1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

2020年新卒の在宅対談

2020年4月に株式会社イノベーションに入社したそれぞれ違う職種の3人(営業・エンジニア・マーケティング)にイノベーションの印象や職種、それぞれの就職活動について語ってもらいます。

※株式会社イノベーション:BtoBマーケティングの会社。企業ミッションは”「働く」を変え組織や個人が成長できる社会へ”。


-----では、それぞれ自己紹介からお願いします。

 こんにちは。研修前は新規営業でインターンをしていた北です。営業職です。趣味はLIVE参戦です!

嶋津 エンジニア職の嶋津です。趣味は麻雀と競馬とパチスロとポーカーです!

岩谷 マーケティング職の岩谷です。趣味は読書とFXです!


-----ありがとうございます。では最初にイノベーション社員への印象、ギャップなどをお願いします。

嶋津 非常にオンオフがはっきりしている印象を受けました。皆さん仕事に対してはとても真摯なのですが、周年記念パーティーなど、オフの場面では思いっきり羽を伸ばしていたので。

 たしかに。

嶋津 あとは、エンジニアの印象ですね。なんとなく一人でもくもくと作業するイメージでしたが、ここでは「話せるエンジニア」が求められています。そういうところはとても新鮮に見えました。

 なるほど。私はあまりギャップは感じなかったかな。最初から熱烈歓迎の文化のことや、神田さん(人事)の暖かい感じがそのままイノベーションの雰囲気と一致していたと思います。インターンではウェルカム色紙をいただき、一緒に頑張ろうというメッセージをいただきました。とてもうれしかったですね。

岩谷 私は当初、理念共感を第一に掲げている企業がどういうものなのかよくわかっていなくて、「ずっとこの理念に共感し、人生の最優先事項にし続けなければならない」という強迫感を持つことになってしまうのではないかという不安はありました。究極的には「何のために生きてるか」という点で限りなく一致する必要があるのかと。

-----たしかに、気になるところかもしれません。

岩谷 その点についても心配はいらないと言ってくれたのを覚えています。人生なのだから優先順位は理念、家族、友人、お金など入れ替わることはあると。ただ、もしそうなったらなんでもいいから話してほしいと言われたときはとても安心しました。安心して理念共感できると(笑)。考えすぎだったのかもしれませんが、自分が感じた最初のギャップでした。

-----そうですね、「組織」の尊厳と「個」の尊厳、どちらを上位に置くかという点は明確に区切る必要はないのかもしれません。重なるところがあれば協力できるはずです。

-----ありがとうございました。それぞれ見ている視点が違っていて面白いですね。イノベーションでの「熱烈歓迎」や「ForYouマインド」の文化を体現していますね。

-----続いて、イノベーションと他の会社とは違うところを語ってもらいたいと思います。

岩谷 ほかの会社とは安易に比べることはできませんが、比較的緊張しないで面接を受けることができました。

嶋津 私もそう思います。色々な会社を訪問しましたが、イノベーションが一番和やかでした。コンサルティング業界なんかは怖い人も多くて、面接中お叱りを受けたこともありました(笑)

-----それは大変でしたね(笑)

 あとは学生が発言しやすいように配慮してくれているところは他と違うなと感じました。

岩谷 たしかに。今の研修中でも、「ここはアウトプットの場だからなんでもいいから思ったことを言ってみて」という風に、発言しやすい機会を作ってもらえる印象です。

北・嶋津 そうですね。

-----なるほど、ズレたことを言ってしまわないか心配していたら、委縮してしまいますし、発想が貧弱になってしまうかもしれません。イノベーションの若手にもチャンスを与える文化が節々に見て取れますね。

-----続いて、それぞれの職種(営業、エンジニア、マーケティング)のすごいなと思うところを語ってもらいたいと思います。

嶋津 まず営業がすごいなって思います。営業の人って順序立てて説明できるじゃないですか。自分はあまり得意じゃないので…。

 私はマーケがすごいなって思うかな。特に金銭的な裁量の違いだね。営業とマーケティングでは扱う額が違うし、マーケはうまくいかなければその投資分は何も返ってこない。その違いは大きいように感じます。

嶋津 そうですね。先の見えないことに挑戦しているのはすごいと思います。私は麻雀が趣味なんですが、自分の選択が悪い結果に繋がるとけっこう落ち込むので(笑)そういう意味では麻雀に通ずるものがありますし、その選択を楽しめるのはすごいと思います。

岩谷 確かに(笑)その視点は面白いですね。私も営業に関しては嶋津さんと同感で、付け加えると、人に興味を持って接することができる人が多い印象で、それがすごいなと思います。自分はついつい自分の世界に入りがちで、自分ばかりしゃべってしまう時があります。「自然としゃべってもらう」っていうのができるのがすごいと思います。

------なるほど。エンジニアについてはどうですか?

岩谷 考えたものを作れるって純粋にすごいし、憧れますね。なんでもできるじゃん!って。実際はそんなに甘くはないんでしょうけど(笑)昔プログラミング独学に挫折したこともあるので、尊敬してます。またチャレンジしてみたいです。

------なるほど、お互いに強み弱みを補完しあえそうですね。「圧倒的な強みが周囲を驚かす」イノベーションのバリューにもあります。

-----ちなみに入社前は何をされていましたか?

 私はインターンでしたが、内定者で10月に集まった時に、不安感でインターンを選ば

なくてもいい、最後だから悔いのない学生生活を過ごしたらいいと言われたので、遊びとバランスをとりながらインターンに参加していましたね。

岩谷 そんな風に言ってもらえる環境っていいよね。

嶋津 僕は麻雀をしたかったのと大学の単位を落とさないように必死でした(笑)なのでエンジニアの二人の同期はインターンで少なからず経験があるのに対して、自分だけ経験がないので、その点は出遅れないか心配ですが、人一倍頑張ってできるようになりたいです。

岩谷 私も嶋津くんと同じで趣味に没頭してましたね。読書したり、プログラミング独学に挫折したり、あとはFXばかりやっていました。早めにインターンで経験したい気持ちもありましたが、後悔したくなかったので思い残しのないようにしました(笑)

-----それはとてもいいですね。入社前までにインターンをしたり趣味に没頭したり個々に合わせた過ごし方ができるのはイノベーションが多様性を重んじ、個性を表現することを尊重しているからだと思います。

-----ちなみに今の職種を選んだ理由は何ですか?

嶋津 もともと麻雀が好きなので、インプットとアウトプットを繰り返せる職種が自分に合ってるのではないかと思って、エンジニアを希望しました。

 先ほども述べましたが一人黙々と作業する感じではなくて、イノベーションの「話せるエンジニア」というのは新鮮でしたね。現在はそっちの方がカッコいいと思ってます(笑)

 確かに、話せるエンジニアってカッコいいね!

岩谷 最初は私もエンジニアを見ていました。ですが、受けている中でなんとなく人が違う感じがしたのでマーケティングを受けるようになりました。そこで一気にマーケティングの人たちに親近感がわき、自分は機械の中で自分の考えが機能するか知りたいのではなくて、マーケットや社会のほうに関心があるのだと気づきました。それがきっかけですね。

 私は二人とは違って職種そのものは限定せずに、理念共感やカルチャーをみて選びました。正直職種はどれも面白そうと思っていたので、希望は出していなかったです!

-----なるほど、職種を選ばず選考を受けることができるのはいいですね!

3人ともイノベーションの様々なところに共感や想いを持っていることがわかりました。

今後の活躍が楽しみですね!これからイノベーションを受ける人の参考になれば幸いです!ありがとうございました。

株式会社イノベーション's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more