1
/
5

「言葉」

こんにちは。

私:「こんにちは、いまどちらですか?」
学生:「いま駅について向かっているところです」
私:「そうでしたか、改札を出て目の前のビルになります、気をつけてお越しください」

10分が経過する…
駅から徒歩1分のビルなので、本当は迷いようがない。
その後、何度か電話を差し上げましたが、この後学生とは二度と連絡が取れなくなりました。
人に関わる仕事をしていると、こういう場面に遭遇することはよくあります。
約束の時間になっても訪れないことや、メッセージのやり取りの途中でプツリと途切れてしまうことなどは、ま、あります。
いちいちそういうことで傷つくことはないのですが、このケースは今までの中でも稀な初めてのケースです。怒りや、悲しいなどの以前に、私はこの学生のことが心配でたまりません。

面接だけをうまく乗り越えさえすれば、問題がないと勘違いしている方がいることは残念ながら多いですが、面接の以前から見極めは始まっていることは、想像力を働かせ気付いていて欲しいと思うことがあります。
メールの返答の有無。
返信の内容。
スピード感。
こちらの送っている注意事項に関する理解度…など。
見極めのポイントは数多く存在します。

昨年の採用ノートをふと見た時、無意識ではありましたがそのようにところに反応し、いくつかのメモを取り残してあったこもの見直していました。
会社説明後のグループディスカッションで、スマホをいじり人の話を聞いていない姿や、説明会中に口を多い隠すそぶりも見せずに、大きなあくびをするなど記録を残していたものでした。
この前、本社の部長と話をしていた際、最近の若手の教育の話のやり取りの中で印象的な話を聞かされました。
「人に見られているからやるのではなく、人が見ていようが見ていなかろうがやることをやるように育てるために、マネージメントは無力と感じることが多々ある」という内容の話でした。
人の上に立って指導をする立場の人らしい、目線だと感じました。
企業の人材採用において、面接の位置付けがいかに大事なことなのかを改めて今回のドタキャン劇を通して、学び直すいい機会になりました。

「いちいちそういうことで傷つくことはないのだ」と言った矢先の話で恐縮ですが、やはり私も一人の人間ですから期待への裏切りについては傷つくことはあります。
そう言った時、自分のモチベーションを立て直してくれるのは、言葉(本)と音楽であることが多いです。すり減って少し疲れたと感じるような時には、前向きにさせて貰える言葉が必要な時があります。
働く大人たち全員に、今日はこの動画で励ますことができればと思いピックアップしました。


株式会社イコム's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more