開発、人材開発、労務など幅広く携わっています。人事部が立ち上がったのが今年の3月なので、今は会社にとって必要なものを順番に作っていっている最中になります。
具体的には直近、「ビジョン1on1」という取り組みをスタートさせたので、先日1on1のやり方を上司へレクチャーさせて頂きました。「ビジョン1on1」とはその人のありたい姿(ビジョン)に対して、現状とのギャップをもとにHolmesで何ができるのか、メンバー×上司との1on1を通じて考えていくというものです。人にはそれぞれ異なる想いや夢があります。その想いや夢がHolmesで働くことを通じて実現出来れば、もっとみんなが自分らしくイキイキと働けるのではないか、と考えこの取り組みがスタートしました。

その他、入社者オンボーディングはもちろん、Holmesでは入社した方が安心して働けるよう必ず人事がメンターとしてつきますので、入社前はもちろん、入社後のフォローもさせて頂いています。 たくさんある企業の中でHolmesを選んでいただいたからには「楽しく活き活きと自分らしく働いてもらいたい!」そう強く思っているので、そのための支援を人事として全力でさせて頂いています。


Holmesに入社した理由の一つに人事として幅広く業務に携わり経験を積みたいと考えていたので今の任せてもらえる環境にはとてもやりがいを感じています。

他のマネではなく、Holmesらしさを「誇り」に。

「社員一人ひとりが、誇りを持ち活躍できる組織を創ること」を実現したいです。つい人に自慢したくなる組織、そんなイメージでしょうか。「スタートアップだから」とか「他の会社がみんなやっているから」とか「社会の流れがこうだから」ではなく「Holmesらしさ」を追求していきたい、そう考えています。

組織とは経営のものでもなく、人事のものでもなく、社員みんなのものだと考えています。
だからこそ社員みんなで一緒に誇れる組織を創っていきたい。きっとそこには楽しいことも苦しいことも大変なこともあるかもしれない。でもそれらすべてがきっとHolmesの未来のためになる。そう考えています。

「Holmes, my pride」
いつかみんながこの言葉に胸を張れるよう、誇らしい組織を創っていきたいです。

Holmes, my pride

 私たちには、誇りを持って解決したい課題がある
 私たちには、誇りを持って顧客に提供するプロダクトがある
 私たちには、誇りを持って体現するカルチャーがある
 私たちには、誇りを持って信頼する仲間がいる
 私たちには、誇りを持って共に成長していく組織がある。

社員一人ひとりが、”Holmes”に誇りを持ち、”Holmes”で活躍できる。
そんな会社になるように、人事は全力でコミットしていきます!! 

(写真撮影: 株式会社Holmes デザイナー 越川七海)

株式会社Holmes's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings