1
/
5

「Seminar Shelf」で、泥臭い押し売り営業は終わりにしよう

こんにちは!イノベーション入社1年目の山口です!

突然ですが、営業のアポ率は世間一般では2~3%と言われています。制作期間1か月の1本の動画で、営業アポ率10%も夢じゃない!プラットフォームサービス『Seminar Shelf』の全貌を暴いていきます!

※2021年7月1日追記※
7月1日より「SeminarShelf」は「bizplay」に名称変更し、
よりビジネスユーザーの「学び」となるような様々な動画コンテンツの提供を開始しています。


■そもそも『Seminar Shelf』ってなあに?

HPはこちら!


一言でいうと【企業がセミナー動画を掲載し、マーケティング活動の課題を解決できるサービス】です。

具体的には、セミナー動画を視聴した人の個人情報を企業に提供して、自社の新規顧客を開拓できるリードジェネレーションサービスです。


企業の営業課題として、下記が挙げられます。

  • 目標に対してリードの数が足りていない
  • 獲得するリードが既にアプローチしている企業ばかり
  • リードを獲得するだけで認知度が上がらない
  • 文字だけではサービスの訴求ができない
  • ブランディングができていない



Seminar Shelfにセミナー動画を掲載することで全て解決できます。

■具体的な流れ

①セミナーを動画化し、Seminar Shelfに掲載をする。
②動画を視聴したお客様の情報を取得する。
③リードの情報が知れる。(※リード…製品になんとなく興味があるお客様のこと)
④リード情報をもとに営業をする。

動画をアップするだけで、アポ率10%が実現できるなんて夢のようですね★


■どんな特徴があるの?

Seminar Shelfに動画を掲載する場合と他社が自分たちで動画作成し、公開する場合を比較すると、下記のような違いがあります。Seminar Shelfは、質の高い動画をスピーディに掲載することで、いち早くリードにアプローチが可能です。

■いくらかかるの?

料金は、簡単に説明をすると、動画を視聴されたユーザー1名につき、〇円の成果報酬型の料金体系です。

プランによって異なりますが、動画を見たリード1人あたりの情報は5,000~10,000円です。広告のように費用対効果が見込めないという事象は起こらずに、質の高いリードの情報を獲得ができます!


■どんな想いから誕生したの?

世の中の動きに注目すると、下記のような課題が判明しました。

【ビジネスパーソンの需要】

もっと気軽にセミナーを見たい!

  • 日時が合わない、日中仕事があっていけない
  • 地方在住で都市部のセミナーに足を運ぶのが面倒
  • 押し売りがあるのではないかとセミナーに参加するハードルが高い


【企業の需要】

もっと気軽にセミナーを開きたい!

  • 会場費がかかる
  • 移動が大変
  • 全国各地での集客が大変
  • 参加逃した人へのフォローが大変


そのことから、

「セミナーを受けたい人」と「セミナーを開催したい企業」の両者の需要に答えたい!

セミナーで企業の営業活動の課題を解決させたい!

という想いから、Seminar Shelfは誕生しました。


■どんな想いで提供しているの?

Seminar Shelfは2018年に開始したので、新しい事業です。そのため、まだまだ知名度が低いのが現状です。これらを解決するべく、様々な施策に取り組んでいます。

「既存のお客様(企業)のフォローを徹底し、ファンを増やす」

セミナー受講者にセミナーを見ようと思った背景・課題感のヒアリング(ヒアリング内容を企業に提供)

Seminar Shelfの広告の充実し、ブランディングを高める

セミナーに差し込めるような広告の充実(市場調査をし、ターゲットが必ず目にしたことがある状態に)

企業の売上に貢献し、日本中の企業の誰もが知る存在になりたい。

そのような想いで、

「営業に困った…だったらSeminar Shelfにお願いしよう!」

という世界を目指しています!!SeminarShelfの今後にご期待くださいませ!!


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

もっとSeminar Shelfについて知りたい方はこちらまで★

株式会社イノベーション's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more