1
/
5

元現場監督の23歳が新規事業部のリーダーへ!営業マンとして日々奮闘しています。【コウダプロの社員紹介 Vol.12】環境衛生事業部:金丸 将英

コウダプロメンバーの人となりを丸裸に(!?)していくプロフィールシート。
本日より、今年4月に入社した"コウダプロ新卒3期生"のプロフィールシートをご紹介してまいります!

3期生1人目となるのは、環境衛生事業部 金丸です。


■部署・入社時期
環境衛生事業部/4月2日

■入社のきっかけ・理由
同期(友人)の紹介
コウダプロ憲法への共感

■コウダプロの面白いところやワクワクするところは?
入社後いきなり新しい事業部に携わることができるところ

■あなたにとってのコウダプロとは?
大人を目指す場所

■働くうえで大事にしているところは?
信頼関係を崩さない

■どんな人でありたい?
社内、お客様、自分の周りの方々に気を遣える人

■今の自分の課題は?それをどうしていきたい?
課題:発言が少ない
どうしていきたいか:発言を増やして自分の思いを伝える

金丸と言えば…。
入社式レポートに登場した、「入社式の翌日に増えた同期」です(笑)


金丸は、同期である山﨑の中学時代からの友人で、山﨑から聞くコウダプロの様子に興味を持ち、入社式の翌日に開催されたコウダプロ憲法研修に参加してくれました。
研修終了後、幸田より「今日1日どうだった?」と尋ねられた際に「憲法に共感しました。ここで働きたいです。」と言い、その場で入社が決まりました。
コウダプロとしても金丸としても、宇宙の流れに乗った瞬間でした。
※いつもこんなに簡単に内定を出しているわけではありませんので悪しからず…(笑)
私は新卒採用を担当している身ですが、その日金丸と接してみて、直感的に「コウダプロに合う人だろうな」と思ったことを覚えています。

そんな金丸は、中学卒業後、地元の工業高校へ進学し、その後大手ゼネコンへ就職しました。
現場監督として4年間働いていたのですが、あまりの過重労働により心身ともに壊したことを機に退職することとなりました。

あまりにブラックすぎる職場だったことに加え、お客様のことより自分達の利益を優先する企業としての姿勢にうんざりした経験を持つ金丸だからこそ、コウダプロ憲法に深く共感したそうです。
特に共感したのは第15条の「人を大事にする」だそう。
前職は人を人として見るような環境ではなく、また、コウダプロ以外にも「人を大事にします」と掲げている会社はあるものの、こんなに具体的に実践している会社は他にないと思ったとのことです。

※ちなみに、コウダプロでは基本的に、他社で働いた経験のある、いわゆる中途人材であっても、若者は一律で新卒枠として採用されます。

金丸は現在、この4月に立ち上がったばかりの環境衛生事業部の見習いリーダーとして日々もがいています。

大村と2人で事業を運営していた頃、大村が営業マンとしての自信と元気がなく、金丸1人で動いたほうが良いのでないか?という状況を見た幸田から「金丸くんをリーダーにする。大村くんは金丸くんの下で彼の指示によって動いてください。」との宣言があり、7月より見習いリーダーに任命されました。

※現在、この事業部は同期の山﨑・大村と3人で運営しているのですが、山﨑はもともとヒット屋配属だったため途中からの参加です。(この件についてはプロフィールシート山﨑回にてご紹介予定です!)

