1
/
5

―医療職からWEBマーケターへ― 思い続けてきた“好き”を仕事にしている自分がそこにいました。

今回は、ヒトイキでWEBマーケティング職として働く工藤皓平さんにインタビューしました!WEBサイトの運用をきっかけにWEBマーケティングに魅了され、未経験で入社された工藤さんが感じることをありのままに語っていただきました!

―まず初めに、現在の業務内容について教えてください。

人材紹介事業の一メンバーとして、広告運用を主軸としたWEBマーケティング業務を担当しています。ヘルスケア事業に携わる国家資格保有者の中から、転職意欲のある顕在層の方々を集客するのが主な役割です。

運用型広告をメインに扱っていますが、自分で一からクリエイティブ製作をしたり、新たな施策を考えて社外のエンジニア・デザイナーの方々と連携をとったり、色々と幅広く携わらせていただいています。

「いつの間にか意識していた、WEBマーケティングを仕事にすること」

―未経験から入社されたとのことですが、以前はどのようなお仕事をされていたのでしょうか?

前職は、理学療法士として働いていました。病院に勤務していたので、入院患者様を対象に日常生活動作の改善や生活の質の向上を図り、退院・社会復帰に向けた支援に努めていました。

患者様と直接かかわる時間が最も長いと言われる医療職でもあるので、いま思い返すと、回復過程をすぐそばで体感できることや感謝の言葉を掛けていただける機会が多いことに”やりがい”や”喜び”を感じて働いていたように思います。

―そこからWEBマーケティングを仕事にしようと思ったのはなぜですか?

大げさに言うと、自分で発信したコンテンツや情報が世界の誰かの元へ届き、その人たちに何かしらの影響を与えているっていう事実に魅了されたからです。

医療職として学びが多い環境にいたので、それをアウトプットする機会を増やしたかったのと、単純に副業としてWEBサイトの運用をしていました。

そこからどんどんWEBマーケティングの世界にハマっていって、独学で勉強を始めたり、広告を回して集客しているうちに、WEBマーケティングを本業にしたいという思いが強くなっていきましたね。




「自由と責任があるからこそ、急成長できると感じた」

―そこからヒトイキに出会いました。最終的に入社しようと思った決め手は何でしたか?

パッと思いつくもので2つあるので決め手とは言えないかもしれないですが、面接で人柄を見てもらえているように感じたこと、未経験からでも急成長できる環境だと思えたこと。この2つが決め手ですね。

ヒトイキの面接では、問いかけに対して綺麗な返しができた!という場面は正直それほどありませんでした。よくあるテンプレ的な質問よりも、自分がどんな人間かを表現するための問いが多かったので、自分の奥底にある思いや考えを必死に絞り出して返答していた記憶があります。

ですが、だからこそ経歴やスキルよりも、自分という人間をしっかり評価してもらえているような気がしましたね。

またヒトイキは裁量が大きく、型が決まった受動的な働き方ではなく能動的な働き方が求められることを知って、自分にはそれがマッチしているなと感じました。

自由度が高い分、責任も大きいので、未経験からその環境で働けることはチャンスだなと。それが急成長できると思えた理由です。

―未経験から入社して、特に大変に感じることは何ですか?

とにかく頭を使うことですね。自分が取り組んでいる施策の過去現在未来全てを考えなければいけないので、頭がパンクしそうになることが多々あります。

考えることに時間をかけすぎると先に進まず時間だけが過ぎていってしまうので、時間の管理も大変です。

時間をかけた施策よりもシンプルにやってみた施策の方がうまくいくときもたくさんあって、そこがWEBマーケティングの面白いところでもあると思っているので、大変だけど楽しくもありますね。

前職では、どちらかというと身体的にきつい業務の方が多く1日のスケジュールもある程度決まっていたので、より大変に感じるのかもしれません。

―逆にヒトイキに入社して良かったと思えるところを教えてください!

成果や数字にコミットして働いている従業員が多く、自分もその中に入って働けているところです。

自分の性格的に反骨精神を持てる環境のほうが成長できている実感が湧きやすいので、社内全体がお互いを高め合える、意識し合える環境になっているところは、入社して良かったと思える点です。

また面接で感じた自由度が高いという点も、ギャップがなく良いなと思えるところです。

もともと広告代理店ではなく事業会社のマーケターになりたかったので、色々な媒体を扱うことができたりWEBマーケティング以外の業務にも挑戦できるシステムがあるところは、本当に自由度が高く入社して良かったと思っています。




「”自分にしかできること”を増やしていく」

―では、今後のヒトイキでの目標について聞かせてください!

私にしかできない仕事領域を持つことです。「これを相談するなら工藤」「これを任せられるのは工藤」といったような、自分を第一想起してもらえるスキルを身に付けることが目標です。

マーケティングに関して言うと、自分がいなくても問題なく運用が回る体制というのが理想です。

ですが業界業種にとらわれず、会社に依存しないで生きていける力や余裕を持つことをキャリア目標として掲げているので、そこはぶれずにやっていきたいです。

ヒトイキで自分だけのスキルを身に付ける、身に付けたらまた新しいスキルを身に付ける。そうすることで数値目標の達成に行き詰まってしまったときや、ヒトイキで新しい事業に携わったりポジションを築き上げていくときにも、自然と自分のプラス材料になるのではないかと思っています。

―では最後に、工藤さんが今後一緒に働きたいと思うメンバーについて教えてください!

個では達成できない大きなことを達成できるのが企業で働く醍醐味だと思っているので、組織・チームとして大きなことをやり遂げたいという意欲がある方と一緒に働きたいですね。

プラスで競争環境が好きだったり自律性がある方はヒトイキで活躍できるポテンシャルを秘めていると思うので、ぜひエントリーしてヒトイキの魅力についてもっと知ってもらいたいです!

株式会社ヒトイキ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more