1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

ドワンゴ8年を経て、なぜ今ハウテレビジョンなのか

今回はプロダクトマネジメント(以下、PdM)部 部長の鈴木(すずき)さんに、デザイナーとしての在り方や働く上での目標について詳しくお聞きしました!

入社の決め手は「人、組織の価値観」

--入社経緯を教えてください

前職はドワンゴでデザイナーをしていました。ドワンゴでは「ニコニコ動画」のUIデザインからスタートし、キャリアの後半はチームマネジメントを任されていました。マネジメントを始めることになったきっかけですが、以前のドワンゴのデザイナーはプロダクトごとに配属されていて、縦割りの構造になっていました。横のつながりがあまりなく、閉塞感を抱えるデザイナーも増え始め、離職率も高まる懸念がありました。そこに組織としての課題を感じ上司に相談したところ、「じゃあ君がなんとかして」と言われ、そのままマネージャーになりました(笑)。

その後、ドワンゴの関連会社に出向しeスポーツ関連のプロジェクトに関わり、2年ほどでミッションを終えたタイミングでドワンゴに戻ることに。この時、実際にデザイナーとして手を動かすこともしたし、マネジメントも経験できたし、関連会社で事業立ち上げにも関われ、「ドワンゴでやれることはやったし、また外を見てみたいな」と、ふと思ったんです。

そして転職活動を始め、いろいろなお話をいただいた中で僕が最終的に選んだのがハウテレビジョンでした。


--入社の決め手は何だったんですか?

価値観が似た人が多かったことです。人の魅力に惹きつけられました。選考時に多くのボードメンバーや社員とコミュニケーションをとらせてもらえる機会があったんです。いろいろ話をしてみて、それぞれが信念を持って働いているんだなと感じました。

でもやっぱり、一番は社長の音成と話したことですね。真顔で真剣に大きいこと言うんですよ。ハウテレビジョンが掲げているビジョンは、とても大きく達成が遠いところにあるものだと思っています。そんな遠くを見ているのに、それを本気で目指している。本気で達成できると思っている。視座の高さと熱量に惹かれました。

また、僕が働く上でも、組織をつくっていく上でも一番大事にしている価値観である「リスペクト」が、それが会社の掲げる5つのバリューの中に入っていたことも大きいです。人と、会社そのものとの価値観のマッチングがうまくできました。

(ハウテレビジョンの掲げる5つのバリューのうちの一つ、「Respect」)

「デザイナー×マネージャー」のモデルケースを作りたい


--1日のタイムスケジュールを教えてください


だいたい毎朝10時から10時半に出社しています。基本はデスクワークで、マネージャーとしてPdMチームの動きを把握したり、自分の手持ちの仕事を進めたり。立場やチームを越えて、プロダクトに関する議論も積極的に行っています。

僕はいま保育園に通う子どもがいるんですが、場合によっては僕がお迎え担当になることもあります。そんな時は会社を早めに抜けて、保育園に子どもを迎えに行きます。

以降の仕事は帰宅後にリモートワークで対応しているのですが、柔軟にリモートワークを許可してくれる会社にはとても感謝しています。


--PdMチームのマネージャーをされているということですが、やりがいはどんなところにありますか?

純粋にデザイナーとしてのやりがいは、ユーザーが何を考えているかに着目し、それをデザインに繋げる。先ほどお話しした5つのバリューのなかにある「ユーザーファースト」を、ものづくりの起点にできる。この仕事はやはりとても楽しいです。

また、業界の中では、デザイナーから組織のビルドアップを経験したマネージャーというロールの人間はまだまだ少ないようです。そういったキャリアパスのロールモデルとなれるようにチャレンジしていきたいです。あわせて、デザイン組織をゼロから立ち上げるというミッションも進めていきます。新たなところを開拓していくということが好きで、そこにやりがいを感じています。新たな挑戦というところでは、いわゆるプロダクトの機能設計やディレクションをするチームの牽引も任されているので、これも非常にやりがいを感じています。


--どのようなデザイン組織を作りたいですか?

”徹底的にユーザーに寄り添い、ユーザーサイドの視点からものづくりをし、事業をドライブしていく。そのために必要なことを泥臭くてもやっていく。”そんな組織を作りたいです。

それに賛同してくれるデザイナーのポテンシャルが100%開花できるように、マネージャーとしてお膳立てしていきたい。その際、「マネージャーというだけで立場が上なわけではない」「マネージャーはあくまで職能の一つ」ということを忘れないようにしています。

マネージャーというだけで偉そうにしてると、メンバーとの信頼関係の構築は難しいし距離は離れてしまう。なるべくフラットなチームを目指していきたいと考えています。

戦略から思考できるデザイナーになるために

--今掲げている大きい目標はありますか?

やるからにはCDO、CXOのような立ち位置で、デザインの感覚と目を持って経営に関われるようになりたいです。そのためにも、経営目線を持ち、戦略思考を身につける必要があると考えています。プロダクトに関する社長との議論は、この目標に向かう大きな糧になっていると感じています。

社長との議論の中では、今まで考えていなかった思考・観点を新たに得て、その先のアウトプットに活かせます。毎回鍛えられている感覚に近いです。また、ハウテレビジョンのターゲットは、僕がいままでプロダクトを通して触れてきたユーザー層とは全く異なっていて、新鮮な情報が毎日入ってくる環境はとても刺激的です。


--最後に求職者に向けたメッセージをお願いします!


ものづくりが好きな人、そして他者へのリスペクトの気持ちを大事にしている人、ユーザーファーストとはなにかを考えている人と一緒に大きな目標に向かって挑戦したいと思っています。

「全人類の能力を全面開花させ、世界を変える」という大きな企業理念を掲げる私たちですが、それを実現した先にどんな景色が広がっているのか、考えるだけでワクワクしませんか?

スピード感ある会社で、一緒に高みを目指しましょう。ご応募お待ちしております!

株式会社ハウテレビジョン's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings