1
/
5

インサイドセールスの第一人者を目指す若き薩摩男児

今回は弊社のインサイドセールスの第一人者、井上さんにインタビューしていきます。
普段あまり聞けない、井上さんの仕事への熱い想いを引き出します!
インタビュアーは塩野、カメラマンは入社2年目の野中が担当いたしました。


塩野:では、社員インタビューを始めましょう!井上さんよろしくお願いします!

井上:よろしくお願いいたします!

塩野:ではまず、井上さんの現在担当している業務について簡単に教えていただけますか?

井上:はい、インサイドセールスとしてリード(見込み客)獲得、平たくいえば新規企業とのアポイントメント獲得を目指して日々色々なアプローチを行っています。



塩野:なるほど。インサイドセールスとして働いていてどうですか?やりがいとか、ここ面白いとかありますか?

井上:あります!自分の目指すしたいところが出来ました!

塩野:おっ、ぜひ教えてください。

井上:インサイドセールスのセミナーやカンファレンスで、インサイドセールスとしてのトレンドや有効的な施策などを発表したいと思ってます!
そのためにはもちろんインサイドセールスを極めなければならないのですが、すごくやりがいがあることだなと考えています。

塩野:いい目標じゃないですか!なんでそれを目指すようになったんですか?

井上:以前実際にインサイドセールスのカンファレンスに行ったときに、インサイドセールスの重要性を再認識したからです。
私は前職で、アポイントメントから顧客のフォローまで全部の業務を行っていました。すべての業務が大事ではあるのですが、その頃からやはり何事のきっかけになるアポイントメントってすごく大事だなって感じていたんです。
カンファレンスでそのことを再認識して、もっとインサイドセールスの業務を突き詰めていきたいと考えるようになったんです。
いつはかは自分も登壇して、インサイドセールスの素晴らしさを更に広めたいと思っています!



塩野:とてもいい目標だと思います!頑張って下さい!!
ちなみに、入社のきっかけもインサイドセールスだったんですか?

井上:いえ、そこは違います(笑)入社のきっかけは、面接官の社員の人たちに惹かれたからです!

塩野:面接官は誰だったんですか?

井上:代表の今野さんはもちろんですが、他には営業の古川さんと島田さんです。
古川さんは自分と同じ年齢なんですが、営業の知識もそうですが年齢が同じなのになんでココまで出来るのだろうと、自分も同じようになりたいと思ったのを覚えています。
島田さんは、すごく面倒見が良い人なんだなと思いました。島田さんが上司なら、目標に向かって一緒に頑張りたいと思いました。
今野さんは、代表ということもありオーラがすごかった(笑)今野さんの元で働けば、急成長ができそうと思いました。

塩野:入社の決め手で人を挙げる人は弊社に多いですね。実際に自分も5年ほど働いていますが、人柄がいい人が多いと思います!
話を聞いていると仕事人って感じがするんですが、休日とか何をしているんですか?やっぱり仕事ですか?

井上:仕事をするときももちろんありますが、最近はもっぱらボクシングにハマっていてボクシングジムに通っています。
始めたばかりなので、本当にキツいです(笑)練習メニューの中に縄跳びがあって、3分間ずっと縄跳びをしているだけなんですが、これが意外と辛いんですよ…!!

塩野:なかなか運動ができなくなる社会人にとってはきつそうですね…(笑)他にはなにかありますか?



井上:それ以外は、アニメ(ワンピース)が好きでアニメを見たり、Twitterを見て情報を収集したりしています!
あと最近はあまりできてないんですが、映画を見に行ったりしています。映画鑑賞は家で見るより実際に映画館にいって見るのが好きですね!
あの大きなスクリーン・迫力のある音楽、限られた上映期間。映画館でしか味わえない良さが好きなんです!

塩野:映画館の迫力や臨場感はスマホには到底かないませんよね!
井上さんとちゃんと話したの意外と初めてかもですが、なかなか熱い気持ちを持っていることを知ることができてよかったです!
ありがとうございました!

株式会社アイデンティティー's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more