1
/
5

先生インタビュー〈Vol.9:有野先生〉自分を表現する気持ちを応援したい

広報アズです。いよいよ7月下旬にサービスローンチを控えたユアスタディクスでは、どんな先生がどんな思いでどんな授業をして下さるのか、みなさんにお届けしようということで先生インタビューを行いました。

公式サイトでは無料特別クラスを実施していただける先生方のクラスをご紹介しています。

ご紹介させていただいている先生から、今回は「聲(声)を極める!仕事になる話し方教室」クラスを実施予定の有野先生へインタビューしました。


有野先生
2018年以降、フリーランスの聲優(声優)、ナレーターとして活躍。これまで、Panasonic やNTTドコモ、ABCハウジング、三菱UFJニコス、三井住友DSアセットマネジメント等を担当。

目次

  1. ー簡単に、自己紹介をお願いいたします。
  2. ー現在はどのようなお仕事をされていますか。
  3. ー面白そうですね。聲優(声優)になろうと思ったきっかけはありましたか。
  4. ーなるほど。今やりたいことがわからないという子どもたちへ聲優(声優)のお仕事を紹介するようなクラスは考えていらっしゃいますか。
  5. ーUrSTUDXを知っていただいたきっかけは何でしたか。
  6. 有野先生のnote
  7. ーUrSTUDXにてクラスの開講をお決めになった決め手やメリットはございましたか。
  8. ーUrSTUDXではどんなクラスを実施したいですか。
  9. ー講義型・1on1型・ディスカッション型のクラスがありますが、どの形式で行う予定ですか。
  10. ーこれからサービスを開始するUrSTUDXに期待することはございますか。

ー簡単に、自己紹介をお願いいたします。

以前は聲優(声優)事務所にいましたが、現在はフリーランスで聲優(声優)・ナレーターをしております有野優樹(ありのひろき)と申します。

あえて聲優(声優)という表記にしているのには理由があります。この「聲」の字には、響きという意味があります。僕自身読書が好きで色んな方の文章を読むのですが、それを人の言葉としてではなく、自分の響き、自分の声で表現をする人でありたいという意味で、この文字を使っています。

ー現在はどのようなお仕事をされていますか。

現在は制作会社様から直接ご依頼いただいて、声のお仕事をしています。最近だと怖い話をするのが趣味で(笑)、吉本興業の芸人さんと怪談話をさせていただいてたりしてます。体験談だったり、聞いたお話だったり…。

ー面白そうですね。聲優(声優)になろうと思ったきっかけはありましたか。

そうですね、聲優(声優)に憧れたと言うよりは、結果的に聲優(声優)に憧れることになった、と言う感じですね。

僕は聲優(声優)の山寺宏一さんをとても尊敬しているんですが、僕が小学生の時、山寺さんはおはスタ(テレビ東京系列)という朝の番組をずっと担当されていました。

当時の僕はとにかく朝が弱くて、薬を飲んでも食事も食べられないし学校にも行きたくないほどで…しょっちゅう遅れて行っていました。

そんな時おはスタを見ていて、山ちゃん(山寺宏一さん)の「おーはー!」の一声や、今日もみんな学校頑張ってねという声かけを聞くと、本当に不思議と学校へ行く気になったんです。

そのうちに中学生になり、高校進学や進路を考え出すタイミングが来ました。別にそれまで夢もやりたいこともなかったのですが、友達から「お前は進路どうすんの?」なんて聞かれたときに、ふと、「山ちゃん(山寺宏一さん)になりたい。」って思ったんですよね。

とは言っても山寺宏一さんにはなれないわけで、「じゃあ僕も聲優(声優)になる。」と決意しました。

ーなるほど。今やりたいことがわからないという子どもたちへ聲優(声優)のお仕事を紹介するようなクラスは考えていらっしゃいますか。

そうですね。例えば歌の中にも演歌やJ-pop、フォーク…なんてジャンルがあるように、聲優(声優)の仕事とは言っても、実は細分化して色んなお仕事があります。聲優(声優)やナレーションなど声のお仕事の中のジャンルを紹介しつつ、生徒さんの声にはどんなお仕事が向いていそうかお伝えできたらなと考えています。

