1
/
5

CFO就任から半年!CFOが見据えるJoBinsの未来とは?

こんにちは!JoBins採用担当の加地です。


2021年9月にCFOとしてJoBinsに入社した片岡さんにインタビューを行いました。

なぜJoBinsに入社したのか、入社してから半年が過ぎて感じていることなどを伺いました。


※CFOは表に出ないこだわりがあり、写真はインタビューした加地の写真です!


CFOのプロフィール

片岡 幸一(かたおか こういち)

1981年生まれ

上場企業で経理財務部門の責任者を経験し、市場変更のプロジェクトリーダーも担当。

前職では、癌治療機を開発する医療機器ベンチャーにてIPO準備、資金調達の対応を行う。

2021年9月にJoBinsに入社。


『ユニコーン』



加地:片岡さんは、なぜJoBinsに入社されたのですか?

片岡:一言でいうと、「JoBinsの額にユニコーンの角が微かに見えそうな気がしたから」ですね。

加地:ユニコーンというと?

片岡:時価総額10億ドルを超える未上場企業で、非常に珍しいので、幻獣であるユニコーンと言われる企業のことですね。

加地:そうすると片岡さんはJoBinsがユニコーンになると考え、入社されたのですか?

片岡:その確信は全くなかったです。ただ、私が探し求めていたのは、まだ光り輝いてはいないダイヤの原石のようなスタートアップだったので、ビビッときました。

加地:直感で決められたのですね!

片岡:そうですね(笑)同時に内定をいただいた企業で、既に角が少し出ているような素晴らしいベンチャーもありましたが、徳永CEOと共にユニコーンを目指していく道が一番エキサイティングだと直感的に感じ、入社しました。


『直感から確信へ』

加地:入社して半年が経ちましたが、どのように感じていますか?

片岡:先ほど直感で入社したと言いましたが、この半年間はその直感が正しかったのか、確認する期間だったと思っています。

加地:結果はどうでしたか?

片岡:もちろん、正しかった。エキサイティングという点では、入社前と後で全くのギャップが無く、むしろ想像していたよりエキサイティングでした(笑)時間がかかったのは、JoBinsの根底にある「価値」が何なのかを本質的に理解することでしたね。

加地:根底にある価値とはどのようなものですか?

片岡:簡単に言うとJoBinsの魅力です。なぜこんなに急成長をしているのか。なぜユニコーンになりそうな気がするのか。それは、ビジネスモデルをただ聞いているだけでは、たどり着けないものでした。

加地:う~ん、それは何かを教えてはもらえないのでしょうか?

片岡:そうですね・・・これは公にできないです(苦笑)ただ、入社後6ヵ月が経ってから、私個人としてJoBinsに出資させていただいたのは、その価値に気づくことができたからに他ならないですね。

加地:出資をするということは、JoBinsの将来性に期待をしているからということになりますか?

片岡:出資額は個人資産としてはAll bets(全賭け)に近いので、将来性に期待というよりは、自分の人生を賭ける価値がある企業だと確信したからですね。少なくとも少し財産を増やすために投資をするというようなものではありません(笑)


『壮大なミッションを掲げているJoBinsだからこその財務戦略がある』

加地:CFOが課題だと考えていることは何ですか?

片岡:それはJoBinsにとっての最適な財務戦略は何かということですね。当社のミッションである「2040年までに日本を代表するSaaS企業になる」を実現するために、今とるべき財務戦略は何なのか。

加地:よくわかりません(汗

片岡:(笑)他のベンチャー企業で正解とされている財務戦略が、JoBinsにとっては最適な財務戦略だとは限らないということですね。これはおそらく、人事戦略や営業戦略も同じだと思います。これからジョインされるであろうCXOの方々も、この壮大なミッションを実現するためにJoBins独自の戦略を考えていくことなると思います。そして、それが最高に面白い!!って、これを語り始めると長くなりそうなので、また別の機会で(笑)


『Size-F』


加地:最後にあえてお聞きますが、入社して半年で、片岡さんが一番焦ったことなどはどのようなことでしょうか?

片岡:Size-F事件ですかね・・・

加地:どのような事件ですか??

片岡:当社には、胸にJoBinsとプリントされたTシャツがあって、昨年集合写真を撮るときに全社員に配布されました。私の体重はトップシークレットですが、ボリューミーなのは見れば明らかにも関わらず、なぜか担当者がLサイズを注文したんですよ。

加地:すみません、それ注文したのは私です・・・

片岡:加地さんに「明日、集合写真を撮るので~」と渡されて、Lサイズのタグが見えたときは、冷や汗が出ましたね。徳さん(CEO)に、もしTシャツが入らなかったらエンジニアの力でTシャツを着ているようなCG加工をお願いしていいかと真面目に相談しましたから。

加地:そういえば、Slackでの徳さんと片岡さんのやりとりを見て、みんなで笑ってました(笑)

片岡:次回はXLを発注してもらうことになったのですが、XLと言われると、太っている感があって嫌だったんですよね。それを徳さんに伝えたら、CFOサイズという意味で、「Size-F」というセンスあるネーミングで呼ぶように提案してくれたんです(笑)結局XLのことで、気持ちだけの問題ですけど。

加地:次回はSize-Fを注文します(笑)えっと、インタビュー最後のエピソードはこれでよいですか?(汗)

片岡:これも会社やCEOとのやりとりの雰囲気を感じてもらえるエピソードだと思うので、これでいきましょう!

加地:では、最後に未来のJoBinsメンバーになるかもしれない方々へメッセージをお願いします!

片岡:私は、どのようなコンテンツでもネット上の情報だけでは、JoBinsの本当の魅力を伝えることは難しいと思っています。なので、「IT、SaaS、急成長、大阪」といったキーワードで興味を持っていただけたら、とにかく一度ご連絡ください!JoBinsに入社するかどうかは、CEO面談後に考えてみませんか?

当社は今まさに創業期であり、ともに成長する創業メンバーとして、皆さんのご応募を心よりお待ちしております!

株式会社JoBins's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more