1
/
5

未熟な果物売りが熟れて若き本部長に!成長できた2つのターニングポイントとは?

みなさまこんにちは!

株式会社アイデンティティー経営管理部横田です。

 売上総利益が昨対比200%を超え、成長を続けるアイデンティティー。
そんなアイデンティティーはこの人抜きには語れない、"若き本部長"島田さんのこれまでとこれからについてお話を伺いました。

アイデンティティーの雰囲気を知るために、大変濃密で重要な内容になっております。ぜひ最後までご覧ください!


■島田耕也
株式会社アイデンティティー
ITリソースサポート事業部 本部長

入社 :2015年
好きな食べ物 :豚しゃぶ
カラオケ十八番 :TOTORO
休日の過ごし方 :J-WAVEを聴きながら散歩
睡眠時間 :7時間
学生時代の部活動 :水泳部

ーー島田さん、本日はよろしくお願いします!
まずは現在の担当業務を教えてください。

島田:企業へ優秀なエンジニアさんを紹介してつなげるチームのリーダーとして、自身も業務に携わりつつマネジメントにも力を入れています。

ーー島田さんと言えば、2015年入社ということで営業職では一番アイデンティティー歴が長いですよね。入社の決め手はなんだったんですか?

島田:初めて代表の今野さんとお話をしたとき、話している内容が難しすぎて自分が未熟に思えたことが決め手ですね。

成長している企業ではこのレベルが普通なのかと驚き、それであれば困難な環境に身をおいて自分も成長しないとダメだなと感じて入社しました。

しかし後に今野さんが常人ではないことを知っていくことになります。


ーー常人ではない(笑)
 確かに今野さんと話してるとすごく勉強になりますよね。今野さんの常人ではないエピソードをぜひ教えてください!

島田:具体的にこれ、っていう話ではないんですが、視座がめちゃくちゃ高いところが常人ではないなって思います。
 全方位勉強していて、でも知識ばかり吸収して頭でっかちになっているわけじゃなく、物事の本質をとらえている感じ。あとは異常に仕事して、異常に飲んで、異常にメンバー想いで、って感じですね。
 オフィシャルに出せるのはこれくらいです(笑)

ーー他に何か…??(笑)
 でもどれもすごくわかります。頑張っている人を評価しよう、お祝いしようというスタンスや、飲みの場では代表なのにホストに徹する感じがとても素敵ですよね。

ーーアイデンティティーで勤務する中で、これまで特に成長を感じたエピソードはありますか?

島田:成長を感じたのは…2回ありますね。
 1回目は、2年目に全然数字が上がらなくて今野さんから強めの叱責を受けたときでした。自分の存在意義について考えるきっかけになったというか…その場にもう一人一緒にいて、その人はそれがきっかけで辞めてしまったんですが、僕は絶対に負けたくないなと思って頑張りました。
 そこからだんだんと数字が上がり始めたんですよね。大きな転機だったと思います。

ーー島田さんにもそんな時代が…!

 2回目に成長を感じたのは、レジェンドCOOが退任したときでした。突然役員会に出ることになったり、チームのマネジメントをしなければいけなくなって。環境が変化したことで、すごく成長しましたね。

ーーなるほど…!
 当たり前ですが、島田さんもいきなり今の島田さんになったわけじゃないんですよね…!
ーーでは、10年前の自分と比べてどう変わりましたか?

島田:10年前の自分と比べると…すごく変わりましたね。10年前は、就職活動せずにオーストラリアにいって、帰ってきてからはしょうもない果物売りをしてました。道行く人に声をかけたり、個人宅に訪問販売にいったり…交通費500円かけて売りに行って、500円くらいしかもらえないような(笑)。その後は飲食店勤務をしていて、これは悪くなかったんですがとくに大義があったわけではなくて。
 今は会社としての信用を背負って、社会的な課題解決に向けて役職を持って頑張れていることで、家族にも自分自身にも誇れる仕事をしているなと感じます。感謝しています。

ーー果物売り…?今の島田さんからは想像がつかないです。

島田:あとは10年前ではないですが、会社の環境がすごく変わったなと思いますね。IPOのフェーズに入る前は、勤怠も管理も今野さんの懐もゆるくて(笑) 勤務時間は長かったんですが、稼いでたので誇りもあったし楽しかったです。
 今は21時くらいでもう「遅くまでやったな」感がありますもんね(笑)

ーー確かに、話には聞いたことありますがめちゃくちゃ残業してたんですね…
 今は皆、結構早く帰るイメージです(笑)


ーーあと変わったことと言えば、お子さんが生まれましたよね!
 環境・心境の変化があれば教えてください!

島田:これは本当にめちゃくちゃ変わりましたね…!
 環境もすごく変わったんですが、とくに心境の変化が大きかったなと思います。自分の子どもだけじゃなくて、ひとりでも多くの子どもを幸せにしたいと思うようになりました。ひとり親家庭を助けたり、環境によって子どもの教育や将来に差が出ないようにするにはどうしたらいいかとか…働きながら育児するお母さんを支援するには、とか。
 本当、いままで考えてなかったことを考えるようになりました(笑)

ーー大変良いですね…こんないい話がきけるとは…!



ーーこれからの話も聞きたいんですが、将来の夢があれば教えてください!

島田:明日も将来というのであれば、日々変わらず自分ができる仕事を継続して、成長をしていきたいですね。

ーーさすが島田さんといった気持ちです。私もそんな風に、日々向上心をもちつつ謙虚でありたいです。
 ちなみにこの事前アンケートに書いていただいた、「ハワイでフードトラック」というのは?(笑)

島田:やりたいですね、フードトラック。ハワイが好きで(笑)
 両親がハワイに住んでいたことがあるので、ハワイの話をたくさん聞いて育ったんです。一回しか行ったことはないですが、ハワイにはいい印象がありますね。
 好きな土地で、飲食と営業の経験を生かして…営業的な観点から売る場所を考えたりとかしたいです。でもこれは個人的なエゴですね(笑)

ーー楽しそうな夢ですてきです!(笑)
 では最後に、就活生に向けて応援メッセージをお願いします!

島田:学生時代ってまだ本当にやりたいことってないと思うんですが、それでもいいと思うんです。色々経験して、本当にやりたいことを見つけましょう。
 アイデンティティーで一緒に成長しましょう!

ーー本日はありがとうございました!




インタビュアー :横田
撮影  :実森
島田さんが書いた、前回のインタビュー記事はコチラ

https://www.wantedly.com/companies/id-entity2/post_articles/336197

株式会社アイデンティティー's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more