1
/
5

【応募前に必ず読んでください!】日本ITビジネス研究所について

日本ITビジネス研究所に興味を持っていただき、ありがとうございます。

この記事では、新卒や中途での入社を検討している人に向けて、選考フローや働くイメージをまとめました。

日本ITビジネス研究所で働くとどうなるのか?どんな人がいる会社なのか?などを知っていただける内容になっています。ぜひご覧ください!

<目次>

■日本ITビジネス研究所とは?簡単な説明
■日本ITビジネス研究所の選考について
■日本ITビジネス研究所ではこんな方をお待ちしています
■日本ITビジネス研究所へのよくある質問Q&A

——————————————————————————————————————
・採用PV

入社後のイメージ動画はこちら
※会社の雰囲気がわかる動画なので、是非ご覧ください。

——————————————————————————————————————

■日本ITビジネス研究所とは?

《どんな事業を行なっているのか》
日本ITビジネス研究所は「成長産業ビッグバンを起こし人々を幸せに」というビジョンを掲げたグローバルIT企業です。特に、美容領域に注力して事業展開とグローバル展開を同時に進めております。

提供しているサービスには、以下のようなものがあります。

・Ad Marketing事業(広告運用)
・Global Marketing事業(海外マーケティング支援)

特にアドマーケティング事業については、ディスプレイ広告(アドネットワーク)、SNS広告(LINE・Facebook)、YouTube動画広告を中心に次々と新らしい媒体を攻略していきます。

さらに、関連会社にて化粧品D2C/EC通販ビジネスを日本国内、中国、アメリカ、オーストラリア、カナダに展開しており、今後はメキシコ、イギリスへも展開予定です。

≪どんなキャリアを描けるか≫

個々のキャリア形成を支援する体制を持っています。

グループ内でマーケター、ライター、WEBデザイナー、ECマーケター、セールス・事業開発にキャリアチェンジできたり、新規事業を作ることができます。

実際にキャリアチェンジ制度を活用されご自身がイメージしたキャリアを築かれる方が多くございます。

弊社の代表取締役も一般社員として入社しております。
また、関連会社の代表についても未経験入社から1年半後に代表取締役に就任しました。

すぐ隣にいる人が次々と新規事業を立ち上げて世界に挑戦していく中で一緒に働きます。「将来起業を考える方」や「世界で戦いたい方」には最適な環境ではないでしょうか。

《どんな人がいるのか》
起業家精神を持って働くメンバーが多いです。入社後6ヶ月でチームリーダーになったり、1年後に事業責任者になったり会社の代表として起業するなど、若手でも積極的に事業責任者や新規事業の立ち上げに挑戦します。

また、良い意味でゲーム感覚で仕事を楽しむメンバーが多いです。勉強もスポーツも、やはり楽しんでいる方は成長も早いです。時間を忘れるくらいに仕事に没頭する、夢中になる。だから成果が出るのです。

仕事が速い方が多いです。どうすれば早く処理できるかの単純な処理スピードだけでなく、意思決定の速さ、アウトプットしやすいようなデータのまとめ方、成果からの逆算思考、トータルでスピードを追求します。

役員から若手で活躍しているメンバーまで、何人か紹介します。

┌────────────────────────────────────────────────────

・代表執行役社長 梅山元邦

新卒で建築会社へ、現場監督、設計、営業経験を経て、2017年6月に日本ITビジネス研究所の一人目の社員として入社、入社当初の年商が1億円だった当社を創業者と共に年商20億円以上の企業に引き上げ2018年に取締役に、2019年に代表取締役に就任。

┌────────────────────────────────────────────────────

・執行役員/Ad Marketing事業責任者 三谷洋介(Yosuke Mitani)

副業でのアフィリエイト経験を経て「世界へ」という志しに共感し2017年12月に日本ITビジネス研究所にジョイン。広告運用事業部にて媒体を次々と攻略する新規開拓を推進。2020年に広告運用事業部の責任者(執行役員)に就任。現在は人事総務も含む国内事業を統括管理。

┌────────────────────────────────────────────────────

・Ad Marketing事業部 主任 金基孝(Kihyo Kim)

2021年に新卒1年目から挑戦できる機会を求めて日本ITビジネス研究所に入社。新規顧客獲得を支援する広告運用事業部に配属。失敗を許容する成長環境をフル活用し、入社半年後には月に1億円近い広告予算を動かすWEBマーケターに成長。2022年に主任に昇進。年内にチームリーダー昇進を目指す。

┌────────────────────────────────────────────────────

・Global Marketing事業部 Creative Director グェン フォンズン(Dzung Nguyen)

2020年に中途入社でグローバルマーケティング事業部のUSチームに配属。各国の動画制作を中心に自ら結果を出すだけでなく、必要な人材をリファラルし、マネジメントまでこなすプレイングマネージャー。今年、クリエイティブディレクターに昇進し、さらなる飛躍を目指す。

——————————————————————————————————————

■日本ITビジネス研究所の選考について

▽事業内容に関する詳細
公式サイト「プロダクト」から

▽職種内容に関する詳細
公式サイト「採用情報」から

▽職場環境に関する詳細
公式サイト「職場環境と制度」から

▽選考フロー
当社は最初から志望動機を求めません。

みなさまと当社がお互いを理解し「将来ビジョンへの共感とキャリアパスのイメージができるかどうか」の確認の時間を大切にします。
よって、カジュアル面談にてお互いざっくばらんに話し合い、改めて選考をご希望される方のみ選考へ進んでいただきます。
<選考フロー>

①カジュアル面談 ※30~60分
②書類選考
③一次面接/役員 ※30~60分
④最終面接/CEO ※30~60分
⑤体験入社 ※3~5時間
⑥オファー面談

・応募方法
Wantedlyの募集ページをご覧ください

・選考基準について
日本ITビジネス研究所はバリューへの共感を大切にする人柄重視の採用です。よって、採用基準は3つのバリューをいかに体現できる方かを見ていきます。

——————————————————————————————————————

■日本ITビジネス研究所へのよくある質問Q&A

Q.会社の強みと弱み
A.
【強み】
データ力の差
売りたい商品を売るのではなく売れる商品を売っている。
クライアント様の広告運用を通じて、
また、複数のPDCAを同時に走らせる事で圧倒的なデータ量を蓄積し、世の中のニーズに合った商品サービスを提供する。
我々のビジネスの本質は、広告事業でも化粧品事業でもなく、データを活用したデータビジネスである。

【弱み】
ベンチャーのため組織体制が整っていない。社内ルール、管理体制など統率面にはまだまだ課題あり。逆に言えば自走環境に溢れております。これから一緒に事業と組織を作り上げていくことを楽しめる方、ご連絡お待ちしております!

——————————————————————————————————————
Q.今後の成長戦略
A.
シナジーを生み出す2つの展開を強化
【グローバル展開】
中国、アメリカ、オーストラリア、カナダに続き、イギリス、ニュージーランドなどの英語圏の、イギリスの開拓にも注力していきます。
【事業展開】
英語圏を中心とした海外マーケティング支援、D2C、グローバルD2C、営業代行、全世界リユース、遠隔診療など。

——————————————————————————————————————
Q.入る前に勉強しておいたほうがいいこと
A.
セールスコピーライティングのスキルや知識は、 社内でも重要度の高いスキルとして挙げさせて頂いております。
こちらは入社前に関連書籍やコンテンツをお渡ししております。
色々ありますが… 結局実務に勝る勉強はないと考えています!
未経験の人が戦力になるまで、早い人で3ヶ月、平均的には半年以上かかっている印象はあります。

——————————————————————————————————————
Q.オススメの本
A.
・ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則
・ザ・ゴールⅠ,Ⅱ 企業の究極の目的とは何か
など。こちらは会社にて用意しております。

——————————————————————————————————————
Q.活躍してる人の特徴
A.
夢や目標があって入社してきた人。
素直にどんどん吸収して実践する人。
成長欲求が高い人。挑戦を楽しめる人。
自由な発想で世界で活躍したい人
仕事に没頭する人。

逆境を楽しむくらいの心構えのある方ですとやはり成長も早いです。

——————————————————————————————————————
Q.とにかく成長したいのですができますか?
A.
「御社で学び成長したい」という志望動機の人は、研修制度が整っている大手企業に入社することをオススメします。
弊社のようなベンチャー企業では、仕事以外のプライベートの時間でも自らインプットを行い、
業務を「アウトプットの機会」として捉えて取り組み成長できる人が活躍しています。
何もかもが整っており、手取り足取り教えてもらえる環境ではないですが、
その分自らインプットし、アウトプットできる人にとっては、会社とともに”成長・飛躍”していける環境になっています。

——————————————————————————————————————
Q.残業は平均どのくらい?
A.
取引先や時期により異なりますが、平均30時間です。
自分の仕事をこなしているのが前提ですので、
基本的に「残れ!遅くまでやってるから偉い!」みたいなことは一切ないです。あくまで成果を軸に考えます。
理想としては圧倒的に早く業務をこなし人の2倍以上の行動量に達する生産性の高さです。
人の半分の時間で人の2倍のパフォーマンスを出せる人材こそ市場価値の高い人材と考えます。

——————————————————————————————————————
Q.入社前に覚悟しておいたほうがいいこと
A.
0→1を求められる。
大手のようにサポートもないので、当事者の問題解決能力が問われる。

——————————————————————————————————————
Q.取るべき資格はありますか?
A.
特になし

——————————————————————————————————————
Q.休日出勤はありますか?
A.
基本なし

——————————————————————————————————————
Q.繁忙期はいつですか?
A.
夏のお盆前、年末などの大型連休前は広告出稿量が増えることもあり、忙しい傾向にあります。

——————————————————————————————————————
Q.経営理念は何ですか?
A.
【成長産業ビックバンを起こし人々を幸せに】
IT革命により成長した産業は主に2つ。
広告と、小売(通販) うちはどちらもやっている。
今後時代の変化により業態が変わることもあるが、常に成長産業を意識して最先端を突き進む

——————————————————————————————————————
Q.EC・通販で扱ってる商品
A.
シャンプー・育毛剤・メンズ化粧品・女性用オールインワンジェル・など。
美容・化粧品関係が中心で、今後も増やしていく予定です。

——————————————————————————————————————
Q.30代,40代ですと入社は難しいでしょうか?
A.
一番上の方ですと64歳です。
今までポテンシャル採用がメインとなっていたため若手が中心となっておりますが、
今後は経験者採用に力を入れていくため、年齢層はより幅広くなっていくかと思います。

——————————————————————————————————————
Q.顧客開拓はどうされているのでしょうか?
A.
クライアント様に関しては現状、紹介等によりお取引につながることが多いです。
今後、社内の営業部隊を整えていく予定でございますが、
テレアポ等ではなく、WEB上での集客がメインとなるかと思います。

——————————————————————————————————————
Q.自社通販は専門の部署があるのでしょうか?
A.
はい。専門の部署にて行なっております。

日本ITビジネス研究所株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 日本ITビジネス研究所株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?