「コウダプロのリーダーとして働くのはどんな気持ちですか?」と尋ねたところ、
「事業の方針などを決める際に、3人でいろんな意見を出すのですが、最終的に決定するのは僕なので客観的に物事を見るようにしています。視野を広く持って正しい判断ができるように練習中です。

環境衛生事業部では、AirFutureという製品の販売代理店をしています。
最近では、この製品の営業方法について意見が対立したことがありました。

社長からのアドバイスを実行したいメンバーと、独自の考えでやりたいメンバーとがおり、『基本的には社長からのアドバイスを実行し、空いた時間で独自の考えによるやり方もやってみる』と結論付けました。
僕個人としては、やはり社長はスキルも経験値もまったく違う上に、社長の考えられている戦略に合理性を感じたので、いただいたアドバイスをまずは忠実にやってみることが大事だろうと思いました。
しかし、独自の考えを提案してくれたことも大変素晴らしいことだと思い、両立させるという判断に至りました。

また、今は同期だけで運営している事業部ですが、来年以降は新卒社員も入ってきます。
仕事面だけでなく、人としての正しい考え方を教えていくことへの責任感を感じています。
新卒社員にとって初めての上司が自分になるのかと考えると、とてもではないですがふざけたことはできません。その人の社会人生活を預かることになりますからね。」との答えが返ってきました。

入社式の翌日に入社が決まった金丸ですが、今では金丸なしでの環境衛生事業部は考えられないほどの存在になっています。

ちなみに同期5名に「金丸をひとことで表すと?」と質問してみたところ…
・山﨑「俳優みたい」
・大村「ややイケボ」
・五島「とにかくイケボ」
・藤原「人思い」
・内田「広い視点を持ったストッパー」

とのことでした('ω')ノ
3期のイケメン枠といったところでしょうか??


4月に立ち上がったばかりの環境衛生事業部を今後どんな風に展開していくのか、金丸リーダーの益々の活躍に期待が高まるばかりです!



↓ヒット屋アシスタント募集中です♪↓

商品開発アシスタント
好きを強みに!あなたの感性を化粧品の商品企画に活かしませんか? 
■ヒット屋 ヒット屋は、消費者に「使ってみたい」「使い続けたい」と思って頂ける商品こそが“売れる商品”の基本と考え、 1. 世に埋もれた原料・技術情報を探し出す 2. 製品に、消費者の感情を揺さぶるようなストーリー性を持たせる 3. 体感やビジュアル、テクスチャーなどのしずる感を極限まで追及する 4. LTVを最大限引き上げる製品設計 5. 「これは必ずヒットする」と自信を持てるまで妥協しない 以上の5点を売れる商品開発の原則とします。 【ヒット屋公式サイト:https://hit-ya.jp】 ■飲みニケーション応援事業 「日本の飲みニケーションを応援したい!」 そんな想いから立ち上がったこの事業。 オリジナル製品のアルコール対策サプリメント、“アスガール”を流通・販売しています。 いかにコウダプロらしい戦い方でアスガールを広められるか。 アイデアを武器にしてこの事業を盛り上げています。 ■自治体四季報 自治体四季報は、全国1,741自治体の「住民の持続可能な幸福を実現する力(=自治体の経営力)」を見える化したサイトです。 1年間の自治体運営の結果を表す「優秀自治体総合ランキング」では、「各自治体に住民を幸せにする力がどれぐらいあるのか?どれぐらいの経営力があるのか?」を見ることができます。 住民を幸せにする力という、一義的には捉えどころのないものを、初めて民間企業を評価するときに用いる経営指標のように、客観的に見える化しようと考え、自治体四季報は生まれました。 【自治体四季報公式サイト:https://j-shikiho.com】 ■環境衛生事業部 環境衛生事業部は、”本物”の意味ある衛生対策製品・技術を世の中に広めていくために立ち上がりました。 昨今、世界中の人々がコロナウイルスを中心とした感染症の対策に力を注いでいます。衛生対策は永続的に私たちが向き合っていかなければならない事柄です。 環境衛生に関するご相談・ご用命がある際には、是非、環境衛生事業部までご一報くださいませ。 ■各種コンサルティング コンサルティング内容は「お困りごとの解決」です。 コウダプロの強味は、発想力です。 どんなに苦戦して先が見えない状況でも、視点や発想を変えれば必ず活路が見つかります。 2時間あれば、ブルーオーシャンは見つかります。
株式会社コウダプロ
株式会社コウダプロ's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more