1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

自動車からITへ。アプリ開発の面白さは、自由度の高さ

アプリ企画開発部 ソフトウェアエンジニア 2019年入社

大学院修了後、大手自動車メーカーへ入社。ヘッドランプ開発に従事した後、アプリ開発エンジニアを目指し、インフォメティス株式会社へ転職。趣味はランニングとプログラミング。近所の公園までランニングした後、池の水棲生物を眺めるのを楽しみにしている。

センサー技術のあるアプリ開発企業へ

ーインフォメティスへ入社する以前のお仕事内容を教えてください

自動車メーカーで、ヘッドランプの設計・開発をしていました。

ヘッドランプには、光の向きや光量など法律で定められた要件があります。またヘッドランプの形状そのものはデザイン部門から上がってくるものです。デザインと法律、これを両立させるようにヘッドランプを設計・開発するのが私の仕事でした。

その業務の傍ら、社内の若手の間で「車とITをかけ合わせてみよう」という企画が持ち上がったのですが、その延長でプログラミングの勉強をする機会に恵まれました。

そこでブロックチェーン技術に触れたり、プログラミングしたりする中で、ITって面白い、もっと勉強したいと思うようになりました。

そこで、個人的にプログラミングのスクールに通い始めたんです。


ーそうしたきっかけがあって、転職を考えたということでしょうか

そうですね。スクールの授業で出たジャンケンや食べログ風アプリを作ってみよう、という課題が凄く楽しくて、「これを仕事にしたいな、アプリ開発会社に転職出来たらいいな」と考えるようになりました。

前職は仕事上、ハードウェア設計の要件が固まっていることが多く、自由に作れる部分が少なかったのですが、アプリ開発はスピード感があり自分の思った通りに作れることに、大きな魅力を感じていました。


ー様々な企業の中から、インフォメティスに入社を決めた理由はなんですか

インフォメティスが他社と違うのは、アプリだけではなくハード部品=センサーを作っている会社である点です。

前職での経験もあり、ハードがあるというのは私にとって安心材料でした。

画面を見て何かを入力するというやりとりに終始するのではなく、センサーがあることによって入力データが決まる、つまりセンサーが取得した現実の生活者の行動データがアプリに反映される、その部分をとてもユニークに感じました。

使っている技術が他の会社にはないものということもあり、インフォメティスへの転職を決めました。


未経験という不安を吹き飛ばすインフォメティスの環境

ー環境が大きく変わったのではないかと思いますが、入社後の印象はいかがですか

やはりベンチャー企業は決断が早いな、という印象です。

今センサーアプリの開発をやっているのですが、何かをしたいと思った時に、すぐに会社の上の人たちと話す場を設けることが出来ます。

提案をする際も、大きな組織の場合はどうしても承認までに時間がかかりますが、インフォメティスでは、こういうことをやろうということを一緒に考えてくれますし、チャレンジ出来る雰囲気があります。最初のプロジェクトも、入って半年で任せてもらいました。


ー現在は、どんなお仕事をしているのですか

主に二つあって、一つ目が「ienowa」というアプリの新機能開発になります。

その中で最初に手掛けた開発内容が、キャッシュの実装です。

アプリで一度開いたページをローディングなしで開けるようにするためのもので、自分で一から作るというわけではなく、パッケージなどをどう利用するか、どれを使うかを取捨選択しながら実装しました。

もう一つが今年から始まった新アプリプロジェクトです。

ご家庭の分電盤に弊社の電力センサーを設置するのですが、その初期設定を簡単に行うためのアプリを担当・開発しています。


ーほぼ未経験からの入社ではないかと思いますが、周囲のサポートなどはいかがでしたか

皆が技術共有のために、定期的に勉強会を開いてくれています。

開発で使用しているJavaScriptの勉強会を週に一度開催していて、そこで最近使った技術、これから使える技術などの発表をしながら知識のアップデートをしています。

またコードレビューもかなり細かいところまで見てもらえて、最初の頃は100件ほどコメントが付きました(笑)。

コードを変更した場合は2、3人でレビューすることになっているのですが、こういう時にこうした方が良いなど、いろいろな意見をもらうことが出来ます。

自分だけでは気が付けないことを教えてもらえるので、とても助けになっています。

最初の開発が完成した時は、Slackでたくさんお祝いのスタンプもらったんですよ。


ーインフォメティスで新しく学んだことなどありますか

スクールでは基礎的なことしか勉強出来ていなかったのですが、入社後は、Node.jsによる開発ツール開発、React nativeでのアプリ開発、GraphQLによるサーバー開発などを習得しました。

また最近では、新アプリプロジェクトでの問題解決のために、まだ社内では使用していなかったSwiftを使って開発を行いました。Swiftは私が導入を提案したのですが、私自身が未経験だったにも関わらず使用が許可され、とても大きな挑戦と達成感を得る機会になりました。

そして、Gitによるソース管理やプロジェクトの進め方など、一人でプログラミングしている時には分からないチーム開発の手法を覚えられたことも、大きな経験だと思います。

次の開発ではもう一歩進んでみよう、という意志が大事

ーインフォメティスの皆さんはどんな方ですか

全体的に技術に対する意識が高いというのか、最新の技術でも使えるものはどんどんアプリに取り入れていこうという姿勢がありますね。

最近ではReact Navigation、Appolo client などはいち早く導入しました。

また個人個人の目標がはっきりしているように感じます。

たとえばアプリ企画開発部部長は、ユーザーのアプリの使いやすさを第一に、アプリ企画開発部マネージャーはチームのコミュニケーションをうまくやることを第一に考えるなど、目標への意志がそれぞれにあり、それに沿った行動をしている方が多い。

そうした部分は、とても尊敬出来る点ですね。


ーご自身は今後にどうなっていたいですか

アプリ開発の面白さは、全て自分で設計出来る自由度の高さにあると思います。

新しいものを開発するときに、自分の中でこうしたいという思いがないと形にすることが出来ません。何かの理由で思い通りのものが出来なかったとしても、次は自分の中でこうしたいという意志を持つことが、とても大事だと感じています。

私は技術的にはまだまだですから、まずは一からサービスを作れるようになり、作る上でもずっと使い続けられる考え抜かれた設計を出来るようになれたらいいな、と思います。

いずれは自分が一番いいと思ったもの、自分が納得したものを世の中に出していきたいですね。


ーこれから入ってくる方へメッセージを

経験の浅い方でも、やる気があれば十分に活躍出来ます。

今インフォメティスは在宅ワークが可能ですし、技術レベルが高い周囲の方が手厚くサポートしてくれるので、エンジニアが働く環境として最高だと思います。

私自身、ユーザーの実生活に踏み込んだアプリを作る、という今の仕事を楽しんでいるので、興味のある方はぜひ一緒に頑張りましょう。

インフォメティス株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings