Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

Facebook創業者 マーク・ザッカーバーグ氏も説いた「コミュニティ」の重要性とは。


今回はマーク・ザッカーバーグ氏が、今年卒業したハーバード大学の学生に向けた講演から、

コミュニティについてお話させていただこうと思います。


そもそも皆さんはザッカーバーグ氏の事をどのくらい知っていますか?彼は社会貢献に関係のない決断はなるべくしないようにしているという理由から同じシャツを20枚持っているそうです。


(20分の1のシャツ)


そして、ザッカーバーグ氏の奥様は中国人のプリシラ・チャン氏。ネットではお笑い芸人の、

いとうあさこさんに似ていると囁かれているそうです。気になった方は調べてみてください・・





ということで、本題に入りますと、彼はこの講演のテーマである

「誰もが目的意識を持っている世界を創りだす」ということに対して、

それを達成する方法を、3つ提唱しています。

その中の一つに、


「コミュニティを作ること」


が挙げられていました。



彼がここで「コミュニティ」の重要性を謳うことには訳があります。


なぜなら、Facebookは一人で作り上げたものではないから。




しかし、ザッカーバーグ氏とFacebookの初期経営陣は当初から「目的」がずれていました。


Facebookの運営をしているある時、大手企業から買収の申し入れがありましたが、ザッカーバーグ氏は「もっとたくさんの人をつなげたい」という目的から、それを断りました。しかし他のメンバーはほとんどが売却したいと思っていました。高い目的意識がなかったため、スタートアップとしての夢は企業からの買収にあったのです。

結局意見の分裂により、そこから一年間でほとんどの経営陣は去っていってしまったそうです。


目的一つの食い違いにより、このような悲劇が起きてしまいます。


しかし、「コミュニティ」は確かに一人では成し得ない成果を生み出せる点において非常に強力で、

実際にFacebookは現在ユーザーが20億人を超えるまでに成長しました。




つまり、ザッカーバーグ氏はここで、目的意識が最も活きる「コミュニティ」の必要性と強さを訴えています。




特にこれからの時代は企業の在り方も変わり、人々は社内に留まらず

プロジェクトや目的によってコミュニティを形成するようになります。


それこそFacebookという世界的コンテンツを活かして、今よりも目的意識が強く、

グローバル的なオンラインコミュニティも形成されるでしょう。


そんな時代だからこそ、ザッカーバーグ氏はこれから社会に羽ばたくハーバードの卒業生に向けて、

「コミュニティ」の重要性について説いたのだと思います。



そんな中で、私たちアットオフィスも「コミュニティ」の重要性に着目し、ビジネス空間として機能を高めたコミュニティカフェ

CAFE-INSQUAREを運営しています。



CAFE-INSQUAREは、老朽化したオフィスをリノベーションし、今後重要視されるコミュニティに向けて、継続的な活動の場を提供しようと作られました。


ちなみにCAFE-INSQUAREがどこにあるのかというと、池袋駅前、ビル6階、会議室横という異質な場所で、

現在はビジネスマンの交流の場であったり、学生イベントの場となったりしています。


今回、このカフェをより活かしたいという考えから!


1dayインターンシップ


GACHIZEIを開催します!



コンテンツとしては、コミュニティが必須になって行く将来に向けて、コミュニティカフェ

CAFE-INSQUAREの新たなビジネスモデルを作っていただきます。


すでに多くの方にエントリーしていただいていて、募集枠も残り少なくなってきました。


・何かに夢中になっている方

・コミュニティを活かした経営に興味がある方

・不動産業界やカフェの経営に興味がある方

・ガチ勢と繋がりたい方


ぜひ参加してください!皆様のエントリーお待ちしています。


2019卒以降の学生
≪新感覚ビジネスプログラム≫1DAY Summer Internship
■社会貢献型不動産事業 今後労働人口の減少によって多くの変化が起こっていきます。働き方が変わり、働く場所が変わり、働く人が変わる。それに伴って、今までのオフィスビルも変わっていくことになります。老朽化した空室オフィスの転用による収益化によって不動産オーナーの問題を解決に導きます。そして利用する企業の働き方、働く場所をコンサルティングし、さらには“上場を目指すスタートアップベンチャー同士のツナガリを創出”“起業家の育成”などをテーマに、【社会との融和・共助・還元】をコアバリューに置いて社会へ貢献します。 ●貸し会議室アットビジネスセンター  東京駅、池袋駅、渋谷駅前 などで貸し会議室を運営しております。  http://abc-kaigishitsu.com/ ●シェア会議室  企業の使われていない会議室のシェアリングサービスを行っています。  http://abc-kaigishitsu.com/aoyama/ ●レンタルオフィスインスクエア  40代以上をターゲットにした業界唯一のインキュベーション型レンタルオフィスを運営しています。  http://www.in-sq.com/ikebukuro/ ●カフェインスクエア  ビジネス空間としての機能を高めたコミュニティカフェを運営しています。  http://abc-kaigishitsu.com/ikebukuro/cafe.html ●アットパーキング  業界トップクラスの情報量を誇る月極駐車場の検索サイトを運営しています。  http://www.at-parking.jp/ ●オフィス仲介事業  オフィスの移転をサポートしています。  http://www.at-office.jp/ ●空室対策 ビルの総合管理  http://www.ao-pm.jp/   ■第二創業宣言!(re-gain Venture Spirit) 創業から15周年を迎え、様々な社会情勢の向かい風に立ち向かいながら乗り越えてきた基盤の上に、次の10年を掛けて総仕上げを行います。改めてベンチャースピリットを持ち、スピードと挑戦を続けていきます。 ■“信頼・自信・自己実現” 従業員の「働く価値観」は、家族や仲間、そしてお客様から信頼を得て、それを自信にし、自己実現をしていくということ。そのために日々成長を欲し、挑戦し続けていきます。 ■オトナコミュニケーション 創業から15年が経過しますので、【体育会系】【イケイケ】とは少し違います。当社は「オトナベンチャー」を自負していますので、メリハリをしっかりしながら、遊ぶ時は思いっきり遊び、学ぶ時は思いっきり学びます。スポーツ大会や社員旅行での盛り上がりは天井知らずですが、自然と他部署同士でのコミュニケーションによって「新しい発想をしよう」と誰もがしている姿は、やはりオトナ。 ■働きやすさを自社発信で 実はオトナベンチャーの由縁がまだあります。幹部や30代のメンバーはほとんどが結婚をしていて子供がいます。さらに家を買っていたり。それだけ安定をしているということでしょうか。また、共働きの男性社員達も、朝は保育園に送ったり、子供が熱を出したら早退して迎えに行ったりが当たり前。そういうことが許容される風土がいいですね。役員も大学院に通うなど、仕事もプライベートも一生懸命やるのが当社のルールです。
株式会社アットオフィス
株式会社アットオフィス's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings