1
/
5

「引き算自己改革」


こんにちは。
株式会社イコム、採用Gです。

突然ですが、僕は算数が苦手です。なので、簡単な計算で躓くことが多々ある人間なのですが、そんな人間が今日は数学っぽい話を軸に書くワケですから少し心配です。
さて、今日のお話は先日参加した会議での違和感というところから、はじまります。
違和感を感じたので、その場でシェアしたのがこの引き算という話です。
この目標に対し、何が足りなかったのか?という話を突き詰めていくとその会議が終わる頃にはやらなければいけないことが山積みに積み上げられ終わるということがあります。
この場をマネージメントしている側の立場から見れば、足りない補足部分を突き止め、やることを明示し指示することができたワケですから、何となく達成感のある会議を行うことができたという錯覚のまま終わっていることに気付かないことがあります。

この動画中でも指摘のある通り、時代は常に足し算の時代と引き算の時代を繰り返しています。
所謂、流行りの風邪のようなものなので、ここでどっちが正しいか?の論争は控えようと思います。
大事なことは、ここで大切にしたい想いまたは、目的(軸ともいう)は何か?だと思っています。
目的に対し、目標がクリアーができていないのであればそこは見極めクリアーにしていかなければなりません。
目的のない目標はただの単位の話です。
ここで目標だけを追及することは理想に近づくにあたりいい方法だとは言えないのではないでしょうか。

引き算ができた上で、掛算ができる。
これも最近の気付きの中での重要なファクターになっています。
むしろこれは社外に出たから気付いたことですが、社外に出るとまた違った目的に出会い自己成長の助長に役立つものになると思っています。


株式会社イコム's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more