Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

“テレワーク・デイズ2019”に参加します!

テレワーク・デイズ2019にKSKアナリティクスも参加します!

今日は東京オリンピックのチケットの抽選結果発表の日でしたが、みなさん当たりましたか‥?
当社内でも、当たった、外れたとみんなで盛り上がりました!中には数種類当たった強者もいました‥笑

そして、いよいよ近づいてきた東京オリンピック2020!
当社は東京にもオフィスがあるため、東京オリンピック実施期間中のインフラや、オフィス環境など、かねてより対策が必要だと社内で声が上がっておりました。

そこで、今回リモートワークのトライアルをやろうと、社内で検討していたところ、「テレワーク・デイズ」の取り組みを発見し、参加を決定しました。
テレワークデイズ公式サイトはこちら

テレワーク・デイズとは

総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府が、東京都及び経済界と連携し、東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした働き方改革の国民運動を推進しています。

2020年東京オリンピックの開会式に相当する7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、テレワークの一斉実施またはトライアルを呼びかけており、本年は、7月23日(月曜日)~7月27日(金曜日)の間において、各企業・団体の状況に応じて、7月24日(火曜日)+その他の日の計2日間以上を「テレワーク・デイズ」として実施することになっています。

当社がもともと実施しようとしていた7月~8月の2か月間のトライアルと日程も重なっていることから、実施団体として参加しています。

テレワーク・デイズ実施団体としての取り組み

KSKアナリティクスでは、次年度のリモートワークの本格実施に向け、運用ルールなど制度設計に生かすことを目的として、7月~8月の2か月間の間で、社員を対象に2日間以上のリモートワーク勤務を推奨します。

  • 自宅やコワーキングスペースなどでの業務の実施
  • 常態的なリモートワークの運用に向けてのセキュリティ対策の強化
  • 多様な働き方に対応した人事労務制度の検討

を推進するなど、働き方改革への取り組みとして、トライアルにチャレンジします。

そもそも、今回はリモートワークという新しい勤務制度を検討していますが、当社ではすでにフレックスタイム制を導入しており、皆出退勤時間は各自で調整しています。
社内のやりとりは、メールではなくChatwork、そして社内の情報資産はGsuiteを活用してGoogleDrive上で管理‥と社内環境は、トライアルとはいえ、非常にリモートワークにチャレンジしやすい環境でした。

今後も、より家事や育児、介護などのライフワークと両立しながら、メンバーが活躍できるようにまずは、このトライアル期間、「テレワーク・デイズ」への参加も含めて、チャレンジしてみようと思います。

また実際にやってみてどうだったか、課題、改善点そしてもちろんメンバーの生の声などもお伝えできればと思います!

株式会社KSKアナリティクス's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more