1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【イノベーションの新人研修!!人事はヤバイ人たち?!】

こんにちは!4月からイノベーションで働き始めたピカピカの新人、伊藤・大島・南葉です!前回の伊藤さんの記事は読んでいただけたでしょうか?伊藤さんからバトンをつなぎ、今回担当するのは、【簡単な自己紹介】の真ん中の写真の大島聡晃(おおしまとしき)です!

コロナの影響で気分が乗らない新入社員へ!!リモートワーク研修などで大変だと思いますが、よく考えてみたらもっと大変そうな人がいることに気がつきました。そう!人事です!僕はイノベーションの人事をみて思いましたが、きっとどの会社も大変なのは同じだと思っています。今回はそんなイノベーションの人事について、同期へのインタビューを交えてお話ししたいと思います!


熱烈歓迎の文化

イノベーションでは、熱烈歓迎の文化があります。”熱烈歓迎”とは、イノベーションの社員が、社外の人や私たちのような新入社員々を心から歓迎し、もてなすという文化のことです!そんな熱烈歓迎をするために人事が行った準備をお話します。イノベーションでは新入社員の紹介がめちゃくちゃされます。

  1. いの新聞(トイレやオフィスのエントランスに貼る社内新聞)
      社内新聞の中に、内定者紹介の欄を設けてくれました!
  2. 自己紹介の動画(社員全員が集まるパーティーのコンテンツの1つ)
      全社員に初めて内定者が披露される場で、自分たちで作成した1分程度の自己紹介動画を流してくれました!
  3. パワーポイント(入社式で人事が新入社員紹介するための)
      今年は新型コロナの影響で入社式は中止となってしまいましたが、人事が私たちの強みやいいところをまとめてくれたパワーポイントを作って、全社員に共有してくれました!

    多いですよね??

しかし、今考えみるとこれら紹介の全部は、人事やイノベーションの社員が入社式で新入社員達に熱烈歓迎を伝えるための準備だと気づきました。ですが、今回コロナの影響で入社式がなくなり、入社当日はPCを貰って在宅研修でした。

入社当日に、イノベーションの社長は「熱烈歓迎したかった。ハグもしたかった。」と言っていました。本当に社員全員が暖かい会社です。

そして今気づいたのですが、入社式が中止になったことは新入社員よりも人事の方がショックなのでは?と。そう思ったきっかけがもう一つあります。社員名鑑というものです。これは、イノベーションの社員全員の写真やメッセージがある冊子で、入社式が中止になったため貰ったものです。これは入社式で歓迎ができないので、人事が社員全員に依頼して作成してくれました。

これ本当に、熱烈歓迎ですよね?

<熱烈歓迎について同期にインタビューをしてみました>

とし
イノベーションの熱烈歓迎についてどう思う?

さらぽ:
社員名鑑とか貰って本当に歓迎されてるな感じがして、入社できてよかったって改めて感じた!

けーすけ:
そうだね。社長も入社式で歓迎できなくて残念そうだったしね。

とし:
入社式はなくなってしまったけど本当に”熱烈歓迎”をするために、いろんな準備をしてくれていたことにすごく驚いたし、嬉しかった。

さらぽ:
イノベーションの文化をしっかり理解して行動してて格好いいよね。

けーすけ:
今度は自分も熱烈歓迎してみたい!

社員名鑑のイメージ

研修中の小話

イノベーションの新人研修では、コミュニケーションをはかるために1日の終わりに「小話」という時間が設けられています。これは、テーマと話し手がランダムに決まり、決められた話し手がテーマに沿って何か小話をする時間です。

これは、人事がリモートでの研修に変更になり導入したものです。

現在、リモートワークで10人程度のグループでカメラを繋いで研修をしています。この「小話」の時間では、毎回数名がリアクションします。

リモートワークをしている方なら分かると思いますが、2人以上同時に反応するとPCから混ざって音声が流れてきます。
10人直接輪になって誰か1人話してリアクションが2人なのは非常に静かなイメージです。しかし、大規模のリモートワークでは分かりませんが、10人程度のリモートワークだと2人でも同時にPCから音声が流れてくると結構盛り上がっているのでは?という錯覚が起こります。

さらに、これはリアクションした側もそれを見ている残りのメンバーも同じことです。これにより、全員が気持ちよくなる好循環が生まれます。この好循環により、10人の仲が良くなります。さらに、イノベーションではこれを多い時で一日3人やります。

… 楽しい!!!

これはリモートだからこそのコミュニケーションの取り方だと思っています。

そして僕は、コロナの影響で急遽リモートワークに変わりコミュニケーションの機会が減るため、人事がここまで計算して「小話」を導入したと考えています。

<研修中の小話について同期にインタビューをしてみました>

とし:
お疲れ!「小話」の時間についてどう思う?

さらぽ:
意外と楽しいよね!同期の知らない一面も知れてお互いの理解も深まるし!

けーすけ:
そうだね。リモートワークだとコミュニケーションが減るから助かるよね。

とし:
たまに難しいテーマだけどね... でも、楽しい!

さらぽ:
しっかりリモートワークでコミュニケーションが減ることを考えてくれてるよね!

けーすけ:
確かに。入社前はリモートでも研修に不安があってけど今は全くない!

3人のリモートワークの様子

僕はイノベーションに入社し、まず人事が本当にしっかりとイノベーションの文化や理念に基づいて行動していることに驚きました。また、本気で新入社員のことを考え行動しています。また、今回のコロナの影響で入社式がなくなり残念な新入社員やスケジュールが変わり凹んでいる新入社員もいると思います。ですが、僕はスケジュール変更を一番「クソ!!」と思っているのは、おそらく人事だと今は思っています。


以上、私たちの記事になります。この記事を読んで、イノベーションという会社の良さが少しでも伝われば幸いです!ここまでお読みいただきありがとうございました!この3人以外にも6名の同期がおり、計9名で切磋琢磨しあいながら成長していきたいと思います。私たち新卒9名、また株式会社イノベーションの応援をよろしくお願いします!

株式会社イノベーション's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more