1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

1年生からインターンを始め、2年生でチームリーダーに抜擢。若手エースインターンにインタビュー!

1年生という早い時期から長期インターンを始めていた深澤さん。

他の人よりもはるかに早い2年生からチームリーダーに選ばれて日々活躍している彼に、

「なぜ1年生からインターを始めたのか?」「なぜ早くからチームリーダーに選ばれたのか?」などを深堀していきたいと思います。

ーはじめに自己紹介をお願いします。


深澤:こんにちわ。

東京理科大学経営学部経営学科2年、深澤広樹と申します。

趣味は、自転車に乗ること、旅行をする事です。

この二つの非日常が味わえるから好きです!いつもとは違う言語や景色、人に触れることが楽しいです!オススメはタイの国鉄、台湾の十份、カンボジアのプノンぺンなので、ぜひ行ってみてください!(笑)


ー多趣味で充実していらっしゃいますね!

普段はどのような生活を過ごしていらっしゃるのですか?1日のスケジュールを教えてください


深澤:他のバイトもしていますが、HR Forceに1番重きを置いていて、週に12時間ほど仕事をします。

3限が終わってから神楽坂のキャンパスから出勤するときもありますが、

基本的にはリモートが多いです。

ー面白い方というのがわかりますね(笑)

どうしてベンチャーであるHR Forceに入社をされたんですか?理由を教えてください。


深澤:もともと人材業界に興味があってHR Forceに入社しました。

人材業界に興味を持ったきっかけが、高校生時に友達の進路先の話聞いて、助言していたことです。そういうことを繰り返しているうちに人の将来に携わる仕事につきたいと思ったんです。

ベンチャーであるHR Forceを選んだ理由は、自分にあった環境で仕事ができるため、早く確実にスキルをあげることができると考えたからです。大手企業だと、グループワークが多く、画一的な環境しか与えられないことがネックでした。また、とても有名な人材企業がありますが、2,3ヶ月ほどの決まった期間のインターンしか無いので、得られるものが少ないと思いました。それに比べてHR Forceでは、得るものが多いと思います。

一高校生のうちから進路を考えていたなんて早いですね!

他にも人材企業はあると思うのですが、1番惹かれたものはなんですか?


深澤:柔軟な稼働体制が整っているからです。

リモート可能なところが特に大きかったですね。

応募した当時は1年生で毎日たくさん授業があったのですが、他企業の応募条件はだいたい週三日以上5時間以上出勤が普通でした。それで出勤するのが厳しく諦めていた時にHR Forceを見つけました。ここにはそのような厳しい規制がないので、コミットすることが可能だと思い決めました。

ー深澤さんは1年生からインターンを始めたとお聞きしましたが、なぜそんなに早くから始められたのですか?


深澤:社会で役に立つ、実用的な仕事をしてみたかったからです。

接客業のバイトもしていますが、そこで得られるスキルだけだと、社会に出た時に他方な面で活躍するのは難しいと思いました。HR Force では、パソコンを使って記事を書いたり、エクセルを使った業務をするので、社会人の方と同じような仕事を経験できます。


一受験が終わってすぐ大学に入学したら、遊びたいと思うこと1が多いと思いますが、

1年生から始めてよかったとは思いますか?


深澤:よかったと思います!大学の評価にも影響があります!

インターンで最初の業務である記事執筆を2,3ヶ月続けていました。

最初は難しかったですが、先輩方に教えてもらったり、他記事を参考にすることで文の起承転結をつけることが得意になりました。そのおかげで講義のレポートの質が上がり、教授から褒められるようになりました。全体的に、成長速度が早いと思います!

インターンで学べたことが学業と相互作用していると実感できます。

それに、遊ぶことより社会に向けての準備をする方が、僕にとって重要でした。


ー深澤さんは2年生からチームリーダーに抜擢されたと伺いましたが、その理由はズバリなんだと思いますか?


深澤:僕の成長のために期待してくれたからだと思います。

僕は記事執筆の仕事のあと部署を移動して求人ページ作る業務に携わるようになりました。そこに入ってすぐにチームリーダーを任せてもらえるようになりました。

HR Force は年功序列じゃないので、頑張れば誰でも早いうちから大きい役割を与えてくれます。誰もが圧倒的に成長できる環境だと思います。


若手でも大役を任せてもらえるんですね!

チーム内には年上の方もいると思いますが、指示を指示をし辛かったりはしないのですか?


深澤:先輩はいらっしゃいますが、みなさんついて来てくれます!

みなさん話も聞いてくれて僕も働きやすいですし、いい方ばかりだなと再確認しましたね

僕がしっかり仕事をすれば人はついてきてくれるとわかりました

学年が低くてもこのようなお仕事や立場を任せてもらえて嬉しいです。

ーすごく良い環境ですね! HR Force で得られたこと、学べたことはありますか?


深澤:インターンを通して、考え方が変わったと思います。

僕はもともと論理的に考える人間なのですが、まだまだ力が足りないなと思っていましたが、インターンでの業務を通して、より先を見越すことできるようになりました。

あとは、より慎重になりました。

今のエクセルを使う業務では、自分が打ち込んだものに間違ったところがあると跳ね返されて作業をやり直さなくてはありません。そのため、跳ね返されない為にはどうやったらうまくいくのかな、ということを考えるようになったので、ミスも減りました。

〇HRForceに興味のある人へ一言

僕は、HR Forceは学年が低い人にこそオススメします!

HRForceでしか得られない経験や、働き方ができます。授業が忙しくても大丈夫です。

また、何もわからなくてもインターン生の方や社員の方も優しいので、どんな質問しても、わかるまで付き合ってくれるのが魅力的です。また、1年生からインターンを始めると、「意識が高い」とか言われますが、様々なことを学べるので早いに越したことはないと思います。低学年の方、ぜひ始めて見てください!

株式会社HRForce's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more