1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

ハイウェル広報新加入!富岡じゃなくて豊岡だよ!


初めまして!
新たにハイウェル広報部の仲間入りをした豊岡(とよおか)です!

メールの返信の8割が「富岡様」で返ってくるので、
そろそろ「豊岡」でなく「富岡」と名乗った方が世の為かなと感じている今日この頃です。



少し、自己紹介をさせていただきます!

■氏名
豊岡 咲(とよおか さき)

■出身
愛媛県

■趣味
友人とお酒を飲む
時々ダイビング

■経歴

~出版社~
アイドル好きが高じて、出版社にて3年間アイドル雑誌の編集を担当。
推しが引退するということで、涙を流しながら推しの卒業本を作成。
その後、推しの卒業と共に退職。

~整形外科クリニック~
推しのいない世界に絶望し、数か月のニート期間を経て、貯金の底が見え始めた為に就職。
家から自転車で5分、毎日17:30の退社という理由で看護女子を始めるものの、ある島のことが忘れられずに思い切ってジョブチェンジ。

~某島専門の旅行代理店~
ニート期間中に長期滞在した世界遺産にも登録されている島に恋をし、その島専門の旅行代理店に就職。
仕事内容はとても楽しく充実していたが、会社での人間関係が上手くいかず、2年で退職。

~ハイウェル入社~

ハイウェル入社の経緯


 転職エージェントに登録し、カウンセリングを受け、あなたには"営業"という職業が向いていると言われました。この出来事で、初めて営業職を意識しながら転職活動を始めました。

何社か受けましたが、営業経験がないということでオファーを頂けないことが多々ありました。
また、実際に面接を受けた企業でも、面接官の方の話し方や、社内の雰囲気がいまいちで辞退することもありました。

 そんな中、運命のハイウェルでの面接は二回行われました。
一次面接はマネージャーと行い、いい意味でものすご~くゆるかったのを覚えています。
緊張をほぐしてくれるような話し方や会話内容で、とても親近感が湧きました。
仕事内容についても、良い面・悪い面ともに正直に伝えてくれて、とても信頼できる会社だなと感じました。

一次面接の時点で、
「ああああ、ここで働きたいーーーー!!」
そう思えるくらい魅力的で面白そうな会社だと感じました。
「でも、ダメかもな...」そんな気持ちがよぎる理由が一つありました。

実は、一次面接の面接依頼メールを頂いてから4日間もメールを見逃していたんです。
気が付いた段階ですぐに電話で謝罪して、面談を受けた。そんな経緯があったからです。
就活生のレス忘れは致命的だと思い込んで、ひどく落ち込んでいました。

しかし、一次面接を終えたその場で二次面接の日取りが決まり、翌週には社長と面接。
二次面接を終えたその日には採用の連絡が来ました。

奇跡のゴール!
喜びのカズダンスを踊りました!

ハイウェルに入社してから


 さてさて、そんなこんなでハイウェルに入社した私ですが、
一次面接を担当してくださったマネージャーの配下で営業人生をスタートさせました。

入社してから2か月間は覚えることが多く、帰宅してからも勉強の毎日でした。
当時の私は「鬼か。」と思ってしまうほど、マネージャーに恐怖を憶えていて、怖くて質問も出来ない状態でした。

今にして思えば、マネージャーの言うことが全て正しいと思えますが、
当時の未熟な私は、それが理解できずとても苦しい時期を過ごしていました。

しかし、鬼マネージャー以外の社員の優しさが国宝級でして...
なんて言えばいいのでしょうか、優しいの権化?

優しいの発祥の人?

え?もう優しさで前が見えません。

そんな優しい皆さんが支えてくれたからこそ、私は頑張れました。

 鬼マネージャーなんて言ってしまいましたが、
今でこそ、ここぞという時に金言を授けてくださったり、
道を作ってくださりと、とっても頼れるお兄ちゃんのように感じています。
当時未熟な私は、色々とご迷惑をおかけしたなあ...と、今では申し訳なく思っています(笑)

 兎にも角にも、私はそんなハイウェルが大好きなんです!
入社前の印象通りとても社内の雰囲気も人間関係も良く、

飲み会で酔っ払うたびにハイウェル愛を語ってしまいます。

広報に入るきっかけ


 そんなこんなでハイウェル大好き大好き!と酔っ払う度に毎回騒いでいる私でしたが、
先日の飲み会で広報部員に囲まれました。

広報部一同「豊岡さん、広報入るよね?」

豊岡「入りまーす!」

二つ返事の翌日には、私のカレンダーに既に広報ミーティングのお誘いが来ていました。
ハイウェルの広報は仕事が早いんです...。
あー、そういえば昨日の飲み会で入るって言ってたなあ...。

そんなことがあり、よくわからないまま広報に入隊??していました。

広報として私に何が出来るのかはまだわかりませんが、
大好きなハイウェルのことを皆さんに伝えられるように頑張っていきたいと思います!


株式会社ハイウェル's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more