1
/
5

「より挑戦できる環境に身を置きたい」大手証券会社からランサーズへと異業種転職を決めた理由

<プロフィール>
月原 漠(つきはら ばく)東京都出身。
早稲田大学卒業後、銀行系証券会社入社。法人営業に従事。資産運用コンサルのほか、M&A案件にも数件携わる。事業の戦略部分を考えていく業務に挑戦したく、柔軟かつ自由度の高い環境に身を置きたいと考え、2020年にランサーズにジョイン。現在はマネージドサービス事業部にてインサイドセールスを担当。趣味はサッカー、サーフィン、パルクール

大手証券会社からランサーズへと転職

ー現在の業務について教えてください。

マネージド事業部にて、ランサーズにお問い合わせいただいたお客様に対してニーズのヒヤリングや提案をするインサイドセールの仕事をしています。また、企業様に向けてメールマガジン定額サービスのランサーズアシスタントを提案し、その結果を分析するメールマーケティングの仕事も担っています。

ー前職ではどのような仕事をされていましたか?

前職では、大手銀行系証券会社に新卒で入社し、法人営業として、株、債券、投資信託を扱った資産運用コンサルを行っておりました。またその中でM&Aなどの案件にも数件携わっておりました。

1通のスカウトメールが転職を決断するきっかけに


ー転職をしようと思ったきっかけについて教えてください。

前職に入社して1年が経った頃、より多くの人に寄り添った仕事がしたいと漠然と考えるようになりました。金融商材を扱っているという特性上、資産運用という面でしかサポートができず、提案の幅も限られてしまうことに自分の中でもどかしさを感じることが増えてきました。そのため、マーケットに縛られることなく、お客様に最適なソリューション提供また、その仕組み作りをしたいと考えました。

そのため社内公募による異動も検討しましたが、希望が通るまでにかなりの時間を要するような世界でした。

この先2,30年後も自分が働いていくことを考えた時に、より多くのことを経験し、自分の成長スピードを加速し続けられる自由度の高い仕事したいと考え、新しい環境に挑戦しようと決意しました。

ーランサーズをどのように知りましたか?

転職を考え始めた頃にWANTEDLYに登録したのですが、たまたま人事の方からスカウトメールをいただいたのがきっかけです。ランサーズのことは元々名前は知っていたものの、どのようなサービスを展開しているのかまでは知りませんでした。スカウトをもらってランサーズの会社ページを読んでいくうちに興味が湧いて、一度話を聞いてみようと思いました。

ーランサーズへの転職を決めた理由について教えてください。

一番印象的だったのはご連絡をくださった人事の方が面談の時に言っていた「(仕事で)ちょっとヒリヒリしたい?」という質問です。一度聞いたら忘れることのない言葉でした(笑)

詳しくお話を聞いていくと、新しく色々なことにチャレンジしている小さい部署で採用をしているとのことでした。私はまさにそのような環境で仕事をしたいと思っていたので、二つ返事でお願いし選考を受けることになりました。

ー転職の一番の決め手はなんでしたか?

ランサーズのこれまでの社会の当たり前を塗り替えていこうとする姿勢に感銘を受けたことです。前職では大手の証券会社という特性上、長い歴史の中で創り上げられてきた制度や仕組みが整っているため、安心して働ける環境でした。しかし既に正解があるため、その型の中で解を出していくという文化がありました。一方ランサーズはフリーランスの方と仕事をしたり、社員が地方に住みながら仕事をしていたりとこれまでの当たり前を塗り替え、正解のないところに正解を創り出していく会社であると選考を通して感じました。

また、多種多様な業界の方と仕事をしているランサーズは、自分の業界に囚われずに色々なお客様にソリューションを提案したいという私のやりたいことにもマッチしていて、この会社の一員になりたいと思い入社を決意しました。

異業種からの転職。ベンチャーならではの柔軟さ・スピードを実感


ー異業種からランサーズへの転職をしてみていかがですか?

前職の時と共通する点もあれば真逆だと感じる点もあります。例えば前職では法人営業という仕事だったので数字という成果が常に求められていたのですが、ランサーズも結果を出すことにコミットしている点は同じだと思いました。真逆だと感じるのは、個人で動くかチームで動くかという点です。前職ではとにかく個人の数字にコミットしていたので、どちらかというと個人プレーで働くことが多かったのですが、ランサーズはみんなで事業を動かそうとする気概が強いと感じています。なので個人で結果を出すというよりはチームで同じ目標に向かって取り組み、結果を出すことを大切にしている会社だと思いました。

ー大手証券会社からITベンチャーに転職をしてギャップを感じることはありますか?

働き方に大きなギャップがありました。前職では朝7:30から8:00に出社していたのですが、ランサーズはフレックスで10時までに稼働開始すればよく(※現在は新型コロナウィルスの影響で12時までの出社)で今はリモートワークなので、これまでとは真逆の働き方になりました。前職の癖が抜けず朝5時に目が覚めてしまい最初は「何したらいいんだっけ?」と戸惑うこともありましたが(笑) 始業前にランニングをしたりと自分の時間を大切にできるようになりました。

また、服装が自由なことにも驚きました。前職ではスーツ出社が当たり前で髪型にも厳しかったのですが、ランサーズは基本的に自由で中にはサンダルで出社されている人もいて、会社によってこんなにも違うのかと衝撃を受けました(笑)

ー入社して良かったと思うことはなんですか?

みなさん仕事が忙しい中でも、声を掛け合ったりとか、手伝い合うなど助け合いの精神が根付いているのがとても素敵だと思いました。チームで動くということを大切にしているからこそ実現できていることだと感じています。

あとは社員のみなさんが情報のキャッチアップがすごく早く、新しいものを取り入れようとしたり物事を柔軟に考えようとする姿勢にいつも刺激をもらっています。私自身みなさんの影響を受けて、自分自身で考え、PDCAを回す力がついたと実感できているので、入社して本当に良かったです。

チームとして、個人としてより多くのことにチャレンジしていきたい


ーランサーズの魅力はなんだと思いますか?

今の日本の当たり前を変えていくような事業を展開していて、メンバーも日本社会全体を変えたいという想いを持って本気で仕事に取り組んでいることだと思います。また、自分のやりたいと思ったことを手をあげれば応援してくれるところもランサーズの魅力的なところだと感じています。実際に私はマーケティングの分野は未経験でしたが、面接の時にマーケティングを経験したいと伝えたところインサイドセールスとして働きながらメールマーケティングの仕事も任せてもらえるようになりました。入社年月に関わらず社員の思いを汲み取り、挑戦の機会を与えてくれるのはとてもありがたいです。

ー今後の目標を教えてください。

今はチームのスタッフの1人として働かせていただいているのですが、直近の目標としてはマネジメント業に携わりたいと考えています。現在はプレーヤーとして手を動かすことに注力していますが、1人1人の力を見極めて最適な仕事をお願いし、プロジェクトをまとめていくマネジメント力を身につけていきたいです。その後は事業、会社の戦略的な部分を企画していく仕事をしていきたいです。最終的には経営者となり、自身の会社を持つことが目標です。さらにはGQで家紹介をすることが人生の目標です(笑)

また、チームとしての目標はランサーズアシスタントというサービスをより多くの人に知ってもらい、活用してもらうことです。リソースが足りていないけど外注の仕方が分からない、という企業様はたくさんいらっしゃると思います。そのような方々にランサーズアシスタントのサービスを活用していただき、企業も個人もより働きやすい環境を作っていきたいです。

ランサーズ株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings