1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

毎週水曜日は、TMS塾の日。

TMS塾とは?

「TMS」をご存知ですか?

TMSとは、「トヨタ流マネジメントシステム」の略称であり、海外を含めて最も高い成果を生むマネジメントを実施している日本企業「トヨタ自動車」の、ホワイトカラー向け実践型マネジメント理論のことです。

具体的には、まずトヨタ流マネジメントの根本的な原理を押さえた上で、短期間で成果を生む(企業文化を再構築する)ための方法論を学びます。続いて、職場を活性化させる原理を知り、チームで実践します。次に、価値観やマネジメントのばらつきがどれだけ発生しているかを知り、自らの職場に共通の価値観と原理原則を入れる方法を学びます。最後に、振り返りと正しい真因分析のやり方を身に付けます。こうしたマネジメントにより、チームや組織、会社全体の生産性の格段の向上に導きます。

そんなTMSをカブコムで取り組むべく、株式会社戦略スタッフサービス取締役の三井さんに講師をお願いし、塾生(活動リーダー)を中心に全社員で活動しております。

・・・とまぁ、コピペはここまでにして。

これまでカブコムではTMS塾を1期~4期まで開講しており、今年度8/21(水)に4期生の成果発表会が行われました。

4期塾生は20名。各部署の代表として選ばれた人たち。そんな4期生による、全18回の講義と、5ヶ月間の実践的なTMS活動の集大成。

さまざまな部署の活動リーダーが3チームに分かれて役員の前で発表。どの部署の活動もとても個性的かつ1~3期の活動をさらにバージョンアップさせたハイレベルなものでした。

ちなみに、私、採用担当の平井も4月から(入社してすぐ!)この4期の事務局 兼 塾生として参加し、人事室の「あるべき姿」を目標に掲げ、その上でタスク管理、感情の可視化を行い、かなーーーーりいい感の人事室に仕上げちゃいました。

わたしはチーム「ダイナソー!!」

そして平井が組んだチーム「ダイナソー!!」には、システム開発部、内部監査、システムリスク、売買審査室、金融市場室、そして人事室といった、かなり特色の異なったメンバーが揃いました。部署名だけ見るとお堅そうでしょ? なにがダイナソーだよ!ってつっこむのも恐れ多いくらい生真面目そうなメンツ。笑

しかし、やはりみなさんすごく真面目。まず講義の出席率が高い!平井もフル出席やり遂げました!「自工程完結」の本も自主的に読込んでチームビルディングに取り入れたり。飲み会にも積極的に参加して、普段あまり関わることがない他部署の人たちとも積極的にコミュニケーションをとってきました。この優等生っぷり、さすがダイナソー!!です。もちろん、他のチームもかなり個性的で優秀、みんな仲良しですよ!

でもまぁ、TMS活動自体は正直、しんどいことも多いです。。もう何がしんどかったのか書ききれないくらいしんどいんです。まずこの活動のために毎週水曜日の午後は必ず予定を空けなければなりませんし、水曜日以外も各自部署で目標に向けて活動を遂行させます。生産性を向上!日々の業務みえる化!共通の価値観!チームビルディング!って簡単に言われたって、やり方は所属する部署によって多種多様、他を真似したって上手くいかない、部室長含め全員を巻き込んで行動するって結構難しいわけです。

そんなこんなで4期生は壁にぶつかったり四苦八苦しながらもノウハウを共有しみんなで助け合い、一体感を高めてきました。

ある意味戦友の集まりだった4期生。塾卒業後はこれまでの活動を振り返って、しばらくノスタルジックな気分に浸った平井でした。。

(成果発表会後の集合写真。三井先生、ありがとう。)

4期は終了しましたが、このTMS活動自体はずっと継続していくものなので、今後は塾卒業生として、他の社員を引張っていく立場となります。

もしカブコムとご縁あってご入社された場合は、TMS活動を通して職場の活性化を行っていただきます。そしてこのTMS活動にカブコムエッセンスを加えて独自のものとし、KMS(カブコムマネジメントシステム)を確立していきましょう!

auカブコム証券株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more