ーUrSTUDXを知っていただいたきっかけは何でしたか。

公式noteですね。ネットサーフィンならぬ“noteサーフィン”をしていたときに、偶然拝見しました。記事を読んでいてなんか面白そう!と感じて徐々にチェックするようになっていきました。

有野先生のnote

ーUrSTUDXにてクラスの開講をお決めになった決め手やメリットはございましたか。

もともとナレーションのスキルアップのための指導をさせていただく機会があったのですが、聲優(声優)やナレーターという職業に興味を持ち始めたばかりの方にも、もっと気軽に関心を持っていただく場所を提供したいという想いがありました。どんなことをするのかを伝えたり、そもそもこのお仕事に関心を持つことのハードルを下げられればと思い、クラスの開講を決めました。

ーUrSTUDXではどんなクラスを実施したいですか。

聲優(声優)やナレーターなど声のお仕事をしたい方へ、フリーランスで体験してきたお仕事に繋がる営業方法として、SNSの活用の仕方や現場でのお話の仕方を、体験談を交えてお伝えする予定です。

自分自身が、「売りになる声」と「理想の声」との差があって、どんな努力をすべきか迷った経験がありました。

声のお仕事に関心を抱いたばかりの方には、ご自分の声がどういう性質なのかを伝えたり、声のお仕事に強い関心があってこれからどう努力していくべきか悩んでいる方には、「理想の声」と「売りになる声」とのギャップを埋めながらすべき努力ができるように導くようなクラスにしたいと思っています。

ー講義型・1on1型・ディスカッション型のクラスがありますが、どの形式で行う予定ですか。

基本的には講義型で実施しつつ、必要に応じて1on1を実施していきたいと考えています。

ーこれからサービスを開始するUrSTUDXに期待することはございますか。

僕のクラスを受けてだったり、ユアスタのクラス出身の表現者の方がデビューされたら面白いな、と思います。デビューに限らず、このクラスでの学習をきっかけに将来のお仕事によい影響が出たとか、そんな話を聞ける日が来ることが楽しみですし、期待しています。

ーお読みの先生、生徒、読者の方へ、一言いただけますか。

はい。例えばSNSでの発信1つとっても、周りの目が気になって思うように発信できていなかったり、恥ずかしがっている人は結構まだ多いですよね。自分を発信する、表現するという点で声のお仕事においても、周りからどう思われるだろうかということを気にして積極的に関心を抱けていない人がいるんじゃないかと思います。そういう人には、実際に声のお仕事をさせていただいている僕が「世間は思っているより冷たくないよ」「楽しみがたくさんあふれている仕事だよ」っていうことを、ユアスタのクラスで伝えていこうと思っています。


編集後記:高い専門性と広い分野のクラスを提供するユアスタディクス。いろいろな表現者の先生から直接指導が受けられるのはその利点の一つです。今回、筆者の作成した記事をきっかけに先生のクラスの開講につながったことを嬉しく思いました。また同時に、記事を媒体に表現を行ってきたことが実り、誰かの心を動かしたという事実は、表現することの「責任」や「可能性」を痛感する出来事になりました。有野先生のクラスからこうした表現の一利一害を学んだ素敵な表現者が輩出される日を待ち遠しく思います。


■公式サイト:https://pre.urstudx.com

■Twitter:https://twitter.com/UrSTUDX

■Instagram:https://www.instagram.com/urstudx/

◯学生インターン募集

現在、UrSTUDXでは、学生の方のインターンを募集しております。是非お気軽にご連絡をいただけますと幸いです!話を聞きたい、だけでもOKです!よろしくお願いいたします!

有限会社教育図書21's job postings

Weekly ranking

Show other rankings