1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「企業(組織)経営とは?」

こんにちは。
株式会社イコム、採用Gです。

22卒の選考プロセスがおかげ様で順調に進んでおります。
オンラインで行う面接・面談なども少しづつ板についてきた感が出てきており、年末に向け採用戦線も佳境を迎える時期に近づいています。
毎週、「働く」をテーマにブログをアップし続けてきましたが最近さまざまなところからコメントや感想を頂くことが増えてきました。
そんな中、接見した学生からも「採用Gって、どういう意味ですか?」と聞かれたことがあり、今日はこれに関する返答から書いていこうと思っています。
「誰も見てはいないだろう」という軽い気持ちで始めたからこそ、ここまで続けてこれたというのもある訳ですが、誰も見ていないだろうから適当にネーミングを付けてしまったというのが真実です。
採用Gの「G」はなんでしょう。
実は、Group(グループ)のGなんですよ。
最初は採用に関わるメンバーとG名義の交代制ではじめようと思ったのですが、気が付いたら一人になっていましたw
今更個人名を出すのも恥ずかしくなり、いまも尚「G」を名乗って投稿を続けるに至っております。

さて、本日のテーマ「企業(組織)経営とは?」。
企業経営者でもない私が言うのもおこがましいことは重々承知の上、ただこの動画を見てしまったら、言わずにはいられないと思い今日はこれをテーマに書くことにしました。
まずは、貼り付けた動画をご覧ください。
小学6年生で起業をした、塾経営者のお話しです。
「6年生のガキに一体なにができるんだよ」と思ったそこのあなた!
改め直してください。

顧客の課題を整理し、必要なサービスで顧客ニーズを満たすというのが企業(組織)存続の意義というものです。
企業(組織)は社会課題にミッション(使命)を掲げ、解決に導くことで社会貢献に努めています。
企業(組織)は、それを持続していくためにサービスと引き換えに対価を得ます。
得た対価から必要な経費を支払い、残った利益で更に社会還元に紐づく投資を行い、更なる社会循環に寄与します。

小学6年生の経営者の経営ポリシーは以下の4つ
1)一緒に学ぶ
2)気分転換も大切に
3)お客さんには感謝の「ありがとう」
4)利益は塾のために使う

知っててやっているのか、知らずにやっているのか分かりませんが、これを実践でやっているということにどぎもを抜かれました。
分かっているようで分かっていない。
やれているようでやれていない。
そんな会社が多いのも事実ですよね?
素晴らしい学びの機会を頂けたことに、感謝です。


株式会社イコム's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more