1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

何も食えなくて...夏



 こんにちは。インターン生の高木です。

最近なんだか二日酔いと夏バテがひどいです。

ただでさえ夏バテのせいで食欲が湧かないのに、ひどい二日酔いのせいで更に食事が喉を通りません。

そう、そんな時はそうめんがピッタリなんです。


ということで、先日社内で流しそうめんイベントをやってきました。



~流しそうめんイベント実施の経緯~


きっかけはそう、広報会議で社長が何気なく放った一言でした。


「そうめんいっぱい頂いたから、オフィスで流しそうめんしようよ。」

イヤイヤ、待て待て。と。

オフィス内には竹を並べるスペースもなければ、流す用の水を引っ張ってくることも難しいぞ。と。

間違いなくオフィスが水浸しになるのでなかなか実施は難しいのではないのか。と。

なんとか流しそうめんを社内で出来る方法はないのかと、会議は30分にも及び、結果我々はある一つの動画を発見してしまったのです。


「そうめんスライダー」なるものを、イケメンのお兄さんとかわいらしい女の子二人が楽しそうにやっている動画です。

これには会議中の広報一同もにんまり。


さっそく「そうめんスライダー」なるものを購入しました。そしてすぐに届きました。




「そうめんスライダーExtraJumboNEO」


NEO感漂うそうめんスライダーを早速組み立てます。



流しそうめん用の竹を用意するより圧倒的に手間が少なく、準備も非常に楽です。



完成です。

流れる水は循環してくれるので、そうめんを流すだけですね。


~実食~




曲線がトリッキーなもので、意外とそうめんを捕まえられません。





結局下流の直線でそうめんを捕まえるって、流しそうめんあるあるですよね。





結局最後の受け皿にそうめんが溜まってしまって、そこからそうめんを食べるのも、流しそうめんあるあるですよね。





Slackで軽く告知した程度でしたが、ぞろぞろと人が集まってきました。


やっぱり皆さんそうめんが好きなんですね。




このそうめんスライダー、楽しいかもしれない...


竹と違って風流さの欠片もないのが逆にいいです。


思いの外楽しかったので、早速ですが次週、再びの流しそうめん会の開催が決定しました。

株式会社ハイウェル's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more