Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「1回辞退したけど忘れられなくて!」嬉しい連絡をくれた社員入社ストーリー

インタビューされる人

河田 智香(かわた ちか)

2019年1月に当社銀行代理業スタッフに応募。2次選考へ進み、大湯から内定を出すも辞退( ;∀;)。その後期間を置いて再び縁あって当社アイ・エフ・クリエイトに入社。北海道生まれ、北海道育ち。東京のムシムシした気候にびっくりしているそう。

こんにちは!株式会社アイ・エフ・クリエイト、人事部の大湯(おおゆ)です。今回はここ最近ご入社くださった河田さんにインタビューします!

人事歴5年の私も彼女のような入社経緯は初めて。今回のインタビューでご本人のことや、応募者から見た当社っていったいどんななのかを訊いていってみたいと思います!

ではではまいります!

大湯「こんにちは!それではよろしくお願いいたします!」

河田「お疲れ様です!こちらこそよろしくお願いいたします!お手柔らかに・・・。」

大湯「怖がらないで(笑)。たしか河田さんは新卒入社した会社さんに7年いたんでしたよね!」

河田「はい。7年間ずっと北海道労働金庫という会社で働いていました。当時は『この会社でずっと働いていきたいな』と思って過ごしていました。」

大湯「おー。そう思ってもらえていて会社さんも嬉しいだろうね!そう思えていた理由を教えてください。」

河田「はい。本当に”人”に恵まれていたと思います。決して楽な仕事ではなかったですが、”人”を通じて成長を重ねることができました。なので私も後輩たちに貢献して後輩たちにも『ここに入ってよかった』と思ってもらえるように働いていきたいと思っていました。」

大湯「ステキな環境ですね!では、お仕事内容をおしえてください。」

河田「はい。労働金庫の預金係で働いていました。これをご覧になる方の中には”労働金庫”ってピンとこない、という方もいらっしゃると思います。皆さまが銀行に行った時の窓口の人と考えていただいて結構です。」

大湯「ご覧の方のことまで考えてくださり感謝です!ほうほう、預金係。窓口対応が主なお仕事?」

河田「もちろんそれも大切な仕事ですが、それ以外に、後方事務もですね。窓口業務としては、入出金、諸届受付、口座開設等の通常業務から、相続受付、投資信託等の資産運用の提案をおこなう仕事で、後方事務としては、内国為替処理、営業担当者受付書類処理、相続対応処理、業績管理等をおこなっていました。」

大湯「へぇー。結構幅広いんですね!」

河田「そうですね!いろいろな業務を行なえるので飽きたりすることの心配はなかったです。ただやはり幅広い分、覚えることも多くて・・・(笑)。あと新店舗の立ち上げも経験できて、大変でしたがとても勉強になりました!」

大湯「新店舗の立ち上げ!当社でもかかわるかもしれませんね!新卒さんは学生の頃とのギャップもあり、入社したては大変ですよね。ウチの新卒さんたちも勉強を頑張っていますもん。今度話す機会があれば励ましてあげてください。」

河田「はい!ただ、最初にちゃんとしたクセ付けができれば後々成長が楽になりますよね。今度お話をしてみますね!頑張って勉強して、その先でお客様に『ありがとう!』と言っていただけたときは『努力が報われた―!』ってやりがいを感じましたね!」

大湯「ですよね!!転職の切欠はご結婚でしたっけ?」

河田「はい。というよりは主人の転勤ですね。私はずっと働いていたいタイプなので、すぐに転職活動をし始めました。北海道と東京の行き来は刺激的でした!」

大湯「ずっと働いていたいというのは?」

河田「7年間働いて、辛いことのほうが多かったですが、楽しかったことや、やりがいもあったので、生活の上で、仕事は大切だと考えているからです。あと、家にいるとゴロゴロしてしまうので(笑)」

大湯「なるほど。その転職活動で私たちとお会いしたんでしたね!」

河田「はい!とても雰囲気のいい会社だなーと思っていました。大湯さんや今池さん(銀行代理店統括役員)との面接もそうですし、対応してくださった社員の方どなたも雰囲気がよくて。」

大湯「内定を蹴ったけどね!」

河田「( ;∀;)。その話は・・・。」

大湯「冗談です(笑)。当社の内定を断っているときの河田さんのメールからは『本当に迷っている』感が感じられて、そこまで一生懸命悩んでくれてありがたいなーって思っていましたよ!」

河田「はい。本当に迷っていました。アイ・エフ・クリエイトともう一社で最後の最後まで悩んでました。両社の魅力は痛いくらい感じていたので。それで”もう一社”の方に入社したのですが、色々ありまして・・・。」

大湯「色々あって、転職活動を再開した感じ?」

河田「はい。転職エージェントに相談したり、自分で求人を探したりしていました。でもなかなか希望の会社が見つからなくて。頭の片隅にはアイ・エフ・クリエイトのことがずっとあったのですが、内定をいただいたのに断ってしまっていたのであきらめてました。」

大湯「すぐに電話くれればよかったのに。」

河田「いやいや!すぐになんて言えません!『一度断っておいて入りたいです、なんて言えない!失礼だ!』って思っていました。『今更何言ってるんだ。一度断ってるくせに!』とかって言われると思ってました(笑)。」

大湯「ひどい人事だ!!そんな風に思ってたのか(笑)!」

河田「結果、我慢できずに大湯さん宛てに電話しました。あの時すぐに思い出してくださって『お話においで』って言ってくださって嬉しかったです!」

大湯「たぶん嬉しかったのはコチラも一緒です。何より転職活動をされている方の記憶に残る面接が企業としてできていたことが実感できたのと、純粋に河田さんが心から入社したいって思ってくれているのが伝わって嬉しかったです。」

河田「そうだったんですね(笑)!勇気を出して電話して良かったです。再度選考してくださったときも温かく迎えてくださり、驚いたことに採用前提でお話をしてくださいましたね。」

大湯「はい。一度内定を出させていただいた方は基本的に信じ切っていますので、社長にも『採用しますので!』って事前に相談したうえでの面接でした。」

河田「ありがとうございます!これから仕事でこのご恩を返していくように頑張ります!」

大湯「ご恩(笑)。あまり気負わずにまずは慣れるところからで大丈夫です。今一緒に働いている銀行代理業事業部の方々はいかがですか?」

河田「はい。優しくいろいろと教えてくださっていてありがたいです。女性もいらっしゃるので安心して働けています!」

大湯「歓迎会の時も楽しそうにされていたので私も安心しました!」

河田「私もお酒好きなので、皆さんと飲んだり食事ができて嬉しかったです!」

大湯「よく飲むお酒はなんですか?」

河田「最近は専らホッピーですね!」

大湯「ホッピー!!渋い(笑)。本当にお酒が好きな人が飲むやつですね!」

河田「はい(笑)。」

大湯「是非是非お仕事もプライベートも楽しんで、美味しいお酒を飲んでくださいね!インタビューは以上です!」

河田「最後私が呑兵衛みたいになってしまいましたね(ノД`)・゜・。」

大湯「(笑)!じゃー最後にピースを!」

河田「こんな感じでいいですか(照)?」

大湯「オッケーです!河田さんありがとう!」

河田「こちらこそありがとうございました!」

河田さんありがとうございました!

そしてご覧くださった皆さまにも御礼申し上げます!

株式会社アイ・エフ・クリエイト's job postings
17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings