1
/
5

【中途採用エンジニアインタビュー】SIer会社出身エンジニアに聞いた、星野リゾートで開発する魅力とは

SIer数社を経て、2019年9月に星野リゾートのエンジニアグループにジョインした辻さん。総務・経理といったバック部門のリプレイス開発・保守の主力をはりながら、自身は星野リゾートで結婚式まであげてしまう程今では会社にフィットしている、辻さんに「エンジニアから見た星野リゾートの魅力」を聞いてみました。

--転職のきっかけは?

数社SIerを経る中で、いわゆる開発に集中するコーダーから、クライアントと打ち合わせをしながら仕様を決める上流の工程まで、一通りを経験しました。最後の方は上流工程を担うことが多くやりがいもとてもありました。その時担当していたプロダクトも結構好きだったので楽しかったのです。しかしSIerゆえ仕方がないのですが、利益がより見込める他のプロジェクトに担当が変わってしまって・・・、自分の中でかなり不満というか不完全燃焼な想いが募る結果になってしまいました。

それがきっかけで「自分はひとつのプロダクトやサービスをやりきりたい、成長させたい、それができる会社に行きたい」というのを強く思いました。なので転職の際は、まずは自社のプロダクトをもってサービスを展開している会社で絞りました。あとは人と話したり、自分が作ったサービスで人が喜ぶところが見たい、などの観点から「現場と近いやりとりができる会社」という判断軸ももって転職活動に望みました。



--当時星野リゾートはエンジニア採用をはじめたばかりでしたが、どのように知りましたか?

僕は普通にWantedlyで見つけました。先にあげた「①自社のプロダクトをもっていること②現場に近いこと」を軸に絞り込みをしたところ目に入ったんだと思います。


--そんな中、星野リゾートに決めた理由はなんですか

実は転職活動前に、山梨県にあるリゾナーレ八ヶ岳に行ったことがあるんですね。当時は宿泊とかではなくフラッと立ち寄っただけだったので、「ここはなんや!」ってほぼ迷子みたいになったんですけど。そんな時、宿泊者でもない私たちに、たまたま居合わせたスタッフの方がとても丁寧に対応してくださってそこで「星野リゾートってすごいな」って、ポジティブな印象を持っていました。

また露出も増えていた頃だったので、スケールしそう感っていうんですかね、企業の成長フェーズにジョインできるのも魅力でした。

そして選考を進んでいく中で、戦略がしっかりしていることや、チーム作りに関われることなども色々自分にとってはプラスだなと感じました。最後は、情報システムグループディレクターの久本さんが書いた手書きの募集要項が面白くて、とても印象に残ったのもあります。


                      【2019年当時に手渡していた 久本さんの手書き資料】

--実際に星野リゾートに入社して、衝撃というか、おどろいたことはありますか

ミッション・ビジョンが明確なことと、あと企業文化や大切にすべき価値観が明文化されているのは今まで渡り歩いた会社にはなかったことですね。特に大切にすべき価値観などは、例えば「フラットな組織文化・組織人材」などは掲げるだけでなく、現場にきちんとオチてきているというか、プレイヤーそれぞれの行動指針にちゃんとなっているのがすごいなと思いました。

またフラットな組織文化ゆえに、自由というか、エンジニア一人に対してもかなり裁量が大きいのも衝撃でした。最初は、SIer会社の癖が抜けなかったのでよくチームリーダーの藤井さんに「何をしたらいいですか」みたいな質問をしていたのですが、藤井さんはほぼ決まって「自分で決めていいですよ。何なら現場にヒアリングにいきますか」っていうスタンスでした。戸惑いはもちろんありますが、なんとか進めて行く中で、こちらの方がやりがいがあるというか、前職より断然、「仕事が楽しい」っていうのを感じましたね。


--今はエンジニアとしてどういった業務に関わっていますか

バックオフィス部門の保守・開発がメインです。特に総務と経理です。星野リゾートは自分たちの企業文化・指針を具現化するために他にはない休暇システムがあったり、施設が多種多様がために、経理周りも複雑です。昔からそれをシステムで表現していたのですが、外部開発依存時代に作られたレガシーなプロダクトが頑張っている状況なのでやはり時代の変化に間に合わなくなってきていて、意外に人海戦術になっている部分もあったんですね。

そこでエンジニアリングがわかる自分が、現場のプレイヤーたちと打ち合わせを重ねながら「何がもっともバリューを出せるのか」というのを話し合って保守・開発をしています。


--現場の方とはどのように打ち合わせをされていますか

基本はGoogle Chatとオンライン会議です。コロナ前は月イチでバックオフィス部門が集積している軽井沢に行って、現場作業を見学しながら打ち合わせをすることもあります。



--現場とのやりとりで心に残ったエピソードはありますか

経理と進めた「預り金システム」は最初に関わったプロジェクトということもあって心に残っています。
預り金については詳しく話しませんが、”経理のいち処理”だと思ってください。そしてこの管理がとても大変。今まで良く人力でやっていたなと思うほどのものでした。もちろん経理部門の方々も問題だと当初から思っていて、システム化の要請があり私が入る前に大枠はできていました。

ただ実際に使ってみるとというか、要望を上げていたはずの経理のメンバーが意外に使わないんですよね笑。今までのやり方に慣れているからとか、そもそもシステムはちょっと、といった食わず嫌いなのとかあって100%活用されていませんでした。

「これはいけない」と思い、軽井沢のオフィスに足繁く通い、現地導入を促進しました。最初はとっつきにくそうにみんなしていましたが、利便性がわかるとすぐ浸透しましたね。そして浸透と同時に「これはできる?」「これなんとかしたいんだけど」って要望が溢れでてきて。簡単なものとかは目の前で直してコミットした結果を見せると「すごい!助かった!」ってめっちゃ喜ばれました。

システムってやっぱり使われてなんぼなんだと。そして使われる中ですぐDevOpsを回すことが価値を最大化するというのも感じました。転職当初想っていた「プロダクトを成長させたい」という願望が実り、あのときは「転職してよかった」と本当に思いましたね。


--ちょっと話それますが、星野リゾートで結婚式も挙げられたそうですね

挙げちゃいました 笑。 妻に「星野リゾートに転職することにした」みたいなことを言ったら、早速、軽井沢にあるホテルブレストンコートのリサーチしはじめたんですよね。それに選考時に、リーダーの藤井さんから「結婚式あげるならここどう?」って熱いダイレクトマーケティングも受けてましたし。結婚式の打ち合わせを重ねる中でこちらの要望をコーディネーターがドンドン取り入れてくれて、当日も最高でした。


--満足度高い挙式だったんですね。

少人数での結婚式希望だったので、親戚一同で和気あいあいと、楽しい時間を過ごすことが出来ました。


     【情報システムグループ・軽井沢オフィスのメンバーがサプライズでライスシャワーに参加】


--今後、星野リゾートでこういったエンジニアになりたいとか、そういった将来像はありますか?

第一条件としてはプロダクトを大事にできるエンジニアになりたいですね。テックリード的に自分はとがることに向いてはないけど、コードをしっかり書いて、プロダクト・会社に貢献できるエンジニアでありたいと思います。

P.S. 実は奥さまにも少しだけインタビューさせていただきました。奥さまは前職、大手通販アパレルのWebマーケターでしたが、なんと2021年に夫と同じ星野リゾートへ転職。現在はデジタルマーケティング部門でご活躍されています。

--旦那さんは転職されて変わりましたか?

めっちゃ楽しそうに仕事をしているのは感じています。ゆうた(辻さん)の前職最後3ヶ月は、銀行系の現場に出向になってしまって予想はしていたけど全然仕事内容が本人に合わなくて、つらそうにしていたのもありますが…。今は家の中でも、お互いに仕事の話をしてしまうぐらい、のめり込んでいますね笑。



\星野リゾートは「旅は魔法」を実装する中途エンジニアを募集しています!/

株式会社星野リゾート・マネジメント's job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more