1
/
5

何かアクションを起こしたくてエントリーしました。

研究員の参加理由(小西研究員)

起業したばかりの頃、ネット広告で偶然このプログラムを知りました。前職でマネジメント業務に携わっていたとはいえ、他社のコンサルは初めてで不安もありましたが、何かアクションを起こしたくてエントリーしました。

受入企業(株式会社ホリ乳業)

河北潟にある自社牧場での酪農から、そこでとれる生乳等を使用したこだわりの牛乳、ヨーグルトなどの製造、販売までを一貫して手掛けている。

研究員に期待されるミッション

「標準化と効率化を目指した業務プロセスの改革」

取組み内容

St e p 1〈現状把握〉総務部に籍を置き、社長や女性事務職員らにヒアリングしながら現状の問題点やニーズを探った。

St e p 2〈対策立案・検証〉見直しが必要な事務作業について、研究員自らが実際にその業務を担当した上でそのプロセスを改善。

St e p 3〈定着・標準化〉S t e p2 で確立した業務プロセスを社員に引き継いだほか、誰でも担当できるようマニュアルを整備した。

St e p 4〈課題解決〉その時々で発生する経営の諸課題に対し、社長の意向を踏まえた上で能動的に解決に導いた。



取組みの成果

事務部門における「その人がいないと回らない仕事」が「誰でもできる仕事」として標準化され、効率化も進んだ。
補助金の申請、ウェブ受発注システムの導入、フードバンクの活用など経営上の諸課題に機動的に対応した。
新工場建設や事業承継に向け、引き続き社内に常駐しながら業務改革を継続的に推進する。

プログラム後の展望(小西研究員)

ホリ乳業さんの業務改革はまだ道半ばです。これを全うするため、4月以降も常駐して支援を続けたいと考えています。私がいなくても業務プロセスが常に改善され、社員さんが回している仕組みをつくっていきたいです。

今後の関わり方(堀社長)

とても頼りになる人材ですので引き続き常駐型で協力をお願いしたいと思っています。今後は新工場の建設や私自身の業務改革についても小西さんの調査力や実行力を発揮してほしいと期待しています。

金沢大学 共創型企業・人材展開プログラム's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings